2011/03/22

セ・リーグ開幕擁護論~芸能・エンタメ全般の覚悟~

開幕時期や節電などへの対応の仕方で、セ・リーグがメッチャ叩かれている。

セ・リーグを擁護するやつは100%いない状態だ。

そんななかで、あえて僕は反対の意見を言う。

あいまいな言い方だが「かならずしも」セ・リーグの判断が間違ってるとは言えないぜ。

みんな冷静になって欲しい。

自粛があくまで是とされるのは

自粛によって失われる「機会費用」が、自粛によって得られる「便益」を越えない場合だ。

では、自粛によって失われる「機会費用」とはなんだろうか。

野球の場合で言えば、「セ・リーグの開幕が人々にあたえる楽しみや勇気や希望」がそれだろう。

で、得られる「便益」とは、「節電等の手段によって確保された資源やエネルギー」であり、これをもう少しわかりやすく印象的に言うと「セ・リーグを開幕させたら停電などによって被害を受けるはずだった人が、受けないで済んだ被害額」ということになるだろうか。

で、自粛が「是」とされるのは

「セ・リーグの開幕が人々にあたえる楽しみや勇気や希望」<「セ・リーグの開幕によって受ける被害額」

となるような場合だけだ。

と、考えると、

これ、必ずしも、自粛が是であるのが自明ではないだろう。

なにより、セ・リーグを開幕させたらどれほどの停電被害が起きるのかさっぱりわからない。

ちゃんとしたデータに基づいて「セ・リーグ開幕を不謹慎、パ・リーグ素敵」と批判している人は少ないだろう。

皆のしている批判のほとんどが「こんな時期に不謹慎」という程度の感情論にすぎない。

皆を停電させても強行に意味があるほど「セ・リーグ開幕のメリット」が多ければ、それはむしろ世間の流れに逆行してでも開催すべきことなのだ。

とは言うモノの、被害だけでなく「セ・リーグ開幕のメリット」についても、どれほどのものか定量化している人はいない。

というかスポーツのメリットを定量化すること自体が難しい。

問題をややこしくしているのはここである。

つまり、全ての芸術・芸能・エンターテイメントに言える話だが、「セ・リーグの開幕(のみならず芸術・エンターテイメント全般)が人々にあたえる楽しみや勇気や希望」というやつを定量化するのは難しい。

難しいから、結果として、セ・リーグ開幕による停電被害(そんなのがあるのか知らないが)の方にばかり目が行ってしまい、結局、「セ・リーグけしからん」みたいなところに何の検証もなく行ってしまい「自粛」を「是」とする流れとなってしまう。

僕は当然、芸能に携わるものだから、芸術・芸能・エンターテイメントの力を信じている。

「衣食足りてエンターテイメント」とは思っていない。

むしろ衣食と並び…いや「衣食よりも「前」にエンターテイメント」とすら思っている。

被災地の、日本の、世界の子供たちに希望や生きる意味を与えられるのは僕らの携わる芸能やエンターテイメントの力だと思っている。

また死に際の人々に心の安らぎを与え痛みを忘れさせるのもエンターテイメントの力だと思っている。

この国難に際し、多くの人々が我を失っている。

多くの映画や芝居が延期されたり上映上演中止となっている。

それぞれの事情があり、それぞれがベストな判断を下しているのだと思いたい。

だが、作り手として、エンターテイメント側の人間として思うのは、みんなの電気を奪っても上映上演興行すべきものだと信じられるのなら、堂々と人非人とのそしりを受けても、自らの作品を世に出すべきである。

そういう覚悟のない物は上演する必要ない。自粛すればいいと思う。

「この時期ちょっと…」なんて作り手が思うようなものなら、やらない方が良いに決まっている。

だから、セ・リーグに望んだのは、世間を説得することである。

自分たちのスポーツをいま批判を乗り越えてもやることがどれだけ必要なのかを説得することである。

全員が納得するとは思えない。

思えないが、もしかしたら、そうかも、と思う人がでてきただろう。

一番最悪なのは、説得も何もせず、世間の風潮に流されて開幕を延期したりすることだ。

これは感情的な神様=大衆を助長することにしかならない。

「それみたことか」と、大衆は、国難ある時は、言論や行動を規制するのが当たり前と思い始めるだろう。

それを大衆に許せば戦前の道への逆戻りである。(戦争は軍部が起こしたのではない大衆が好んだのだ)

そう言う意味でも、僕ら不謹慎の徒は衆愚化の流れを止める防波堤にならないといけない。

「みなさんの電気を止めてでも僕らの演劇をさせてください。かならずや電気を止めてもやらせてみて良かったという作品を上演します」と言う。

すると、みんなは「しかたねえなあ、もし酷いモノ見せやがったらただじゃおかねえぜ(笑)」と言う。

僕らは頑張る。

皆は喜んだり、やらせてよかったと言ってくれたり、よくこんなの見せられるな電気返せと笑いながら僕らを小突いたりする。

そういう社会が僕は好きだなあ。

みんなはそういうのよりももっとギスギスしているほうがよいのかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/03

カシアス内藤さん、沢木耕太郎さん・・・

2月1日、
ポスト俊藤浩滋を目指す若きプロデューサー都築さんに連れられて
俳優の鈴木隆二郎さんと僕は、横浜石川町に出向いた。
それはその日オープンする「E&Jカシアスボクシングジム」の祝賀会に出席するためだ。

アットホームでとてもすばらしい祝賀会だった。
0201




そして、初めて会う元チャンピオン(日本ミドル級,東洋ミドル級)ボクサーのカシアス内藤さん。
この祝賀会のもっとも中心となる人物はもっとも腰が低くやさしかった。
ボクサーのチャンピオンと言うと辰吉さんのような向こう気の強いイメージ、ヤンチャボーズを大人にしたようなイメージがある。しかし、カシアス内藤さんはそのイメージとは本当に正反対の人物のように見えた。

長年の親友であり、もっとも強力な支持者の一人である沢木耕太郎さんが祝辞を述べた。
そしてカシアス内藤さんの高校時代の恩師や先輩仲間たちも祝辞を述べた。

すこしだが、カシアス内藤さん、沢木耕太郎さんと話すことができた。
しかし沢木耕太郎さんに
「テロルの決算」は僕の最も好きな作品のひとつです
と言おうかと思ったが、実にあたりまえなのでやめた。
そしてやめたら言葉が出なくなった。

カシアス内藤さんの写真集「カシアス」を買った。
内藤 利朗: カシアス

そして直接カシアス内藤さんからサインをもらった。
02012




でもとても心に残るパーティーだった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/11/23

もーすぐクランクアップ

久しぶりにちょっとだけブログいじくれる時間が取れました。
「真説タイガーマスク」の撮影も、とうとう明日、撮影最終日です。
その間いろいろなことがありました。
なかでも船木さんの事故には肝を冷やしました。
ほんと体を張っての撮影です。それだけ本気シーンということですが。
そしてまた明日はほぼ一日に渡る恐怖の試合シーンの撮影です。
無事に撮影が終了することを祈りたいです。
そしてきっと、今回、この作品は、傑作になります。
そう確信できる撮影でした。
毎日、肉体疲労はげしく、そして睡眠時間削りまくりですが
こんなに厳しくも楽しい現場に参加できてまじで良かった。思います。
しかし、そろそろ1月公演の脚本を書かねばなりません。
大変でござる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/11/12

エキストラ募集!

いま助監督をしている「真説タイガーマスク」で
エキストラを募集しています!
もしよかったら応募してみてください。

-----------------------
「真説タイガーマスク」エキストラ募集のお知らせ
-----------------------
 来る11月19日(金)、24日(水)に那須博之監
督、哀川翔さん主演「真説タイガーマスク」のプロ
レス試合場面の撮影があります。今回、この観客席
を熱気と興奮で埋めてくれるエキストラを大々募集
します!

「撮影といえども、全て本気です!」

 当日は、初代タイガーマスクご本人である佐山聡
さんに直々にプロレスシーンの指導をしていただき
ます。タイガーマスク役は元パンクラスの船木誠勝
さん、敵役のライオンマンには現役プロレスラーの
木村浩一郎さんが扮し、初代タイガーマスクが繰り
広げたあの熱い戦いを再現します。プロレスファン
ならこの機会を見逃さないでください。またプロレ
スファンでなくても、この熱く美しい戦いを見逃す
手はありません。ぜひぜひ今回のエキストラに応募
してみてください。

 また、那須博之監督、田中一成撮影監督による撮
影風景、哀川翔さんの演技など、プロレス以外の部
分でのお楽しみも満載です。そして、この熱き戦い
の目撃者としてあなたもフィルムに自分の姿を残す
ことになります。自分も出演している「真説タイガ
ーマスク」。見る楽しみが何倍にもなるはずです。
 (→ 出演者については本文最後を参照)

 19日、24日の撮影は両日とも
 時間は昼過ぎから夜の10時まで。
場所は、新木場1stRingとなります。
(JR京葉線、有楽町線、りんかい線
 「新木場」駅から徒歩2分です。
 住所:江東区新木場1-6-24 )
 夕食時にはロケ弁当が出ます。

 エキストラ出演をご希望なさる場合には
 メールにて
  ・お名前
  ・性別、年齢
  ・連絡先電話番号
   (ご確認の電話をさせていただきます)
  ・出演希望日
   (19日か24日か、両日ともでもOKです)
  ・ご同行人数(何人まででもOKです)
 以上の情報をご記入の上
 メールタイトルを「タイガーマスク」として
 e-club@ent-club.co.jp
まで、ご応募ください。
詳しい集合時間等はメールにてお知らせします。
 見て楽しい出演して楽しい「真説タイガーマス
ク」。ぜひぜひ、この機会を逃さずにエキストラに
応募してみてください!!

 それでは、みなさんと熱いリングサイドでお会い
できることを楽しみにしています。

 (当日の出演予定者)
  哀川翔、船木誠勝、木村浩一郎、佐山聡、
  高木三四郎、新藤力也、亜沙美、秋山恵、
  真木日佐夫、睦五朗、中島宏海、鈴木葉月

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004/11/07

初代タイガーマスク

プロレス好きですか?
ぼくは好きでも嫌いでもないです。
ただプロレスマニアな友達に対して、
よくもあんなにノメリコメルよなぁ・・・と思っていたクチです。
が、最近、はまってます。しかも初代タイガーマスクに。おそい?
というのも今の監督助手の仕事にとっても関係があるのですが
最近ほぼ毎日、初代タイガーマスクさんである佐山聡さんと時間をともにするからです。
最初は佐山さんってどなたですか?みたいな失礼な僕でした。
しかし調べてみて知れば知るほど、この佐山さん、すんんんごい人なんです。
DVDも本も当時の新聞もいろいろ集めました。
集めれば集めるほど、初代タイガーマスクがいかにすごいかわかってきました。
しかし何よりも、今の彼がすごいのです。
人格者というか、その頭と技の切れというか。
今回の映画では船木誠勝さん演ずる初代タイガーマスクのアクションを
全て本物の初代タイガーマスクの佐山さんがつけるのですが
その演出の仕方、技を伝授する姿が、近くで見ていて身震いするような
うまく表現できないですが、感動的な、クリアーな、そんな様子なわけなのです。
船木さんたちも初代タイガーマスクにあこがれた少年たちだったわけで
だから佐山さんから教えを受けるにあたって、
実に素直でキラキラとした瞳で、難度の高い技、危険な技も、よく習得していく。
なんかすばらしいのです。美しいのです。
残念なのはメイキング撮っていないので、このすばらしい関係を
ぼくらスタッフしか見ることができないということ。
でも、できあがりの試合シーンをみれば、想像してもらえるんじゃないかと思います。
たくさんの熱い時間が、一瞬の鋭い技にこめられている。
とっても熱くて爽快な映画ができあがりそうな予感です。
などと考えながらBSをみてると熊本特集。
お!上野未来!!かわいいというか、
お前は男の子かみたいな元気娘が熊本の海辺でレポーターをしている。
ちょうど今、やってる最中なんで、みんな見てやってください。
彼女主演のドラマもこれから16時ぐらいからかな?やるみたいなんで。
残念ながら僕はこれから出かけます。もちろん上野未来ドラマはビデオにとりますが。
これから東映で哀川翔さんの衣装合わせです。
では、行ってきます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)