« 結果発表 | トップページ | 罰ゲーム »

2010/10/22

近況と写真、その一

最近、松枝佳紀はどうしているかと言うと、映画の仕事に復帰しています。

現在、大作映画の脚本を2本手掛けていて、両方ともうまくいけばいいなと思っています。

もしも成立すれば両方とも僕の代表作になるようなデカイ作品です。

また、漫画原作の話や小説執筆の話、舞台化の話などもあって時間を効率的に使わないと、いろいろ残念なことになってしまいます。

いまが僕の人生の踏ん張りどころでしょう。

頑張ります。

さて、プロジェクト文学、もうほんとびっくりするくらいの好評で、しかも次回企画のご要望が沢山寄せられています。

で、さっそく始動しています、第二弾。

ただ、第二弾をやると言っても、皆の想像を凌駕する企画とならないと面白くありません。

それが僕の性格で、単に、太宰治を三島由紀夫に変えるだけというのでは、誰のなんの期待も裏切らないのでつまらない。

やるなら良い意味でみんなの想像を絶望的に裏切る企画としたいです。

目標は、来年の演劇界の台風の目玉となるような企画を打ち立てること…なんて無駄にハードルあげてしまっていますが、そういう気概で望みたいという所信表明ということで、大目に見てやってください。

で、そのProjectBUNGAKU太宰治ですが、幕が下りて12日が経過しました。

もはや過去になりつつありますが、今さらながら公表そびれた写真たちを公表していこうかなと。

まずは全体集合写真。

_mg_2319

演出家、出演者、一応全員集合のはずです。

岩見さんを探せみたいな形になっていますが、どこかに居ます。あのキノコヘッド。

仲良さげな感じでしょ。

感じだけじゃなく、本当に仲が良かった。

声を荒げる喧嘩なんかもあったけど、座組みを越えて友情がめばえ、結局はみんながみんな戦友という感じになりました。

で、お次は、アフタートークのゲストの方々と4人の演出家写真。

最初にお断りしておきますが、残念なことに全員のゲストとのお写真が残っていません。

そもそも写真を撮ろうと思いついたのが途中だと言うこともあり、あと写真を撮った岡田瑞葉ちゃんの腕もあり(うそです)、こんなことになりました。

で、まずは初日、香山リカさん…残念ながらお写真がありません。

そして、二日目昼、三田佳子さん…残念ながらお写真がありません…というか撮影した気がするのですが、どなたか別の人のカメラだった気が…もしも出演者などで写真ある人は、松枝まで写真データをメールしてくれるとありがたいです。

二日目夜、猪瀬直樹さん…も残念ながらお写真が…しかし、おそらく毎月25日発売の雑誌「BIG tomorrow」のカメラマンが撮影をされていたので、雑誌記事に載るのではないかと思います。あと、写真をお譲りいただければいただこうかなと思ってます。

三日目昼、小野才八郎先生…残念ながらお写真がありません・・・というかこれもどなたかのカメラに残っている気が…もしもあれば、松枝まで写真データをメールしてくれるとありがたいです。

三日目夜が永井愛さん。ようやく写真があります。

Photo

演劇の重鎮、永井愛さんからの色紙、広田さんは格別にうれしかったんじゃないでしょうか。

あとこの日は昼の小野さんも広田さんでした。太宰を芯まで知り尽くしている方からの色紙も広田さんがもらうにふさわしいモノでした。この日は広田フィーバーな日でした。

で、四日目昼、木村綾子さん。色紙は、谷賢一さんの手に。

Photo_3

木村さんは美しいだけでなく、知的でマニアックな分析で客席をうならせました。太宰を心底から知りつくし、しかも現代の視点を忘れない木村綾子さんが谷くんの「人間失格」を選ぶのは納得の結果でした。それにしても谷くん、悪そうな顔してるなあ(笑)でも谷くんのこの表情、これでも木村綾子さんから色紙をもらってテンションマックスの表情です。

で、四日目夜、荒戸源次郎監督。監督とのお写真もない。監督とは写真撮影をしたのかどうかは定かじゃありません。終わってすぐに監督は打ち上げ会場に移動しちゃったので。色紙は広田さんがもらったのですが、打ち上げ会場では広田さんと荒戸監督のバトルが観られて非常に楽しかった。というか荒戸監督があんなに元気に若者をいじめているのを見たのは初めてでした(笑)その日の悔しさを広田さんは次の日のブログに書いています。

http://hizablack.hyottoko.sub.jp/?eid=1032508

本当に荒戸監督は素敵な人なんですよ。だからあんなにも真剣に広田くんを罵倒した。愛ある罵倒でした。

で、休演日を挟んでの五日目の夜のゲストは奥秀太郎さんでした。

Photo_2

奥秀太郎さんは、NODAMAPや宝塚の劇中映像で有名ですが、また、映倫を決して通過しない狂った映画を撮る監督としても有名です。この日も狂ったアフタートークで(笑)というと大変失礼なんですが、面白かったです。で、これは地下情報なんですが、どうやら奥秀太郎監督の次回作の映画に出演してくれとProjectBUNGAKUの出演者に監督自らオファーがあった模様。そんな出会いもあるんですね。

ちなみに写真ですが、異常に谷賢一がカッコいい。そしてこの日の僕は、お父さんとかパパとか呼ばれました(泣)あと広田さんが高速移動している感じなのは岡田瑞葉ちゃんの高度な撮影技術のせいです。

(続きは次回更新で)

|

« 結果発表 | トップページ | 罰ゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/49812627

この記事へのトラックバック一覧です: 近況と写真、その一:

« 結果発表 | トップページ | 罰ゲーム »