« 金子修介監督作品「ばかもの」ゼロ号試写 | トップページ | 藤澤よしはる版「人間失格」 »

2009/09/04

あそぶ魚

お盆は過ぎているのですが、那須監督のお墓参りに行ってきました。

仕事が目白押しで暇がないので、これ以上後延ばしにしているとお墓参りにいけないと思い、決して時間があったわけではないのですが、行くことにしました。

結果、行ってよかった。

那須真知子さんと二人で行ってきました。

花と水を取り換え

ビールとワインをささげてきました。

本当はお墓で那須監督と一緒に飲みたかったのですが、そういう雰囲気でもなく、とりあえずささげるだけささげて、そのあとは、真知子さんと海まで歩いて、ぴょんぴょん飛び跳ねる魚を眺めた。

飛び跳ねている魚は、トビウオじゃなく、いろんな種類の魚が飛び跳ねていた。

あれはなんでだろうか?なんのために飛び跳ねるのか?海鳥が狙って水面すれすれを飛ぶ。ジャンプする魚は自分の場所を海鳥に知らせるために飛ぶようなもので、なぜジャンプをするのか生物学的な意味がわからない。魚のえさが、空中にあるのか?そうとは思えない。自分の命の危険を顧みずにジャンプする。ほんと、ダンスのように大小様々な魚がジャンプをする。あれ魚にとっての「遊び」なのではないかと、僕が言うと、真知子さんいわく「魚には痛覚がないらしい。痛覚のないやつらが遊んだりはしないんじゃないの?」とのこと。

魚って痛覚がないのか。

ググったら、そういう意見もあるし反対意見もある。

定説がないということか?

というか「痛み」という考え方自体が、非常に哲学的な問題をはらんでいるようだ。

しかし、魚がぴょんぴょん海の上を飛ぶのはなんでなんだろうか。求愛行動か?

考えてもわからない問題だ。いつか僕がその答えを知る日は来るのか。

とりあえず、日が暮れてきたので、海の見える居酒屋に入る。

真知子さんと二人、那須監督の思い出を語りあった。

あらためて那須監督って素敵だなあと思わずにいられない。

那須さんがどうステキだったかを語ることはできる、いくらでも。

だが、どんなに言葉を尽くしても、あの素敵な人を実際に知らない人は、これからも永遠に那須博之の素敵を実感できることはないだろう。

あの人を超える人はこの世にいない。

本当に那須さんの素敵さをみんなに教えたかった。

安川とかみんな会ってないんだよね。

会ってたらなんて言ってるだろうか。

あるいは那須さんになんて言われているかな。

興味あるけど、一生答えを知ることはないことだな。これも。

Umi2

写真は僕が撮ったもんじゃなくてここから拝借してきました。

|

« 金子修介監督作品「ばかもの」ゼロ号試写 | トップページ | 藤澤よしはる版「人間失格」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/46119679

この記事へのトラックバック一覧です: あそぶ魚:

« 金子修介監督作品「ばかもの」ゼロ号試写 | トップページ | 藤澤よしはる版「人間失格」 »