« 「余命1ヶ月の花嫁」 | トップページ | 「溺れる家族」公演情報 »

2009/06/05

最近、男が泣くよね。

最近、再び忙しくなっている。
なぜ締め切りと言うのは重なるのだろうか・・・。

ある日。

13時某芸能事務所で打ち合わせ。
僕の愛する(笑)O部長と。
密談多数。
これはほとんどビジネスを逸脱している。
愛だ(笑)

終わり、新宿
「スラムドックミリオネア」を発作的に見る。
一人で見るのもあれなので
斉藤新平に電話をして呼びつける。
観終わった後、新平を地元まで連れて行きいろいろ。

と、W宮亮くんから「軽く飲みませんか?」とメール。
僕の地元まで来てもらい飲むことに。
ボトルを置いている長崎料理の飲み屋に。
とカウンターに男が一人。
気にせず横に座ると、「おい」と恐ろしい声。
因縁をつけられるのかと思い見ると
TBSの短編ドラマの時のラインプロデューサーのMさん。
すごい久し振り。
話すとなにやら明日クランクインするらしい。
しかも監督作品。
「監督するんですか!?」
とびっくり。
Mさんは僕と話したそう。
だけど僕は亮君とはなすことが今日の目的。
亮君とはいろいろ有意義な話ができた。
僕はまだ彼にしてやれることがある気がした。
一緒にまたやろうという悪だくみをした。
ちかぢかそれが形になればいいな。
セクシーと言われるようになったのはルドンからだと言っていた。
もっと彼の可能性を引き出したいと思った。

テンションあがり、帰って朝まで執筆。

翌日。

13時新宿でアリスインタビューを受ける。
アリスインタビューとは
劇場タイニイアリスで芝居をうつ劇団主宰が受けるインタビュー。
7月23日から「溺れる家族」という芝居を打つ。
それにともなっての取材である。

取材を担当するのは北嶋孝さんという共同通信社の記者さんだった方。
齢60ぐらいだろうか。
繊細さがいい具合に円熟した方だと感じた。
最初30分と言われたのに、話すのが楽しくなり、
結局1時間話してしまった。
書けること書かれてはまずいことあるので
あとでゲラが出来上がってから訂正することにしよう。
にしても、高校生ぐらいからの自分人生についてかなり詳細に語ってしまった。
途中からなんの取材か忘れて、なにやら人生の告白のようになってしまったが、うまく編集してくれるとのこと。
北嶋さんは好きだな。
小学館のW辺さんに似ているところがある。
僕は知識人が好きだ。

そのあと
マイベストビューティーから電話。
いま***にいるから会えないかとのこと。
会う会う会います。今すぐ会います。
またしても僕の住んでいる駅まで来てくれた。
密談。かなり将来を決める密談。
了承してくれるとうれしい。
話は相変わらず盛り上がる。
舞台のこと映画のこと日本のこと世界のこと。
ものすごく知的刺激を受ける。
彼女も知識人なのだ。
やっぱり僕は知識人が好きなのだと思う。

その後
最も親しいはずの一人から
ダークメールをもらう。
撃沈。
日中の二つの打ち合わせでテンションが上がりまくっていたが急降下。
この世のものとは思えぬ悲しい気持ちになる。
というか泣いた。
最近、男が泣くよね。と思った。

翌日。

風呂に入りながら成瀬巳喜男「浮雲」をみていたら14時。
「!」
歯医者を予約していたのを思い出しダッシュ。
間に合う。
銀歯をするか、グラスファイバーでつくった歯を入れるか選択を迫られる。
銀歯2000円
グラスファイバー1万円
迷う間もなく、「銀歯!!」と即答するも、医者に粘られる。
結局、根負けしグラスファイバーにする。
この金のない時に・・・

歯医者から家に戻ると
ドアのすきまに、昨日のダークメールの送り主から暴言を謝る手紙。
近くにいると思い携帯。
やはり近くにいた。
喫茶店に行く。
話す。
おだやかに。
思うことを僕は述べた。
向こうはどうかわからない。
ただダークメールをもらったおかげで、お互いにいい結論を出せたのじゃないかと思う。
結果として。
あまりに近くあり過ぎた。
良かれと思ったことが逆にアダになることもある。
お互いの甘えがいけない。

「せりふの時代」からゲラ稿が速達される。
はじめてみたぜ、雑誌のゲラってやつを。
手書きで書いてあるんだね。
直したい所をいくつか見つける。
がどう、このゲラに書き込んでいいのか分からない。
問い合わせる。
しかし、ついにとうとう載るんだなと実感。
これは7月1日に発売となる「せりふの時代」夏号の特集
「短編戯曲の饗宴」
に載る書き下ろしの僕の短編戯曲。
ほかには別役実さんなんかも書きおろしているみたい。
先生の戯曲と並ぶことになるのか!?
うーむ、どうなんだろうか。
090605_154013_m

-------------

7月23日から27日まで新宿タイニイアリスで芝居をします。

「溺れる家族」

Photo

詳細は次をクリック。

PC携帯

|

« 「余命1ヶ月の花嫁」 | トップページ | 「溺れる家族」公演情報 »

コメント

別役さん(僕のハンドルネームの大本?は別役さんの童話のタイトルからとってるんですよー。)の戯曲といっしょっすか、新旧?お気に入り脚本家の共演かぁ、「短編戯曲の饗宴」ぜったい買います!
タイトル「奇蹟」って、それだけでそそられますな。

#校正記号表一緒におくられてこないんすか?

投稿: 猫ぴ@もか組 | 2009/06/05 20:22

ちょっ…新平くん、呼び出して亮くんからメール来て、新平くんとは、そこでバイバイですか?私の大事な新平くんを邪険にしないで下さいm(__)m松枝さん。よろしく頼みまする。新作期待してます。

投稿: タバサちゃん | 2009/06/07 02:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/45244380

この記事へのトラックバック一覧です: 最近、男が泣くよね。:

« 「余命1ヶ月の花嫁」 | トップページ | 「溺れる家族」公演情報 »