« アメリカのつぶやき | トップページ | 政治的対立を超えて »

2010/01/17

僕はそこにいた。

15年前の今日、ぼくは京都の下宿にいた。

本棚には本があふれ、

地震の一つでもあれば

分厚い資本論が僕の頭に鉄槌を下すだろう。

そんな状況にあった。

しかし

「関西は地震がないから平気だ」

ということを関西人のだれもが言う。

東京では当たり前の

本棚や家具につける地震用のストッパー。

東京から来た僕も関西には地震がないということを信じて

地震対策など何もしていなかった。



AM5時45分、僕はふいに目が覚めた。

本棚を見上げた。

カタ、何かが揺れた。

「?」

カタカタカタ・・・

「地震!?」

僕は跳ね起きた。

ドーン!

爆撃のような揺れが下宿を襲った。

寝ていたら僕の顔を直撃していただろう場所に

分厚い本がドサドサと落ちてきた。

下宿のコンクリートの壁にひびが入った。

部屋の中がめちゃくちゃになった。

死者6,434人

負傷者43,792人

避難者30万人

のちに阪神淡路大震災と呼ばれる大地震。

僕はそこにいた。

|

« アメリカのつぶやき | トップページ | 政治的対立を超えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/47318600

この記事へのトラックバック一覧です: 僕はそこにいた。:

« アメリカのつぶやき | トップページ | 政治的対立を超えて »