« 家族がいるからこその絶望 | トップページ | 「せりふの時代」8月号 »

2009/06/29

東大ってすごい。

新津の結婚式に出た。

奥さんがかなり美人。佐々木希似。あれじゃ何が何でも結婚するわな。

おめでとう。しあわせに。

それから「溺れる家族」。

現在、絶賛、チケット発売中です。

http://ticket.corich.jp/apply/14165/001/

そうそう、前々回のブログエントリー「僕の京都大学」の最後に、「ちなみに日銀に入ってからは、東大やっぱすげぇと思うことが多かった。その話はまた明日にでも。」と書いておきながら「東大すげぇ」話はしておらず気になっていた。もちろんそんな口約束はどうでもいいんだが、おれA型なんで、気になって、胃が痛くなるほうなんで、書いておかないと、精神衛生上よろしくないんで、そんな話を今からします。

前回の「僕の京都大学」的なことで言うと、京大生は本音重視で、裸の王様に「おまえなんで裸やねん」と言えるパワーがあり、そいつはすごいんじゃ、というようなことを言ったわけだが、その逆の話。

日銀に入って思ったのは「裸の王様って偉いんや」ってこと。

どういうことかと言うと、まず僕は経済学部で、そこ卒業して日本銀行に入ったわけなんだけども、京都大学では、基本、現在の主流派経済学(いわゆる教科書的マクロ経済学、ミクロ経済学)は、「裸の王様や」ということを最初っから叩き込むわけです。

どういうことかと言うと、京大生は1回生のときから、斜に構えているというか、先輩たちの言っている主流派経済学批判の受け売りをするというか。僕も多分にもれずそうで、ちゃんと主流派経済学(いわゆる教科書的マクロ経済学、ミクロ経済学)をやりつくしていないにも関わらず、哲学的な批判に飛びついていて、複雑性の経済学とか、文化経済学とかに加担をしていたわけです。もちろん、そんな中でも、僕は結構きちんと主流派経済学についても修めたほうなのだけども、だいたい京大の授業がちゃんとマクロミクロをやらない(もしかしたら今はやっているかもしれないが)。教える教授たちがマクロミクロを信じていないんだからそうなるわけ。で、ちゃんとやっている経済学者、池尾和人先生や伊藤秀史先生なんかは京都大学を辞めていくから、ますます進化経済学とか傍流が、京都大学では主流となっていく。

日本銀行に入って驚いたのは日本の経済政策というか金融政策にはきちんと主流派経済学が使われているということ、そしてそのツールとしての主流派経済学を(東大の人間と比較してだが)きちんと修めてないことをかなり後悔したし、逆にがんばって勉強した。

東大ってすごいのは、ちゃんとツールを使いこなしている。ちゃんとツールをツールとして教えている。「裸の王様」を崇めている。

馬鹿にしているわけじゃなくて、「裸の王様」にたいして「おまえ裸だよ」と言うことの偉さもさることながら、そもそも裸だろうがなんだろうが「王様」は「王様」だよというところに力点のある東大のほうが使えるというかすごいんだなと、日本銀行に入って思った。

独創性なんて、そう必要じゃないんだよ。

むしろ大事なのはきちんと大量生産できることで、製品管理をできることで、そう考えると東京大学は「正しい」教育機関なんだなと思う。

整備されていることのすごさというか。

しかも、ちゃんとツールとしての経済学を修めているだけじゃなくて、それを的確に迅速に扱う。たとえば、IS-LMモデルやAD-ASモデルを暗算で頭の中で回せるというか。僕は上司と話していてびっくりしたことがある。そんな高度なシミュレーションを暗算でやるかと。もちろん、コンピューターで計算すればいい話だが、コンピューターが頭の中に入っているって、実はすごいことだ。そこには主流派経済学への疑問なんて必要じゃない。むしろ疑問は害悪だ。

修正はいい。主流派経済学の領地を前提にし、そこを先に延ばすというか、改良修正するのは大いに結構。だがそれをそもそも批判してどうするかということ。

確実に言えることは、進化経済学や複雑性の経済学なんてものでは政策運営はできないということだ。

もちろん、主流派経済学の曖昧な部分はある。それはそれでつつけばいい。学者がね。で、100年に一度のマッドサイエンティストが、大発見をして、別のフレームを見出すかもしれない。その可能性はゼロといえないのでやればいい。やればいいが、そこは限界的な活動でしかなく、ど真ん中では東大的な「主流派経済学をびっくりするスピードで正確に扱う」能力というのが重宝されてしかるべきなわけで。そういう意味で、「東大すごい」「裸の王様って偉いんや」そう気づいたのが日本銀行に入ってだったという話。

ちなみに、東大の奴にあれれな人がいるのも事実で、びっくりしたのは、日本銀行に入ったとき、東大の法学部を卒業したやつに、「おれ東大法学部だけど、普通に話しかけてくれていいから」と笑顔で言われた時には、おまえなにもの?と思った(笑)。

そういうのはあるけど、でも総じて東大はすごいのだ。そういうこと。伝わった?伝わってなくても偉いの。東大は。以上おわり。ちゃんちゃん。

-------------
7月23日から27日まで新宿タイニイアリスで芝居をします。
「溺れる家族」
http://alotf.cocolog-nifty.com/nikki/2009/06/post-4d0c.html

http://www.alotf.com/

詳細は次をクリック。
「観たい」に書き込みよろしくお願いします。ほんとに。まじで。

PC
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=10478

携帯
http://www.corich.jp/m/s/stage_detail.php?stage_id=14165

ぼく松枝佳紀インタビュー
http://www.tinyalice.net/interview/0907matsugae.html

|

« 家族がいるからこその絶望 | トップページ | 「せりふの時代」8月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/45487097

この記事へのトラックバック一覧です: 東大ってすごい。:

« 家族がいるからこその絶望 | トップページ | 「せりふの時代」8月号 »