2006/10/31

仲間がんばる。

えー、12月公演「偽伝、樋口一葉」台本まだあがってませんスイマセン。どうやら、藤原竜也くん情報では野田さんは「ロープ」書きあがったようです。大御所のほうが早くてどうする、ってそういうもんでもないでしょうが。

とりあえず、お前が一番がんばれよ的なことになってます。
がんばります。

で、皆もがんばってます。

いわずと知れた満島ひかりチャン
「紅の紋章」すげぇことになってますのでこれ、要チェックです。

あと、テレビ朝日「だめんずうぉ~か~」第5話には
広澤葵斉藤新平森陽太が出演です。
「だめんずうぉ~か~」は結構ぼくん中では面白く
ていうか樋口一葉がだめんずうぉ~か~のような気もしているので
なかなかタイムリーなあれなわけです。
麻生監督、じきじきに出演依頼いただきありがとうございます。

それから、映画『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』
あのリリーフランキーさん原作の奴ですね。
監督が松岡錠司さんで、脚本がなんと松尾スズキさん!
主演がオダギリジョーさん、松たか子さん。
これにですね、チョイチョイ役ですが、
うちの藤澤よしはる安川祐香斉藤新平が出演しています。
安川祐香は東京タワーのエレベーターガールです。
たぶん映画のラストシーンでお目見えすると思います。
斉藤新平はオダジョーの熱烈信奉者なので
間近で見ることの出来たオダジョーの気合一発ラストシーンに
感動すること仕切りでした。
ちなみにその日は斉藤新平の二十歳の誕生日だったんだけど
なかなか無い思い出深い二十歳初めにふさわしい誕生日になったようです。

それからこれ。
上映情報。
ついに決定。
映画『ラブレター 蒼恋歌』が11/25、渋谷シアターNでレイトショー公開決定です。
脚本は僕、松枝佳紀と師匠の龍一朗氏の競作です。
出演に、「あずみ2」「ホーリーランド」と金子監督とも縁のある石垣佑磨くん、そして初々しく可愛らしい本仮屋ユイカちゃん。
これにも仲間が出演していまして
まず石垣佑磨くんが通うライブハウスのセクシーで生意気なアルバイト店員に広澤葵
それから石垣佑磨くんの友人のラーメン屋店員に渡来敏之くん。
彼は金子監督と「ホーリーランド」「ウルトラマンマックス」「デスノート」と続けて仕事をしており、今回、「ラブレター 蒼恋歌」では、僕が是非に出演させたいとプロデューサーにお願いして出演となりました。というか、ほとんど同時に、石垣佑磨くんから渡来くんに個人的に出演依頼が行っていたようです。石垣佑磨くんと渡来くんは「ホーリーランド」以来の飲み仲間なんだよね。渡来くんはホント面白いキャラで、12月舞台「偽伝、樋口一葉」にも毒々しい花をそえてくれています。キャラだけではなく、その根の繊細さがまた深い演技につながっている。それをみていただければなと。
それから、「ラブレター 蒼恋歌」には、石垣佑磨くんの配管工の仲間で、うちの新津勇樹藤澤よしはる石橋拓也萩尾和万斉藤新平竹馬靖具らが出演。
この映画については、さらにびっくりビックな情報を提供できるかもしれません。
ちゃんと決まってからご報告します。

それからオオトリ。
「デスノート the Last name」
には、前篇に引き続き、うちの輝けるヒロイン、広澤葵と、それからいつもお世話になってます庭劇団ペニノの野平久志さんが出演です。最近、野平さんはペニノでは制作に専念しているので、役者としての野平さんが見られるのはいまやたぶんこの時期、デスノートだけですwww
それから藤原竜也くん演じる夜神月の妹、粧裕役は満島ひかりチャンなんだけど、後編はこれアナタすげー活躍するアルよ。楽しみにしていてください。そして渡来くんは前篇に引き続きリュークの動きを担当。モーションキャプチャーで渡来君の動きをコンピュータに取り入れ再現した動きがリュークさまの動きだという話。これもマニアックな楽しみだね。

ほんと仲間ががんばってるのはうれしいことだ。
続々と出演作品あるので、お見逃し無いように!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005/06/18

涙の理由

ホーリーランド第11話皆が涙を流した。
ユウとマサキの友情だけど
これについてちょっと考えた。

というのも
れいさんがこのことについて
男女の友情感の違いについてblogに書いていたからだ。

ユウとマサキが涙したように
どうして男は「お互い本気で殴りあった」という
つまり「痛み」というマイナスのシグナルをもって
涙を流すほどに友情を感じるのだろうか?

それは「ウソ」じゃないからだと思う。

言葉や態度の優しさというようなものは「ウソ」である可能性がある。
だからそんなもの男は信じないのである。
存在としてガツンと目の前に立ちはだかる
それに男は本気を感じ
自分などと言うちっぽけな存在に
本気で相手をしてくれるその敵のことを愛すのじゃないのか?

女はそうでない傾向がある。

れいさんは

「友人がいてよかったなぁ」と思うのは、苦しんでいる時に見守ってくれたり、アドバイスをしてくれたりとか、心の温かみを感じる時です。
と言っていて、僕の主観だが、
女の子は基本こう考えていると思うけど

僕なんかは優しい言葉やアドバイスは
もう本気なふりをすればするほど
口だけやろ、てめー、などと思ってしまう性質だ。
育ちが悪いといわれればそれまでだが。

良く女の子が悩みを打ち明けて
それに対して真剣にアドバイスしている男が居て
もう僕なんかはそんな光景を見ただけで
男はいつの時代もやりたいだけなんじゃなぁと思うが
相談受けている女の子は
真剣にそのアドバイスをありがたがったりしているのが
いっつも不思議なわけです。

で、本当の友情は
そんな甘えたアドバイスをすることじゃない
と思って、
かなりきびしめのことを言うと
思いっきり嫌われたりする。

おい、まて、
お前のことを真剣に考えてるのは俺なんじゃ!!
と魂の叫び。別にいいけどさ。

つまり結論。

男は本気かどうかを重要視するが
女は甘い言葉を重要視する。

僕なんか男だから思うのは
そんな甘い言葉の応酬に友情なんぞ在りはしないのさってこと。

ああ、撤回。
これって男女関係無いんだよね。
統計的にはこの通りでいいと思うけど
原理的には関係ない。
女同士や男と女の友情でも
結局は本気かどうかって事なんじゃないかと思う。

で本気かどうかをはかるのは
言葉じゃなくて行動だって事。
だから三島はハラキリをしたんだってこと。
これは性差に関係なく理解できることじゃないのかな。
だから、ユウとマサキのガチンコ勝負にあこがれるのは男だけじゃない。

などと書くと
こんどから俺が優しいアドバイスをすると
「やりたいだけなんでしょ」と揚げ足を取る奴が現れるほうとはらたいらに三万点。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

佐藤太監督「ホーリーランド」第12話

最終話一歩前である。
前話がかなり盛り上がったので
とんでもない高いジャンプを期待されてスタート。

僕が徹夜続きであるせいか
物語に入りきれないで焦っていると

最終キャラ・・・宮田大三くん登場。

実は宮田君とは数回会っている。
宮田君の弟君の息子さん4歳ぐらいを
実は「真説タイガーマスク」で使ったからだ。

ちょうど子役を探していたときに
宮田大三君と仲のいい某U嬢が僕に
宮田君の甥にかわいい子供が居ることをおしえてくれた。
で、宮田君に写真をもらい即決。

しかし現場では大変だった。
宮田君と同じ凶暴な血が通っているのだろう
この甥っ子くんがカワイイ顔して超やんちゃ。
大騒ぎをする。
かなり撮影どころじゃない騒ぎだった。
でもご両親と某U嬢のアヤシが功を奏し
なんとか撮影はできたのだが。

宮田大三くん自体も
那須さんに使ってもらおうと思って僕が面接をセッティングした。
ちょうどその時
宮田君はホーリーランドの撮影最中だったような記憶。

で、ホーリーランドに話を戻すと
神代ユウにはいままでにない穏やかな日々が訪れる。

しかし、対照的に伊沢マサキは修羅場の中。
ある意味、マサキのこの事態はユウをかばったが故に
生じてしまった事態で、ユウの能天気な笑顔は
たしかに良かったねとは思うけど
お前、まだ終わっちゃ居ないんだぜと言いたくなる。

最終話に向けてのお膳立てが整い
そして息抜きも終わり・・・・

待つばかりの最終話。

いつの間にか闘いの中に高揚する自分を見つけるユウと僕。
大いにじらされた回であった。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2005/06/13

佐藤太監督「ホーリーランド」第11話

れいさんも書いてますけど、ほんと殺陣かっちょよかった。
てかホーリーランド全般に殺陣すごいよね。
リアリティある。

で、ドラマなんですが
ちょっと告白。

おいら、泣きました。。。。

うきゃー。まじで。

でもどこで泣いたか忘れたのですが、ってオイ!

いや、たぶん、マサキがユウに「楽しかったな」というところだと思われます。

男同士いいな、楽しかったんだよね、
うん、力を出し切って戦えるって信頼。愛だなぁ。
マサキとユウみたいな関係が
僕と那須さんの間には確実にありました。
あ、ちょっと違うな、
僕はまだ那須さんと闘えるようなレベルには達してなかった。
でもまぁそいうこと。

ラストのシンちゃんとユウもよかったなぁ。

ホーリーランド最高です。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005/06/04

西山太郎監督「ホーリーランド」第9、10話

今日の第10話放映寸前に
野木太郎くんから借りていたビデオで第9話をみて
たてつづけに第10話を放映で見た。

第9話は視聴率が良かったのもうなづける。
チャンネルを変える隙が無い。
間もテンポもいいしカメラワークも臨場感を伝える。

ストーリー的には
魔王と化した神代ユウが大ボス加藤を倒すのがメイン。
いや、ストーリーと言うよりも
映像でサスペンスを作る。
とても素敵なものを見せられました。
男的には見ているこっちも拳に力が入ったと言うか。

そして今日、第10話は
大ボスを倒したはずなのに暴走が止まらないユウです。

まさに魔王。

今までは主人公であるユウによりそう視点だったのが
あまりにユウが常軌を逸してしまったので
ほぼ主人公不在の展開。
普通の時間帯の連ドラではありえないような展開。
本当のドラマを見せてもらっていると言う感じ。

そしてスターウォーズの
オビワンとダースベイダーの師弟対決を髣髴とさせる井沢マサキとの対決。

このあとどういう展開が待っているのでしょうか?
ちょっと読めません。
もちろん、ユウがこのままのわけは無く、
何かをつかんでより上の階梯に進むのだろうと思うのですが
そこに何があるのかは全く検討がつきません。

ヤクザも出てきたし・・・。

ドラマとして再びキュッと絞まってきた。
そんな感じを受けます。
来週が楽しみです。

ちなみに一箇所だけ残念な点をあげると
加藤を最後ぶちのめすシーン
ちゃんとオンで見せて欲しかった・・・。
もっと加藤を血みどろにして欲しかった。
むろん、テレビで無理なのはわかってますが(笑)。

ギャスパーノエ監督「アレックス」での復讐シーンのように。

そう思ってしまう僕は結構野蛮なのかな。
時々怒りとかでブアッってまじ毛が逆立つときがあるんだけど。
スーパーサイヤ人のように。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/05/17

村上秀晃監督「ホーリーランド」第7話

ユウこそが一番凶暴凶悪な存在・・・魔王なのかもしれない。 それは永井豪先生の「凄ノ王」のような構造。
前回書いた。

そして今回、さっそく物語は「凄ノ王」的な事態になる。

シンちゃんがぼこられ重症になるという事態だ。
「凄ノ王」では、主人公の彼女が、主人公の目の前でレイプされる。
これが主人公の魔王としての超能力を発動させるきっかけとなる。
親友と彼女という違いはあれ、親しきものがやられぶちきれ
パワーを発揮するというのは、定番だろう。
マッドマックスやジャッキーチェン。

つまり、ユウにとって暴力の意味が変容する。

いままでは、存在意義みたいなものである。
昔はいじめられっ子だったし、いまでもいじめられっ子体質だけど
でもこんぐらいには強くなったから(ていうかすげー強いのだが)
「ここ」にいてもいいよね。
そのパスポートとしての暴力。

暴力は、すでにいる住人たちに
遠慮がちな視線を向けつつ提示する
「ここ」にいるための切符に過ぎなかった。

しかし、こっからは違う。
街の住人たちに対する逆切れだ。
「よくも俺の親友をやってくれたな」という。
そのために使われるのが暴力となるのだろう。
復讐がテーマになるのか?
それはわからない。

米国がテロの犠牲者なのか
それとも米国自体がテロ国家なのか
という議論と同じようなことになるのかもしれない。

つまりユウは正当な復讐者なのか
それともヤリスギ君なのか。

どうなっていくのだろう?

やはり、今後も「ホーリーランド」は要注目な番組なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/05/07

金子修介監督「ホーリーランド」第5、6話

「街は僕に何をさせるつもりだろう」

神代ユウは言います。

これまでも街に居てもいいかどうかを
彼は問題にしていたので、うすうす、
それを許可する主体は誰なのか?
ということが気になっていました。

神だとか倫理体系だとか
大衆だとか

そうではなくて「街」なのです。
ユウを許す主体は。

しかも
ユウの口から
「ここに居てもいいような気がする」
というような発言さえあって
この第5、6話で物語は次の局面に移行します。
具体的な「居かた」
「どのようにして街にいるか」
みたいなことが問題になってくるんじゃないでしょうか。
たんに「居ていいかどうか」
ということよりも問題は深くなってきています。

それにともなって
ユウがヒヨワだけの存在じゃなくなっているような気がします。
演出なのか何なのかわからないけど
ユウが開き直っているというか
貫禄というようなものさえあるように見えます。

よってたかって不良たちがユウを狙うのは
ユウ=街の王
であることを薄々、不良どもが気付いているからなのかもしれません。

ユウこそが一番凶暴凶悪な存在・・・魔王なのかもしれない。
それは永井豪先生の「凄ノ王」のような構造。

魔王となるか善王となるか。
それがユウがこれから決めるべき「居かた」なのかもしれません。

そしてユウの「居かた」を左右する仲間が徐々に集まりつつあります。
5話でぶったおした柔道ヤロウも「いいひと」だし
6話で倒れた空手ヤロウはユウと手を組もうとする。
伊沢マサキもベストアドバイザーとしている。
そして、ちょっと卑怯だけど憎めないシンちゃん。

ふと思ったんですが
ユウたちの仲間は皆、シンちゃん以外は
ピンで名の売れているやつらばかり
つまりチンピラどもは名前がないが
ユウたちは名前がある。
名無しV.S.名有り
の闘いなのか?
何かありそうだがまだ判らない。
これは今後の楽しみ。

ちなみに
女の子が絡まないところが
金子監督っぽくないですが(勝手なイメージですが笑)
繊細なタッチで描かれるヤロウどもの関係性が
那須監督とはまた違って面白いです。

「街がなにをさせようとしているのか」

これが次回からの物語の焦点になるでしょう。

ちなみに金子監督のblogにあるように
第6回は、実に「痛い」回でした。
すぐに他人の痛みにシンクロする僕は
左ひじがグキリと痛くなりました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/04/23

山口晃二監督「ホーリーランド」第4話

なんか深夜に生きてるね。
更新時間とかおかしいでしょ。

で、ホーリーランドっすよ。

連ドラ的に言うと
わかんないけど
つかみは1,2,3話でOK
これからはどう深めていくか
・・・つまり見始めた視聴層を離さないか
というのがひとつ作り手的なポイントになるんだろうなと。

ということでいうと、
いくつかの線が見えてくる。

神代ユウと路上のカリスマ・伊沢マサキの関係

同じくユウと伊沢の妹マイとの関係

同じくユウと友人金田シンイチとの関係

同じくユウと憎まれ役ヨシイとの関係

そして何より、
ユウが「ここにいていいんだ」と本当に思えるときは来るのかどうか。
あるいは違う結論があるのか。

ボケと突っ込みという役割で言うと
ユウはボケで突込みが金田シンイチ。
不良との闘いになるのは目に見えているのに
どうしてユウが町に繰り出すのか?
その疑問を・・・それは見ている人の疑問でもあり
それを代弁しているのが金田くん。
今日の回では答えは出ません。

この答えを出さないというのはずるいね。
この床上手!みたいな。
来週も見ざるを得ない。
うー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/17

山口晃二監督「ホーリーランド」第3話

これまでの1,2話は金子修介監督が自ら演出されていましたが、今回は、初監督の山口晃二さんが演出されています。

ホーリーランド」総監督の金子さんのブログ

スタッフでは、カメラマンが1.2話の高間賢治さんから、大沢佳子さんに替わっている。 大沢さんは、ステディカムの名手で、夜のシモキタを疾走するカメラワークが見事。

とありますが、まさに!!という感じの回でした。

金子さんの回との違いはカメラワークのほかに
じらす戦法がすごいなと。
ドンドンと追い詰められていくユウのシーンなんか
手に汗握るというか、さっさとやっちまえよ!と言いたくなるというか。
で、ガツンとやって、やったぁ!と思ったところ・・・
いやなんかめっちゃくちゃ引っ張られます。
金子さんのブログにも中継ぎはベテランがみたいなことが書かれていますが
初監督とは思えないこのジラシ戦法。
簡単にはえさくれません。

テレビドラマをそんなに見ない僕的にはめづらしいことですが
来週が楽しみです。待てないって感じ。
やっぱ30分て短い。
短いだけにイイ!
神代ユウが何をつかみ
そして僕が何をつかめるのか?
今後に期待がめっちゃ高まります。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005/04/10

金子修介監督「ホーリーランド」第2話

またしても深夜オンエア見ました。
ホーリーランド第2話「優しい夜」
第1話ほど激しくはないけど
ありました。ぞぞっとする場面。

「おまえがヤンキー狩りか」
チンピラに右肩をつかまれる神代ユウ。
左ジャブ「1」、
右ストレート「2」
の「1、2パンチ」が繰り出せない。
「1」はあたるけど「2」が出せない。

弱っちく見えるはずの神代ユウ。
しかしその肩をつかんだチンピラは察知する。
自分の身の危険を察知する。
とっさにつかんだこの手を離せば
「1、2」とやられる・・・。
「この手を離したらヤバイんだ」

しかし、
「2」は当たらないが
「1」左ジャブはしっかりとヒットする。
それを知るユウ。
「1、1、1、1・・・・」
リズミカルに顔面にヒットするジャブ。
次第に顔が変形し血だらけとなるチンピラ。
手を離した瞬間・・・右ストレートが・・・・
ぞぞっとしました。

しかし、その後は何も起こらぬ穏やかな世界。
やさしい同級生と出会い、
なかよく女の子たちとデート。
下北沢の夜に受け入れられていくような気がする神代ユウ。
はじめて見せる笑顔。
だが・・・
視聴者はびくびくする。
この平穏がいっときのものでしかないことを知っている。
 ・・・・・・柔道家の前では
     ボクサーは苦しい戦いをせざるを得ないという情報もあり
目の前で繰り広げられる楽しげなデートに笑いながらも
どこかビクビクしている。何かが起こる・・・
この街に受け入れられたいのに
受け入れられないことを知っている神代ユウ。
同じだ。
気付けば、ぼくらも同じだ。
神代ユウと同じだ。
同じ不安を持ちながら
楽しげな時間をすごしている。
でも不安。
「優しい夜」のなんと不安なことか。

そして僕らはつなぐ。
この不安を。
次週オンエアまで。
ずるい。ひっぱりすぎ。

くそぉ!次週も絶対見るぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧