« 長塚圭史演出「ガラスの動物園」 | トップページ | 荒戸源次郎監督のワークショップ初日 »

2012/04/04

2012年4月の今、目撃しておくべきもの。

4月6日金曜日

DULL-COLORED POP 第11回本公演
「くろねこちゃんとベージュねこちゃん」

の14時の回のアフタートークに出演します。

この作品は、劇作家・演出家の谷賢一氏が率いるDULL-COLORED POP(ダルカラードポップ)という劇団の第11回目の本公演で、前回の第10回が再演であることを考えると、2009年8月の第8回公演「マリー・ド・ブランヴィリエ侯爵夫人」以来、2年8か月ぶりの書き下ろし脚本による劇団本公演じゃないかと思います。

2年8か月ぶりとは言っても、小劇場界隈の人々はよく知っているように、この間も、谷賢一氏は、演出家として、劇作家として目覚ましい活躍をしており、ますますその作る作品のレベルと評判は高まっています。

演出家としては、世界の演劇を照準にとらえた冒険をしながら、しかし、沢山の人々に物語を手渡す丹念な作業を怠らない稀有な演出家であり、また劇作家としても、その取り繕って生きる人間の内側を暴いて見せるランセットの鋭利さはますます際立っており、観る者も血を流す覚悟を持たねばならないおそろしい脚本を書く作家であり、将来世界的な劇作家として名を残すかもしれない匂いをプンプンさせている人です。

小劇場界隈の人は谷賢一が何者かはもう知っているはずですから、僕は、それ以外の世界の人々に彼の作品をぜひぜひ観て欲しいと思っています。

もしよろしければ、観に来てください。

いま目撃しておきましょう。

谷賢一の芝居を。

そして劇団DULL-COLORED POPの芝居を。

2012年4月の今、目撃しておきましょう。

ぜったい損はないです。

てことで、4月6日14時開演の回、小竹向原のアトリエ春風舎で会いましょう。

---
DULL-COLORED POP vol.11『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』
場所:アトリエ春風舎(板橋区向原2-22-17 すぺいすしょう向原B1)地図
アクセス:東京メトロ有楽町線・副都心線/西武有楽町線「小竹向原駅」 下車4番出口より徒歩3分
日時:4月6日14時開演
チケット:前売り2,500円、当日3,000円、学生1,500円(前売りのみ取り扱い/受付にて要学生証提示)
チケット予約こちら


|

« 長塚圭史演出「ガラスの動物園」 | トップページ | 荒戸源次郎監督のワークショップ初日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/54385056

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年4月の今、目撃しておくべきもの。:

« 長塚圭史演出「ガラスの動物園」 | トップページ | 荒戸源次郎監督のワークショップ初日 »