« 芸術と経済 | トップページ | ラース・フォン・トリアー監督「アンチクライスト」 »

2011/03/07

辞めさせてはいけなかった。

前原外相が辞任する。

僕は前の前のエントリーに書いたように、前原さんに政治家として不純なものを感じていて、前原さんは良くないなあと思っている。

思っているが、今回の件については、辞任をさせてはいけなかったと思っている。

理由は、これが前原さんの延命につながるからだ。

まず、「たかが5万円の献金」で彼を下すことが彼の復活を容易にすることは誰でもが読める。

僕は、菅政権は、政治の膿を出し切る好機だと思っている。

徹底的に、偽物の政治家はニセモノであることを顕すように追い詰めなければいけないと思っている。

今回、「たかが5万円の献金」で前原外相をゲーム外に追い出すことで、本来彼が外相というポジションに居ながら行うはずであった失政を彼は行わないで済む。

今回の件は前原さんにとっては願ったり叶ったりの結果だったと思う。

泥船から一抜けることができたからだ。

これで前原首相が将来誕生する可能性は格段に高まった。

そして「たかが5万円の献金」は、学生時代から付き合いのある焼肉屋のおばちゃん(=在日韓国人)からの、前原君、がんばりいやと渡された5万円を、ほんとうはありがとねと言ってポケットマネーにしてしまえばよかったのに、それを正当に政治献金として処理をしたら、逆にそれがあだとなったという本質から、この話は「美談」に変わる。

このことで責められるべき本当の罪は、「うかつであったこと」だけで、しかし「うかつであること」は、むしろ前原の純粋性を補強する。

京大カンニング犯が擁護されるのは、彼の悪事が「うかつ」であったことにある。

全く同じことだ。

正直、この情報のリークは前原さん側からされたんじゃないかと思うほど、前原さんにとってなんら悪い話はない。泥船から逃げられるどころか、のちのちこの罪は「美談」として語りえる要素を持っている。

このことで外相を辞任させて、鬼の首をとったような顔をしている保守陣営は馬鹿だ。

つかまえるべき一番大きな獲物を取り逃がしてしまったのだ。

|

« 芸術と経済 | トップページ | ラース・フォン・トリアー監督「アンチクライスト」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/51054678

この記事へのトラックバック一覧です: 辞めさせてはいけなかった。:

« 芸術と経済 | トップページ | ラース・フォン・トリアー監督「アンチクライスト」 »