« 特権的であるべき知識の存在 | トップページ | 近況と写真、その一 »

2010/10/13

結果発表

「Project BUNGAKU 太宰治」では毎回4演目を上演しました。

広田淳一翻案演出「HUMAN LOST」

吉田小夏翻案演出「燈籠」

松枝佳紀翻案演出「ヴィヨンの妻」

谷賢一翻案演出「人間失格」

がそれです。

たった2時間で4本の芝居が見られる。

というのだけでもよかったのですが、

せっかくならどれが一番おもしろかったかを競い合おうということになりました。

俄然勝負に燃える子供な人達であったわけですが、これもあって今回の企画が盛り上がったというのも確実にあったわけです。

で、その投票の結果を発表したいと思います。

まず、投票とその結果に対しては次のような計算処理を行いました。

投票にあたっては無記名投票で、面白いと思った演目について1位から4位までを書いてもらいました。
得票は1位の劇団には4点、2位の劇団には3点、3位の劇団には2点、4位の劇団には1点として、全公演の投票を合算しました。ちなみに投票用紙に1位の劇団しか書いていない場合などもあったのですが、これは1位の劇団にのみ4点を加えるとしました。

ちなみに、投票に参加していただいた方は、9月30日の初日から10月10日の千秋楽までで、総勢995人に上ります。

そして、その結果です。

さっそく発表させてもらいます。


1位 谷賢一演出「人間失格」(3058点取得)
(1位426票、2位331票、3位159票、4位43票)

2位 吉田小夏演出「燈籠」(2735点取得)
(1位302票、2位304票、3位265票、4位85票)

3位 松枝佳紀演出「ヴィヨンの妻」(2234点取得)
(1位191票、2位203票、3位310票、4位241票)

4位 広田淳一演出「HUMAN LOST」(1598点取得)
(1位76票、2位116票、3位192票、4位562票)

もちろん、これは芸術としての優劣を決めるモノではありません。
むしろ、エンターテイメントとしてどれほど受け入れられるかということを示す指標であるような気がします。
また演目順や上演時間の差異、そもそもの題材の面白さなども影響しているでしょう。
しかし、そんなことを言いだしてはきりがありません。
ともあれ、ゲームはゲームとして割り切ります。
以上の順位が、今回の勝負の結果となります。

一方、ゲスト賞ですが、次のような結果となりました。

香山リカ賞 :谷賢一

三田佳子賞 :吉田小夏

猪瀬直樹賞 :松枝佳紀

小野才八郎賞:広田淳一

永井愛賞  :広田淳一

木村綾子賞 :谷賢一

荒戸源次郎賞:広田淳一

奥秀太郎賞 :松枝佳紀

高野しのぶ賞:広田淳一

原紗央莉賞 :松枝佳紀

辛酸なめ子賞:吉田小夏

蒼井そら賞 :吉田小夏

杉作J太郎賞:吉田小夏

松本侑子賞 :プロジェクト文学全体に

原きよ賞  :谷賢一

徳永京子賞 :吉田小夏

単純に数を出すと

1位 吉田小夏(5票)
2位 広田淳一(4票)
3位 谷賢一(3票)
3位 松枝佳紀(3票)

ですが、こちらは、ある意味「記名」投票です。集計になじまないものがあります。つまり香山リカさんは香山リカさんの基準で選ばれたのであって、その順位を蒼井そらさんの基準で下された結果と足すことには意味が無いからです。多様な価値基準があるということを示すための賞がゲスト賞です。これはアフタートークを目にした人しかその基準を知ることはできないわけです。今後、承諾を得られればアフタートークを公表することもあると思います。実に多種多様、面白い視点ばかりでした。

企画総指揮の僕としては

・ゲームとしての無記名投票の合算である観客賞

・個別基準のありようを示すゲスト賞

この2つを提示することができたことが満足です。

最後に罰ゲームについてですが
これについてはもう少しお待ちください。
待っていただくことの理由と経緯については後ほど発表します。

また日々の結果についてはコリッチの方で発表させてもらっています。
そちらも参照してください。

PC
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=16380
携帯
http://www.corich.jp/m/s/stage_detail.php?stage_id=21919

---
Project BUNGAKU 製作総指揮
松枝佳紀

|

« 特権的であるべき知識の存在 | トップページ | 近況と写真、その一 »

コメント

松枝さんProjectBUNGAKU本当にお疲れさまでした!
自身のブログでランキングのことを発表したところ、お客様達から丁寧なコメントいただきましたので名前にリンク貼ります。
お客様も、色々苦渋の決断の末投票してくれていたことを知りました。お客様に投票での参加という新しいエンターテイメントを提供しながらも、結果、選択を迷うような作品群を発表できたんだなと感じ、嬉しく思い、ついコメント書いちゃいました★
ではでは、また。

投稿: 小夏 | 2010/10/14 14:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/49731913

この記事へのトラックバック一覧です: 結果発表:

« 特権的であるべき知識の存在 | トップページ | 近況と写真、その一 »