« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/06/23

顔が決まりました。

企画公演「日本の問題」(←小劇場劇団8劇団および学生劇団6劇団の計14団体でやる「日本」をテーマにした演劇フェスティバル)では、その問題意識や主張を、せっかくですから日本国内だけでなく、海外に向けても発信したいと思っています。その方策については現在順次検討中ですが、まず「日本の問題」の「顔」となる宣伝写真を、世界的に活躍する写真家である所幸則さんにお願いしました。

(所幸則さんのプロフィールはこちら→

所さんはざっくり言うと長らく商業的なカメラマンとして名を馳せてきましたが、現在は、商業的な場面ではもちろんですが、それ以上に、アートシーン的に重要な作品を作りだされている日本でも稀有な写真家だと言えます。

その武器となっているのが「1second」(ワンセコンド)という所幸則さんが開発した手法です。

写真はそもそも時間を切り取る「瞬間」の芸術ですが、所さんはこの「1second」という手法で、「瞬間」を越えた「1秒」と言う「永遠」を切り取ります。

(詳細は、この二つのYOUTUBE動画をご覧ください。非常に端的に所さんの「哲学」と「写真」が判ると思います→所幸則の渋谷1セコンドに迫る前編 http://bit.ly/iIG9KE、所幸則の渋谷1セコンドに迫る後編 http://bit.ly/jVueQ8

僕は、この所さんの試みに非常に興味を抱き、ダメもとで、今回の「日本の問題」という企画をやるにあたっての思いを話し、そしてそのアイコンとなるべき象徴としての写真を、「1second」の手法で撮っていただきたいとお願いしました。所さんは僕の主張に対して賛同して下さり、そして、新しい「1second」の写真を撮りおろしてもらうことになりました。

まだ、発表できませんw

が、ちょっとヤベエんじゃないと言う写真ができあがりました。

311後の日本でなにを「日本の問題」の象徴とするのかは非常に難しい問題です。

被災地の写真、原発の写真、混迷する国会の写真・・・

そのどれもが、ジャーナリスティックで浮薄、煽情的なだけの写真週刊誌のTOP、そうなってしまうのをぜひとも避けたいと思っていました。

その素晴らしい写真をまもなく発表します。

これもご期待ください。

ちかぢか発表いたします。

所幸則さんホームページ http://www.tokoroyukinori.com/

所幸則さんツイッター https://twitter.com/#!/TOKOROyuki

所幸則さんfacebook http://www.facebook.com/yukinori.tokoro

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8劇団合同オーディション

日本の問題」(←小劇場劇団8劇団でやる「日本」をテーマにした演劇フェスティバル)では、来る7月16日に8劇団合同オーディションを行います。

時間は9時から19時となっていますが、この時間みっちり参加していただくと言うのではなく、この時間のいずれかにオーディション会場に来ていただき、そこで8劇団主宰の前で課題の演技をしていただくと言う形になると思います。

(合同オーディション特設ページはこちら→

オーディション概要: 企画公演「日本の問題」は、 8つの小劇場劇団が、それぞれの思う今現在の「日本の問題」を、 それぞれの演劇手法で芝居にするという珍しい形の社会派演劇のオムニバス公演となります。 それぞれの劇団が何をやり、今回のオーディションでどのような役者を求めているかについては、 この下に各団体の募集要項がありますので、よくよく熟読のうえ、ご応募ください。

オーディション開催日:7/16(土) 9:00~19:00

募集期間:6/4(土)~7/4(月)

応募方法:専用メールフォームにてご応募ください。 >>

選考方法:面接・演技にて選考 (応募者多数の場合書類選考あり)

オーディション費用:¥1,000申し受けます。当日会場にてお支払いください。

参加条件:チケットノルマはありません。その他の参加条件については参加団体ごとに異なります。

しかし、8劇団もあつまってやる合同オーディションって前代未聞じゃないんですか?しかも、この8劇団、そこそこ名前があって、あるアンテナ張っている人たちからは、「おおっ」と思われるような劇団がそろっているわけです。その劇団の主宰たちが8人ずらりと並んで、オーディションをするわけですから、これは、なんていうか、もう異様ですw

ひやかしでも、記念受験でもなんでもいいので、ぜひとも受けてみてはいかがでしょうか?

それぞれの劇団が、「どのようなことを「日本の問題」と思っており、これを演劇化するにあたってどのような役者たちに参加して欲しいと思っているか」というのを、それぞれがオーディション特設ページで語っています。

と言いながら、ここに直接リンクを張ってしまいます↓。各劇団主宰の言っていることがほんと面白いのでぜひ、全劇団通読してみてください。

アロッタファジャイナ
世界を変えることのできる「芝居を越えた芝居」を作ることを一緒にやってくれる人を求めます。 
詳細はこちら>>

経済とH
出会った俳優とWSを積み重ね、教育と知性の問題を通奏低音に芝居を作ります。
詳細はこちら >>

JACROW
「自殺」を題材にした作品。真面目に真摯に「生きる」ことに向き合う大人の人を募集。
詳細はこちら >>

DULL-COLORED POP
選挙制度について、俳優の身体性に頼った作品作りします。作品自体に奉仕できる人募集です。勝ちます。
詳細はこちら >>

風琴工房
知性・感性・体力・愛情ぜんぶ要ります。欠けてるひとを俳優と呼びません。性格は悪くていいです。
詳細はこちら >>

Mrs.fictions
テーマは『日本の宗教』です。当方無宗教。信仰の有無は問いませんが柔軟な考えの方が望ましいです。
詳細はこちら >>

ミナモザ
今、目の前にある「東日本大震災と福島第一原発の事故」をドキュメンタリー演劇の手法でやる。未経験可!
詳細はこちら >>

ろりえ
切実で笑えるやつ。
詳細はこちら >>

現在、続々と応募が集まっているのですが、応募者のみんなの応募動機やそれぞれが何を「日本の問題」と思っているかは読んでいて非常に面白い。

ぜひとも、楽しんで、どこか少しだけ真剣でありながら、気軽にご応募ください。

締め切りは7月4日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弟ができました。

「日本の問題」(←小劇場劇団8劇団でやる「日本」をテーマにした演劇フェスティバル)に参加の劇団が6劇団増えました。しかも、いずれも学生劇団です。

参加は、

青山学院大学「劇団けったマシーン」

桜美林大学「思出横丁」

慶應義塾大学「ミームの心臓」

日本大学藝術学部「四次元ボックス」

明治大学「声を出すと気持ちいいの会」

早稲田大学「荒川チョモランマ」主宰長田莉奈

の6劇団です。

(学生版ホームページはこちら→

僕、松枝佳紀は、この6劇団をいずれもみたことがないのですが、この学生版の劇団主宰たちに会って、「やばい、かなり面白くなる」ってことを実感してきました。どう面白くなるかはおいおいお伝えできればと思っています。

11月27日から中野ザ・ポケットでの公演「日本の問題」とともに、12月21日から渋谷ル・デコでの公演「日本の問題 学生版」にもご期待ください。

ちなみに、「日本の問題 小劇場版」は、社会人経験バリバリある50代から大学卒業したての20代中盤までの8人が作演出をし、「日本の問題 学生版」は、現役大学生の6人が作演出をするっていうことで、全14劇団をすべて観ることができれば、世代的に見た「日本の問題」を網羅することができるという、なかなかの趣向。

僕自身、若い人たちが何を「日本の問題」と感じているのかを非常に知りたいと思っているので、そういう意味でも、「日本の問題 学生版」には大いに期待をしています。

また、この「学生版」はこれから出てくるであろう劇団、劇作家、演出家、役者たちに一息に出会えると言う、小劇場ファンたちにとっても垂涎の的となる企画でもあるだろうと思っています。いずれにしても期待していてください。

CoRich舞台芸術のページ→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日本の問題」3つのニュース

新進気鋭の小劇場劇団8劇団が集まって、それぞれが「これこそ今の『日本の問題』」と思うことを演劇にして競い合うと言う画期的な国家「的」演劇プロジェクト「日本の問題」ですが、3つほどニュースがあります。

弟ができました。

オーディションします。

顔が決まりました。

です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/15

坂手洋二作演出「推進派」@下北沢スズナリ

燐光群の名前はだいぶ前から知っていた。

知ってはいたが、燐光群と言う劇団が、バリバリの社会派で、その演目の内容も難しいという評判から、足を運ぶ機会を逃し続けてきた。

昨年、ProjectBUNGAKU太宰治なるイベント公演を僕が主催したのだが、その打ち上げの席で坂手洋二さんと初めてお会いした。

非常に気さくで優しく軽妙洒脱、またお酒が入っても論理を崩されずにお話しされる坂手さんの姿に素敵な方だなあ、どのようなお芝居を書かれるのだろうか、見てみないと・・・との思いを強くしていた。

また、その席では、僕のProjectBUNGAKUという企画アイディアも大変評価していただいた。

さらには、僕は今年の11月から12月に、小劇場劇団8劇団、学生劇団6劇団による社会派演劇フェスティバル「日本の問題」というのを主催するのだけれども、なおのこと、現代の社会派演劇の先駆者である坂手洋二さんの芝居を見なくてはならないという思いを強くしていた。

そんなこんながあり、今回、「初」燐光群体験をすることとなった。

衝撃を受けたのは自分が泣いたことだ。

物語は、沖縄、普天間の米軍基地移転問題を扱っている。

舞台は鹿児島県徳之島(劇作中ではサチノ島と名前を変えている)。

県外移転を公約した鳩山政権時に、移転先として脚光を浴びた島だ。

「推進派」とは島内基地移転を推進するトミオカという男が主人公だからだ。

終演後、飲みの席で、坂手さんとお話しする時間を得たのだが、この話、ほぼドキュメンタリーというか取材に基づいて作劇されているそうだ。登場人物にも全員モデルがいると言うことを言われていた。

というようなことだから、見る前は、沖縄の基地移転問題についてなるほどこのように入り組んでいるんだなあと、「理解」できるような芝居なのだろうとの印象だった。

もちろん、その点は予想通りに理解できる芝居なのであるが、それ以上のモノがあった。

推進派の、そして反対派の、それ以外の人たちの、切実な思いに満ちた芝居だったのだ。

とくに反対派の1人、鴨川てんしさんが演じたマエサコの言葉と思いにはひどく胸を打たれた。

僕も劇場に居ながら、サチノ島に滞在する人間の一人になっていた。

我田引水になるが、僕が「日本の問題」という企画を思いついたのも、この演劇のもたらす「当事者性」に注目したからなのであった。

歌や音楽は、理屈じゃない衝動を瞬間に呼び起すことができる。

それは演劇になかなか出来ないことで、ある意味うらやましいこと。

演劇はある一定の長い時間、見る者を拘束しないと伝えられない。

しかし、それはなんだろう。

一定の長い時間を拘束してはじめて伝わるモノ・・・演劇にしかできないことって。

それは観る者を巻き込む力なんじゃないかと思ったわけです。

たとえば、歌で普天間基地の移転問題をうたうこともできる。

でも、それで伝わるのは雰囲気や気分でしかない。

一方、論文やジャーナリスティックな記事なんかでは、理屈っぽいことはだいぶ分かるし伝わる。

音楽で出来ないことをできる。

普天間基地問題の構造はよくわかるだろう。

しかし、それでは足りないモノがある。

それはその問題を自分のこととして切実に思わせること

つまり「当事者性」なんじゃないかと思ったわけです。

もちろん、総合芸術ですから、論文の良いところ、音楽の良いところも取り入れて

そんでもって、観客をその現場の目撃者にする当事者性もあって

というわけで、その演劇のすごさを見せつけてやろうというのが「日本の問題」の1つのテーマでもあるわけです。

ちなみに、映画映像と演劇の違いは一つには「普及性」の違いがあり

「当事者性」については非常に似てはいるが、やはり映画は演劇にはかなわない。

演劇は観客にリアルに水をぶっかけることができますからね。

ジェットコースターの映像だけでも脅えることはできるが、実際のジェットコースターに乗った時の脅えにはかなわない。

だから「普及性」については映画の勝ちだが「当事者性」については演劇の勝ちw

そんなわけで、演劇の特徴はなによりも観客を巻き込むこと、観客を当事者とすることにあると思う訳ですが、今回の燐光群の芝居はまさにその典型ともいえるものでした。

僕にとって、隔靴掻痒、縁遠い普天間基地の移転問題を、僕のこととして「痛く」感じることができた。

なかなか泣かないよ。泣けないよ。関係ない場所の人が基地移転問題で泣けないよ?

それが泣けるんだから、凄いってことです。

で、みんなに観に行って欲しいんだけど、とくに興味無い人に観に行って欲しい。

社会的な問題に関心のある人はさ、もともと興味あるんだろうから、そういう人はもう行っている。

行って欲しいのは、社会問題をわざわざ演劇で見るなんてメンドクサとか思っている人。

「普天間なんて俺に関係ねぇし」

って言う人に観に行って欲しい。

観終わった後、その関係ないはずのことが自分のことになっているのに驚いて欲しい。

原発の問題だって、デフレの問題だって、結局は人間の物語なんだ。

結局は、人。

そして悪人なんていない。

みんながみんなそのレベルで良かれと思って行動している。

結果、良いことが起こるとは限らないけど。

その悲痛な状況を知り悩み笑い涙する。当事者として。

「演劇」にはその力がある。

燐光群「推進派」

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=27298

それをまざまざと知らしめる公演であった。

下北沢スズナリでは6月19日、日曜日まで

その後、兵庫、愛知でもやる。

沖縄問題なんて興味無い、そういう人はぜひ行くべき芝居である。


---------

企画公演「日本の問題」は、
小劇場劇団8団体、学生劇団6団体、計14団体による社会派演劇フェスティバルです。

それぞれの劇団が、それぞれがこれぞ「日本の問題」と思うことを14の視点で演劇化します。

小劇場版は11月27日から中野ザ・ポケットでやります。

学生版は12月19日から渋谷ル・デコでやります。

ぜひぜひご期待ください。

ちなみに、小劇場版では8劇団合同オーディションを行います。

以下のURLをご覧いただき、こぞってご応募ください。

http://nipponnomondai.net/au.html

各劇団の演目が紹介されています。

オーディションに関係ない方も、各劇団主宰の思いは非常に面白いのでぜひ読んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/12

谷賢一演出「モリー・スウィーニー」@シアタートラム

盟友谷賢一氏がシアタートラムにて南果歩さん、小林顕作さん, 相島一之さんという商業ベースで活躍する役者陣と芝居を作ると言うので早くから注目していたし、当然、初日に観に行かせてもらった。

さて、しかし、トラムという場所や役者などもあるが、それよりもなによりも僕が本公演に一番興味を持ったのは「モリー・スウィーニー」という演目の「谷賢一っぽさ」についてだった。

(谷賢一ブログ「playnote」より「モリー・スウィーニー」あらすじ)

──光と闇の区別を、人は、誤ることがある
──モリーは目が見えない。ずっと光なき世界を生きてきた。
その夫・フランクは、モリーに光を見せたかった。
かつて天才と呼ばれた眼科医・ライスは、彼女の手術を成功させて、人生の光を取り戻したかった。
3人は困難な手術に挑むことを決める。
“失敗したところで、何も失うものはない”、と。
手術は成功し、モリーの目に光が戻った。
初めてモリーは世界を目で見る。
40年間、見えない世界に生きてきたモリーの目には、一体何が映ったのか?

このあらすじを見たときに、僕がすぐに連想したのは、谷くんがちょうど3年前の2008年の6月に作・演出した舞台DULL-COLORED POP第6回公演「小部屋の中のマリー」の物語との類似性だった。

「小部屋の中のマリー」という芝居の物語を大雑把に言うと、「父親によって色のない小部屋に閉じ込められて育ったために白黒の世界しか知らなかったマリーという女の子が、父親から救出されて、部屋の外に出て色のある世界に触れることによって引き起こることごと」というものであったと記憶する。

これは、谷くん本人が明らかにしているし、またタイトルからも明らかなように、「マリーの部屋」という哲学的思考実験から着想を得た話しだ。

この「マリーの部屋」という元話で重要なのは、白黒の部屋から色彩のある場所に移った時にマリーは何かを得るのだろうか?という話であった。もしマリーがsomething newを得るならば、そこにこそ「クオリア」が存在する。というわけである。

これを谷賢一はひっくり返した。

何かを得るのか?という質問自体がおかしい。むしろ、「得る」どころではなく何かを「失う」ことの可能性の方が大きいのだ。というわけである。

さてさて、あんまり突っ込むと「モリー・スウィーニー」のネタバレにもなってくる。

が、見た人なら分かるが、物語の構造はマリーもモリーも僕的には全く同じだ。

だから、見ながら僕は戦慄した。

谷賢一は一貫している、と。

一貫していることは天才にだけ許された永遠の遊び場であり、また天才だからこそ抜け出すことのできない流刑地である。

「見る」「触れる」「世界に出会う」ということに関する徹底した生理学的精神医学的演劇的な興味。

人間の存在に関するこれまた徹底した絶望と、しかしそれでも絶望の果てに残るかすかな光。

すでに3年前の舞台にあったモノがそこにある。

そして、それが3年間の数々の演劇的なあるいは人生的な修羅場で鍛えられた谷賢一氏の演劇的な力によって鮮やかに塗り替えられ、確実に何歩も前に進み、まるで別物のような姿をみせながら、しかし変わらずにそこにあった。

途中講義のようなシーンがあるが、ああ言ったヤンチャも健在である。

ヤンチャを可能にする小林顕作という役者の存在も大きい。

激することなくしかし重く観客に言葉を届けることのできる相島一之。

穏やかな絶望に暮らす可憐の均衡と危うさを見事に体現した南果歩。

役者の素晴らしさが光る。

「この作品は僕の作品の集大成です」

客呼びのために演出家はよく集大成を作るが、この作品は本当に過不足なく谷賢一の作品の集大成になっている。

空間のそこかしこに、谷賢一の演出の定番を見てとることができる。

的確にキャスティングをし役者を感化する演出能力の集大成がそこにある。

「小部屋の中のマリー」ではまだ実感として判らなかったことが沢山腑に落ちた。

クオリアは正直判らなかったが、エングラムはバッチリ伝わったw。

これまで谷くんの芝居を少しでも見たことのある人ならば、何を押しても行くべきだし

見たことが無いならば、これをきっかけに谷くんの芝居を見るべきだし

とにもかくにも、観に行くべきだろう。

最後に本当の光に会うことができる。


---------

企画公演「日本の問題」は、
小劇場劇団8団体、学生劇団6団体、計14団体による社会派演劇フェスティバルです。

それぞれの劇団が、それぞれがこれぞ「日本の問題」と思うことを14の視点で演劇化します。

小劇場版は11月27日から中野ザ・ポケットでやります。

学生版は12月19日から渋谷ル・デコでやります。

ぜひぜひご期待ください。

ちなみに、小劇場版では8劇団合同オーディションを行います。

以下のURLをご覧いただき、こぞってご応募ください。

http://nipponnomondai.net/au.html

各劇団の演目が紹介されています。

オーディションに関係ない方も、各劇団主宰の思いは非常に面白いのでぜひ読んでみてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »