« 君は現代の家族の問題をなめている! | トップページ | アフタートーク飲み参加あり。 »

2009/07/24

「家族」の気配

「溺れる家族」始まりました。

予想外に当日で来られるお客様が多く

大混乱でした。

受付でご迷惑をおかけしたお客様がた申し訳ありません。

ふたを開けてみると賛否両論の嵐です。

しかし何はともあれ、僕らは突っ走るだけです。

ご観劇いただいたら、コリッチにご感想を書き込んでください。

PC
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=10478

携帯
http://www.corich.jp/m/s/stage_detail.php?stage_id=14165

よろしくお願いします。

 

さて、二日目。

本日は昼の回、夜の回があります。

昼の回はがらがらなんで(^^;

お気軽に見に来てください。

ということで溺れるアフタートーク繰り広げられていますが

昨日は斎藤学先生と感激のトークができてうれしかったわけですが

観客的にはどうなのかと不安だったのですが

アンケートには面白かったとの意見が多かったのでホッとしています。

斎藤先生ありがとうございました。

 

で、本日のアフタートークゲストは

映画監督の熊切和嘉監督です。

簡単にご経歴を紹介させていただきます。

熊切和嘉
 映画監督。
 1974年、北海道生まれ。
 北海道帯広柏葉高等学校、大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。
 卒業制作『鬼畜大宴会』が「第20回ぴあフィルムフェスティバル」で準グランプリを受賞し話題になる。同作でベルリン国際映画祭招待。またタオルミナ国際映画祭ではグランプリを受賞。
  「鬼畜大宴会」1998年
  「空の穴」2001年
  「夏の花火編〜あさがお」2003年
  「冬の花火編〜妹の手料理」 2003年
  「アカン刑事(最も危険な刑事(デカ)まつり)」2003年
  「アンテナ」2003年
  「揮発性の女」2004年
  「フリージア」2006年
  「青春☆金属バット」2006年
  「ノン子36歳(家事手伝い)」2008年
 最新作「ノン子36歳(家事手伝い)」(主演、坂井真紀)は「映画芸術」の2008年度日本映画ベスト1に選出された。

僕は熊切監督の映画が大好きで、これまた斎藤学さんの場合とおんなじで、アフタートークゲストに出ていただけるとは思っていなかったんですけど、メールをしたら「僕でよければ」みたいなメールをいただき、よければどころか是非に!!とお願いしました。僕は小劇場界だけで意味なく回す閉じたアフタートークゲームは嫌い(意味があれば別)なので、外部の、演劇なんてどうよみたいな場所にいる人との交流の場にしたいわけです。だから昨日は斎藤学さん、今日は熊切和嘉監督。

熊切さんの映画には「家族」の気配があります。直接描かれるのは「アンテナ」だけですが、「空の穴」にせよ「揮発性の女」にせよ「ノン子36歳」にせよ、僕は家族の気配を感じるのです。芝居のダメ出しを聞きながら、熊切監督と「家族」についてお話ししようと思っています。ぜひ見に来てください。

あと、芝居後には「スナック・ミチコ」が開店します。

飲みながら、お客様と話せて昨日はものすごく楽しかった。

ミチコママの手料理も安川のエロカワエプロンも評判でした。

今日もぜひ、「スナック・ミチコ」にお立ちよりください。

-------------
7月23日から27日まで新宿タイニイアリスで芝居をします。
「溺れる家族」

Photo

詳細は次をクリック。
「観たい」に書き込みよろしくお願いします。

PC
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=10478

携帯
http://www.corich.jp/m/s/stage_detail.php?stage_id=14165

ぼく松枝佳紀インタビュー
http://www.tinyalice.net/interview/0907matsugae.html

|

« 君は現代の家族の問題をなめている! | トップページ | アフタートーク飲み参加あり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/45725831

この記事へのトラックバック一覧です: 「家族」の気配:

« 君は現代の家族の問題をなめている! | トップページ | アフタートーク飲み参加あり。 »