« 悲しい映画は見たくない | トップページ | 映画館では奇蹟が起こる。 »

2010/07/28

すごいワークショップが帰ってきた。

4年前にやって好評だったワークショップをまたやることになりました。
制作会社ステアウェイとアロッタの共催です。
非常に面白いワークショップですのでぜひご参加ください。
演出家や監督志望者も参加してもいいかもしれない。
非常にためになるワークショップです。
以下、宣伝。

------

多忙なヒットメーカーたちが オーディション形式で演技指導を行った、まさに夢のようなワークショップが帰ってきます。
http://www.stairway.jp/ws4/

本ワークショップの特徴は

(1)講師陣が、現役の有名監督ばかりであるということ

(2)短期集中、日替わりで4人の監督に出会えるということ

(3)次回作への出演を意識した実践的なものであるということ

です。

ワークショップの4日間は、
毎日、日替わりで4つの映画のオーディションを受けているようなもの。
エチュード、本読み、台本を基にしたショートドラマ作りなど
それぞれの監督が、それぞれの方法で役者の力を見ます。

映画俳優を目指すならこのチャンスを逃がす手はありません。
定員になり次第締め切らせていただきますので、ご応募お急ぎください!!


第4回ワークショップ講師陣

●第一日目:熊澤尚人 監督
 9月25日から、多部美華子、三浦春馬主演の最新作「君に届け」が公開。 市原隼人、上野樹里主演「虹の女神」や、林遣都主演「DIVE!!」、V6の岡田准一主演「おとなり」など、いまの世代の青春を描ける映画監督として注目を浴びている。当然のように近作を沢山抱えており、今回もオーディションとしてWSにのぞむ。

●第二日目:八木 毅 監督
 円谷プロダクションで、ウルトラマンシリーズのプロデューサー、監督として活躍。 V6の長野博主演「大決戦!超ウルトラ8兄弟」を監督。 その後、円谷プロダクションを退職しフリー。TVシリーズ「ULTRASEVEN X」などを総監督したあと現在次回作準備中。

●第三日目:金子修介 監督
 「デスノート」「デスノートthe Last name」の大ヒットが記憶に新しい。 コンスタントに映画を作り続けており、そのどれもがヒットするという稀有な監督。 現在、成宮寛貴、内田有紀主演「ばかもの」の公開が待たれている。また、本年10月には、現代の闇を描く新作映画の撮影に入る予定。

●第四日目:荒戸源次郎 監督
 最新監督作品、生田斗真主演「人間失格」の大ヒットは記憶に新しい。 また「赤目四十八瀧心中未遂」など、役者から本物の演技を引き出す手腕には定評がある。鈴木清順や阪本順治作品をプロデュースするなど、監督と言う枠におさまらない活動をしている。本格時代劇など今後撮影に入る数作品を抱える。


■ワークショップの特徴1

「日替わりで4人もの監督に指導を受けられる」

世の中に、俳優向けのワークショップやスクールなるものは沢山あります。

しかし、多くが、無名の映画監督によるものであったり
また、一年以上の長い受講期間を経なければならなかったり
あるいは、講師が一人しかいなかったり…などなどです。

本ワークショップは4日間と言う期間限定で
いずれも名のある監督たちに直接見てもらえるというのが特徴です。

映画監督が4人もそろえば、それぞれの哲学・見方は違って当然。
その中にはきっと自分にあった考え方をもたれている監督が見つかるはず。

長期間のワークショップは、もし担当講師が気の合わない監督だったら最悪です。
短期集中、沢山の監督に出会える本ワークショップは 自分に合った監督に出会え
る確率がぐんと高いはず。

もしかすると生涯の師と呼べる監督に出会えるかもしれません。

たった4日間、4人ものヒットメーカーに知り合う事が出来る。

これお徳です。

■ワークショップの特徴2

「映画俳優になるための実践的なものであるということ」

たとえ監督たちと知り合えても 映画俳優として使ってもらえなければ意味がありません。

本ワークショップの講師たちは 現役のヒットメーカーばかり。
次から次へと作品を抱えています。

今回の監督がたも近作を抱えており
これまでの枠にハマらない出演者、新しい才能との出会いを求めています。

おのずと、監督がたも、役者を育てる…というよりも
使えるか/使えないか、というシビアな目でみることになります。

誰が選ばれ誰が落ちるのか。
これを見ることが出来るのも 本ワークショップのメリットです。

オーディションに受かるにはどうすればいいのか?
何故この人は落ちるのか?
監督はなにを求めているのか?
キャスティングされるにはどうしたらいいのか?

その実際をうかがうことが出来る。

これほど実践的なワークショップはないんじゃないでしょうか。

■ワークショップ概要
・日程  2010 年8 月26 日( 木) ~ 8 月29 日( 日) 計4日間
・クラス 午後クラス 13:00-16:00
     夜間クラス 17:30-20:30
・費用  30,000 円(税込)
・募集対象
 映画俳優となるチャンスをつかみたいと真剣に思っている男女。
 年齢・経験・事務所への所属・無所属は問いません。
・募集人数 午後、夜間、各クラス40 名
・募集期間 8 月20 日まで。(定員に達し次第募集を打ち切ります。)
・会場   東京都杉並区阿佐ヶ谷某所(参加者に直接通知します)


■申込方法
FAX、メールいずれかの方法で、申込みください。

(FAXの場合)以下のHPから応募用紙を手に入れ
FAX03-3393-2992までFAXください。
http://www.stairway.jp/ws4/index.html

(メールの場合)
メールタイトルを「WS参加希望」として
次の内容を本分にお書きの上、
本人と分かる写真を全身・バストアップ各一枚を添付し
ステアウェイWS 事務局 ws@stairway.jpまでメールください。

(1)お名前(ふりがな)(ありましたら芸名(ふりがな)も)
(2)生年月日
(3)性別、身長、体重、スリーサイズ、靴のサイズ
(4)ご住所・連絡先電話番号(携帯・家電話共に)・メールアドレス
(5)最終学歴
(6)所属事務所・劇団名(ある場合のみ)
(7)特技・資格
(8)芸歴
(9)参加希望クラス(午後クラスか夜間クラスどちらを希望するか)

|

« 悲しい映画は見たくない | トップページ | 映画館では奇蹟が起こる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/48994125

この記事へのトラックバック一覧です: すごいワークショップが帰ってきた。:

« 悲しい映画は見たくない | トップページ | 映画館では奇蹟が起こる。 »