« ナイロン100℃「世田谷カフカ」 | トップページ | 『11月戦争とその後の6カ月』 »

2009/10/09

村上賢司監督作品「ラブドール 抱きしめたい! 」

本日朝発行の劇団メルマガです。




☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

~ アロッタファジャイナ「!」メール 第27号~

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2009年10月9日発行 ☆★☆

まもなく

アロッタファジャイナ番外公演2009年冬

の告知をさせてもらいますが

今日のところはアロッタファジャイナが協力している

とある映画の告知をさせていただきます。

その映画のタイトルは

「ラブドール 抱きしめたい! 」

です。

あした10月10日土曜日から

渋谷のユーロスペースで公開です。

この映画、

アロッタの過去作品

「ルドンの黙示」や「今日も、ふつう。」

「偽伝、ジャンヌ・ダルク」などに出演している

もはや準劇団員といってもいい

女優の加藤沙織が出演しています。

この映画唯一の人間の出演者です(笑)。

アロッタファジャイナとしては

この映画のキャスティングをいただいたのですが

プロデューサーの要求する身長の女の子が身内にはおらず、

劇団員ではないものの加藤沙織嬢ならぴったりということで

紹介しキャスティングが決まったという経緯があります。

なので、

エンドロールにも

協力のところに

「アロッタファジャイナ」

と出てきています。

映画としては

とても変わった映画で

なによりも監督の村上賢司さんが変った監督さんで

代表作は

「工場萌えな日々」

です。

これは京浜、京葉、多摩、群馬などの

日本全国の工場地帯を激写した映像作品で

工場の配管やその利便性に特化した形状

工場の「美」というものを激写した超マニアックな映像です。

その村上監督が今回ターゲットにしたのは

ラブ・ドールと呼ばれるダッチワイフです。

ダッチワイフと言いましても

ラブ・ドールは、その作りの精巧さが違います。

1体40万円もするその人形たちは

限りなく美しい少女たちに似せられて作られています。

愛されるためだけに作られた人形たち。

いろいろな人形がいて

その中でも美しい人形がいるのですが

名前を「葵」といいます。

はじめて葵ちゃんにあったとき

びっくりしましたよ。

なぜって

それは僕らの仲間のあの葵ちゃんに・・・

とまあ、そんな今にも動き出してもおかしくなさそうな

人形たちの、醸し出す不思議なエロティシズム

そして、美しさ、悲しさ・・・

さすが村上監督という

超マニアックな作品に仕上がっています。

ぜひ、みなさま脚をお運びになってください。

決して下品な作品ではありません。

また10日初日には上映前に舞台あいさつもあり

唯一の人間キャストである加藤沙織も登壇するとかしないとか。

ぜひ足をお運びください。

以下、映画の情報です。

■タイトル
村上賢司監督作品
「ラブドール 抱きしめたい! 」
http://www.lovedoll-movie.com/
(上映時間は66分です)

■内容
ただひたすらに
「ラブドールの美しさ」を堪能するための映画です。
そんな本作の個性を活かすため、
実験的な試みをいくつか行っています。
「セリフ無し」
「ナレーション無し」
「音楽無し」
「撮影は一眼レフ・スチールカメラを使用」
1時間に凝縮された人形の時間を堪能してみてください。

■公開劇場および日時
「渋谷ユーロスペース」
10月10日(土)より10月23日(金)迄
連日21:20より上映。
引続き
「大阪・第七芸術劇場」、「名古屋・シネマテーク」、
「高崎・たかさきシネマテーク」他で、順次公開

■出演
葵、小雪、めぐ、麗、愛、智子、
キララ、空、凛(以上ドール)
加藤沙織

■スタッフ
監督・編集: 村上賢司
撮影・カラコレ: 岩永洋
録音・制作・音響効果:中川究矢
音響効果: 小山太一
ヘアメイク: 筒井智美(プシュケ)
人形演出: 林拓郎(オリエント工業)
構成・プロデューサー: 日下部圭子

■配給
ゼアリズエンタープライズ

■予告編
http://www.youtube.com/watch?v=JDcIMnVXp60


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
アロッタファジャイナ「!」メールは、アロッタファジャイナがお送りするメールマガジン
の総称です。
本サービスはメールマガジン配信ツール「まぐまぐ!」を利用しています。

  ■バックナンバーはこちらから(バックナンバー公開はじめました!)
  http://archive.mag2.com/0000264365/index.html

  ■配信停止/変更手続きについて
  http://www.alotf.com/merumaga.html

  ■ご意見・ご質問について
  http://www.micchi.jp/cgi/kisomail/input.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【発行元】アロッタファジャイナ
      http://www.alotf.com/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
All Rights Reserved, Copyright(C) 2009, アロッタファジャイナ

|

« ナイロン100℃「世田谷カフカ」 | トップページ | 『11月戦争とその後の6カ月』 »

コメント

三島由紀夫、痺れます。「仮面の告白」もいいけど「憂国」もいい。村上賢司の「ラブドール」も。村上・岩永・中川、演出編集・撮影・録音音響効果それぞれの力がミックスされて、小さな作品なのに映画的醍醐味満載。みなさま劇場にお出かけください。それから、実際のラブドールはとても可愛くて綺麗。ぜひ一度触れてみて!
松枝さん、いろいろありがとうございます。

投稿: keikomme | 2009/10/10 02:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/46437146

この記事へのトラックバック一覧です: 村上賢司監督作品「ラブドール 抱きしめたい! 」:

« ナイロン100℃「世田谷カフカ」 | トップページ | 『11月戦争とその後の6カ月』 »