« 「学生版」構想2つの「きっかけ」 | トップページ | 修羅場「日本の問題Ver.311」 »

2012/02/11

【収益全額寄付公演】日本の問題Ver.311

東日本大震災からちょうど一年となる2012年3月。
ふたたび「日本の問題」を開催します。

 青山学院大学の 「劇団けったマシーン」

 桜美林大学の「思出横丁」

 日本大学芸術学部の「四次元ボックス」

 早稲田大学の 「荒川チョモランマ」

昨年も参加してくれた学生劇団4劇団が、僕ら日本人にとって「東日本大震災」とはなんなのか、引き起こされた沢山の悲しみや苦しみと、どのように向き合っていけばいいのか、僕らの信じる「演劇」を使って考えます。

「東日本大震災」は1万6千人の命を奪い、いまだに多くの人々を悲しませ、苦しませている未曽有の大惨事です。軽々しく「東日本大震災をテーマに演劇やります」などという類の物ではありません。

しかしながら、こんなにも僕らの心に引っかかっていることを、演劇の力を信じる者が、演劇を通して考えないわけにはいきません。
そんな悲劇が無かったかのように通常の公演を打つことなどできません。
たとえ、沢山の批判をいただくことになろうとも、あの震災が僕らに何であるのか、僕らにとって一番切実な問題に答えないで前に進むわけにいきません。
そう考えて、あえて、この企画を遂行させていただくことにしました。
そしてやるからには、意味のある公演に必ずいたします。

今回の公演の収益は、被災地復興支援のために全額寄付させていただきます。
演劇の利益など微々たるものですが、現在僕らができることをしようと思っています。

ぜひとも、3月6日から11日、渋谷ギャラリー・ルデコ4Fに足をお運びください。
一緒にあの震災と被災者に思いをはせ、少しでも早く、被災地の復興と、傷ついた魂たちの癒える日がくるようにと一緒に祈ることができれば嬉しく思います。

(「日本の問題」プロデューサー 松枝佳紀)

■公演詳細

公ホームページ:http://nipponnomondai.net/ver311/

コリッチ:http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=26545

日程:2012年3月6日(火)~11日(日)

場所:渋谷 ギャラリー ル・デコ 4F
   渋谷駅新南口から徒歩3分、東口から徒歩5分
   (渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル 4F)

時間:
   3/06(火) 19:00
   3/07(水) 14:46  19:00
   3/08(木) 14:46  19:00
   3/09(金) 14:46  19:00
   3/10(土) 14:46  19:00
   3/11(日) 14:46
   ※東日本大震災は2011年3月11日14:46に起こりました。
    本公演ではそのことに思いをはせるためマチネ公演をすべて
    この時刻に開始させていただきます。前節等ございますので
    ギリギリではなくお早めにご来場ください。
    前節は14:40からはじめさせていただきます。

料金:一般 前売2,000円、当日2,300円
    学生 前売1,000円、当日1,300円
   ※なお、本公演の収益金は、全額『東日本大震災義援金』とし
    日本赤十字社 へ寄付させていただきます。
   ※追加の寄付も受け付けております。

チケット取扱:コリッチ舞台芸術

問合せ:MAIL:info@nipponnomondai.net
    TEL:080-3519-0131 制作 中山(11:00~19:00)

|

« 「学生版」構想2つの「きっかけ」 | トップページ | 修羅場「日本の問題Ver.311」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/53954600

この記事へのトラックバック一覧です: 【収益全額寄付公演】日本の問題Ver.311:

« 「学生版」構想2つの「きっかけ」 | トップページ | 修羅場「日本の問題Ver.311」 »