« 「俺たちは本当に正しいのだろうか」という「不安」を描いた映画~クリント・イーストウッド監督「ハドソン川の奇跡」 | トップページ

2017/10/24

朝鮮総聯幹部の息子

しばらく舞台から離れていた松枝ですが、10月25日から29日まで、ひさしぶりに舞台やります。
 
友人である李昌赫(リ・ショウカク)の脚本演出主演でやります。
 
タイトルは「朝鮮総連幹部の息子」
 
北朝鮮のミサイル発射実験は日本や韓国のデマだと信じている朝鮮総連幹部の父親と日本人たちと演劇をやりたいと思っている息子の話です。右傾化の進行するこの季節にやるのが少々勇気のいる内容になっています。李昌赫自身の経験をベースに描かれた話です。
 
2017年のギスギスした日本を鈍感に生きないために、ぜひ見に来ていただきたいと思っています。あなたの隣に生きている在日の青年がこんなにも戦っている、戦わなければならない日本であるということを知ってもらいたいと思っています。
 
ぜひ、見に来てください。
 
公演は次の8回。
 
(1)10/25(水) 19:00
 
(2)10/26(木) 19:00
 
(3)10/27(金) 14:00
 
(4)10/27(金) 19:00
 
(5)10/28(土) 14:00
 
(6)10/28(土) 18:00
 
(7)10/29(日) 13:00
 
(8)10/29(日) 17:00
 
場所は新宿ゴールデン街劇場(新宿区歌舞伎町1-1-7マルハビル1F)、花園神社の裏口からゴールデン街に抜けるそのあたりにあります。
 
ぜひ、見に来てください。
 
予約は次のリンクから。

|

« 「俺たちは本当に正しいのだろうか」という「不安」を描いた映画~クリント・イーストウッド監督「ハドソン川の奇跡」 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/65956800

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮総聯幹部の息子:

« 「俺たちは本当に正しいのだろうか」という「不安」を描いた映画~クリント・イーストウッド監督「ハドソン川の奇跡」 | トップページ