« 日銀法改正をめぐる日銀内部での闘争の思い出ほか | トップページ | 芸術と経済 »

2011/02/19

前原という残念

首相ふさわしい前原氏1位維持
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011021800601&m=rss

前原誠司は残念だ。

この人高坂ゼミで、高坂先生の薫陶を受けているはずなのに、高坂先生の思想とは真逆の行動と発言ばかりで本当に失望させられた。

ちなみに、この前原の元秘書で、いまは京都市議の中野洋一は僕の高校時代の親友。(しかし、いま前原を批判したことで親友ではなくなるかもしれない)

また僕が京都大学に入学した時から色々指導をしてくれ、またおととしの僕のオヤジの葬儀でも大変心を尽くしてくれた元杉並区長山田宏さんの後輩(京大法学部、松下政経塾)でもある。

そういうこともあって、心情的に応援したいのだが、でも前原はだめだ。

高坂先生の教えを思い出せ。

そうすれば応援する。

僕は高坂先生がご存命の時に一度だけ講義とお話を伺う機会があった。

高坂先生は僕の師匠である吉田和男京大教授の師匠の一人でもある。

戦後日本をただすべき正しい保守思想を持った一人であった。

前原誠司は、なぜ高坂正堯先生の教えをつがないのか。

地位だけが欲しい人にしか見えない。

高坂ゼミに入ったのだって結局そのブランドだけが欲しかったのかもしれない。

まことに残念だ。

|

« 日銀法改正をめぐる日銀内部での闘争の思い出ほか | トップページ | 芸術と経済 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/50909336

この記事へのトラックバック一覧です: 前原という残念:

« 日銀法改正をめぐる日銀内部での闘争の思い出ほか | トップページ | 芸術と経済 »