« 『日本の問題』やります。 | トップページ | 本日、出ます。紅き深爪。もちろん本編じゃなくてアフタートークw »

2011/04/16

和服のすすめ~節電を楽しむ方法

今年の夏、および、今後の日本の夏の節電対策として、和装の導入推進、およびビジネス和装の開発を提唱します。

僕自身は去年夏のほとんどを「甚平さん」で過ごしました。

これメッチャ涼しいんですよ。

おかげで家ではクーラーをかけませんでした。

むしろ寒いんです。

映画館とか喫茶店とか、もう甚平さんだと寒すぎる。

だから、節電対策に、甚平さんと言うか和装はすごくいいはずです。

なにより、和服ってのは日本の気候にあってるはずですし。

もちろん、短パン、Tシャツでもいいんです。

いいんですが、やっぱりね、節電すりゃいいってもんじゃない。

衣服は機能だけのために着るにあらず、「かっこいい」とか「かわいい」とか大事なわけですよ。

羽田さんのクールビズが流行らなかったのは、あれ「着たくない感」がめっちゃ強くなかったですか?

あとノータイもダサい。

やっぱスーツはネクタイないとカッコ良くないわけで。

そしてやっぱり上着を着た方がカッコいい。

でも浴衣は違う。

涼しいうえに、かっこよかったりかわいかったりする。

昨年、向井理くんが太宰治「黄金風景」をやったときのエロさっていったらなかった。

僕、男だけど、向井君の風呂入ってない感じの胸の汗ばんでる感じに顔をうずめたかった(笑)。

で、女の子の浴衣も可愛いし美しいわけですよ。

そう言う意味で、和装は、涼しく節電にもなるし、あとかっこいい、かわいいというので需要もされやすい。

だから、僕はTシャツ、短パンなんていうのよりも、和装回帰を提唱します。(甚平さんも悪くないけどちょっとカッコ悪いからもっと浴衣的な方が良いな)

さらに、和装回帰はいろいろな効果を生むと思っています。

たとえば、丸の内のサラリーマン、OLたちのほとんどが浴衣でいたとします。

その街の風景を僕はぜひ観てみたい。

海外からみた東京の魅力も増すと思います。

もともと放射能が怖い外人はどうやっても日本には来ないけど、

そうでもない外人は、和装の人々が行きかう東京には行ってみたい、と思うかも。

そう言う意味で観光都市東京もアピールできる気がします。

また現在、日本経済で動いていないのが衣料らしいのですが(だって意外に簡単に買い控えできるでしょ)

でもこの和装に切り替えることで衣料が動く。

それにあった小物や履物が動く。

さらに、和装は、オンナ度オトコ度を上げるから、恋愛が増え、いろいろなことが動き出す気がします。

あの人の着こなしカッコイイよねなんて、オフィス街で言われるようになったら素敵だなと思います。

とは言うモノの、女性にとって「着つけ」が大変らしいので

和装の導入とともに、もう少し着るのが簡単なビジネス和装のようなものを開発しても良いと思います。

さらに、これはどこか一社がやってもさびしい。

東京の街が、おおっと唸るようなカッコいい和服の街になるためには、丸の内やなんかの企業がこぞって和装への転換が必要です。

というかビジネスマンやOLだけでなくみんなが普段から和装を着ないと、映画館のクーラーを切ることはできない。

難しいのはわかりますが、きっとやったら東京は素敵な街になります。

なのでやってみませんか?みんなで。

節電と言うと地味な印象ですが、節電を「楽しむ」という方向もあると思います。

むしろこれを良い機会に、日本の風土にあってないスーツをやめて、和服になりませんか。

東京がやばいほど魅力的な街になる気がしています。

|

« 『日本の問題』やります。 | トップページ | 本日、出ます。紅き深爪。もちろん本編じゃなくてアフタートークw »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/51400875

この記事へのトラックバック一覧です: 和服のすすめ~節電を楽しむ方法:

« 『日本の問題』やります。 | トップページ | 本日、出ます。紅き深爪。もちろん本編じゃなくてアフタートークw »