« 金川真大被告の手紙 | トップページ | 舞台「わたしは真悟」の思い出 »

2009/06/20

インタビューされたぜ。

ブログさぼってました。

アロッタファジャイナ主宰の松枝です。

質問くれた津川さんとかにお返事書こうと思っていたのですが

ごめんなさい。

あふれる仕事、仕事、仕事・・・絶望的な日々を送っておりました。

というかまだ仕事の嵐のただ中なのですが

7月の舞台、稽古も始まっており、まもなくチケット予約も始まるということで

劇団主宰としては、宣伝もしなきゃいけない状況でして

つまり宣伝させていただきます。

7月、新宿タイニイアリスでやります舞台

「溺れる家族」

いろいろ、やばいことになっています。

良い意味でね。

3月にやった「偽伝、ジャンヌ・ダルク」はある意味実験でした。

今度7月にやる舞台は商品としての舞台になります。

商品と言うのは、ちゃんとしてるってことです。

もちろん、とは言っても、ぎりぎりまで攻めます。

家族とはなにか。

日本とは何か。

現代とは何か。

攻めます。

そのあたりインタビューをされました。

アリスインタビューと言うやつです。

アリスインタビュー

「時代から目をそらせなくなる作品に。「家族」や「現代」といま戦う」(松枝佳紀)

インタビュアーはワンダーランドという渋い演劇批評サイトを運営している北嶋孝さんという元共同通信社の記者さんです。

普通話さないことも話してしまいました。

写真も載っていて、イケメンでないことがばれるので見ないでください。

ちなみに、これから

ここ「松枝日記」毎日更新します。

あ、意味なく宣言してしまった。

それでは、また明日。

-------------

7月23日から27日まで新宿タイニイアリスですげぇ芝居をします。

「溺れる家族」

Photo

詳細は次をクリック。

PC携帯

|

« 金川真大被告の手紙 | トップページ | 舞台「わたしは真悟」の思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/45397001

この記事へのトラックバック一覧です: インタビューされたぜ。:

« 金川真大被告の手紙 | トップページ | 舞台「わたしは真悟」の思い出 »