« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/03/31

なんと衣装も2バージョン☆

はい。
稽古佳境のアロッタから松枝が来ましたよ。

Alotf002

ご報告があります。

今回、役者ダブルキャストで
芝居もツーバージョンあるのですが
なんと
衣装もツーバージョン。
バージョン・フォーマル

バージョン・ラフ。

つまり・・・
ツーバージョン×ツーバージョン
で4バージョンあるってことですね。
うわー。
頭が混乱しますね。

次のようなことになっています。

4/7
19:30ホワイト(フォーマル)

4/8
19:30ブルー(ラフ)

4/9
16:30ブルー(フォーマル)
19:30ホワイト(ラフ)

4/10
16:30ホワイト(ラフ)
19:30ブルー(フォーマル)

4/11
13:30ホワイト(ラフ)
16:30ブルー(ラフ)
19:30ホワイト(フォーマル)

4/12
13:30ブルー(ラフ)
16:30ホワイト(フォーマル)
19:30ブルー(フォーマル)

4/13
16:00ブルー(ラフ)
19:00ホワイト(フォーマル)

4/14
16:00ホワイト(ラフ)
19:00ブルー(フォーマル)

おもしろいんでぜひ2バージョン見ていってくださいな!

Alotf001

ちなみに写真は僕です。

 

うそです。

若宮亮くんを盗撮しました(笑)

-------

「偽伝、ジャンヌ・ダルク」

2009年4月7日~4月14日

池袋シアターグリーン・BASEシアター

詳細情報はこちら
 ↓
http://www.alotf.com/
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=9146

学生特割はじめました。
--------
◎学生特割(受付で学生証提示)
前売1,000円
(現役中学生・高校生に限ります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/30

反乱の声

あー、
疲れすぎて
稽古から帰れば
いつも爆睡、マツガエです。

稽古稽古の毎日です。
余裕ないっス。

なんでこの時間かっていうと
帰って書こうと思って爆睡して
なんかいまふと目が覚めた。

稽古は本番一週間前のこの時期が一番苦しく、そして楽しい。
だからやめられない。

みんなが悲鳴を上げる。
「このまんまじゃ、やばい!」
ルドンの時も
今日もふつうの時も
1999.9年の夏休みの時も
いつでもそう。
その悲鳴は僕の頭上を飛び越えて反乱の声に変わる。

みんなが
信頼と不信
高揚と沈滞
希望と絶望
両極端を揺れ動く。

この「身震い」の時期がなければ、良いものは出来上がらない。
僕はこれまでの作品を通してそれをつかんできた。

僕が書き僕が演出する僕の作品を
僕以上にみんなが考え心配し愛し行動する。
いま、その時間が始まった。

-------

「偽伝、ジャンヌ・ダルク」

2009年4月7日~4月14日

池袋シアターグリーン・BASEシアター

詳細情報はこちら
 ↓
http://www.alotf.com/
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=9146

学生特割はじめました。
--------
◎学生特割(受付で学生証提示)
前売1,000円
(現役中学生・高校生に限ります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/26

気分はトリコロール☆

フランスの国旗。

青白赤の三色旗トリコロール。

青は自由。

白は平等。

赤は博愛。

っていうけど

赤は絶対血だと思うんだよね。

血によって青と白を獲得せよ。

「偽伝、ジャンヌ・ダルク」

まさに

チーム・ブルーは自由です。

チーム・ホワイトは平等です。

まあ、自由はおもに竹内勇人だが(笑)

演じる人が違えば、こんなにも違う。

あるいは見え方が違ってくる。

お金と時間に都合があえば

ぜひ両方見ていってください。

ちなみに昨日の稽古終わりでは

竹内勇人に「ブルーの稽古が少なくないですか?」

と問い詰められてしまった。

確かに少ない。

ていうか、いまのところブルーのほうが面白さでまさってる(あ、言っちゃった)。

なのでホワイトの直しに時間がかかってしまっている。

そういうことなのよ、勇人君。

ブルーに冷たくしてるわけじゃないんだよ。

というか青木ナナ、面白いんだから早くセリフを入れろ(怒)

ブルーとホワイトのWBC。

おとといはホワイトが1:4で勝った。

昨日は6:4でブルーが勝った。

さて今日は、どっちが勝つかな。

-------

「偽伝、ジャンヌ・ダルク」

2009年4月7日~4月14日

池袋シアターグリーン・BASEシアター

詳細情報はこちら
 ↓
http://www.alotf.com/
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=9146

あ、学生特割はじめました。

◎学生特割(受付で学生証提示)
前売1,000円
(現役中学生・高校生に限ります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/25

WBC日本優勝はうれしい。

稽古、むちゃんこ順調だよ。

Alotf1115

(↑これ稽古後マックのうちあわせ。)

でも、一日そればっかなので

もう世捨て人だね。世捨て人。

でも、そんな世捨て人でも

WBC、日本優勝はうれしいぜ。

おめでとー。

って、みんなブログに書いてるから

さみしいから書いてみた。

俺、みてなかったけど。

夜、

スポルトでみたけど

ちゃんとリアルタイムでみればよかったorz。

おれも日本とともに燃えたかった。

スポルト、ちゃんと燃えられる編集してよ。

遅い時間にやってるんだからさ。

・・・

ま、いいさ。

俺たちも戦ってる。

ちょっと稽古場で切れすぎ?

しかし昨日はなごやかな稽古場だった。

若宮亮が不調だった。

でもいつもがんばってるので怒る気にはならない。

「ちゃんと寝ろよ」

である。

寝ないとね、実力も発揮できませんよ。

うんうん。

安川も歌うたっていたし、

あれ?意外にいいじゃんて。

(あいつのブログだとなんか俺、変な人として書かれているが)

昨日は、長すぎの台本を短くするために

切ろうと思っているシーンをみんなにやってもらった。

これが意に反して面白いわけですよ。

切りづれー。

台本上、無駄情報が多いから切ろうと思ったけど

役者たちが一生懸命考えてきてるから

面白くてね。ちょっと悩み中。

ホワイトとブルー、対抗していてさらにおもしろい。

Alotf1116

さて、今日も稽古だが

開幕の時間が刻々とさしせまっている。

時間が足りない。

もっとがんばらねば。

がんばるぜ。

-------

「偽伝、ジャンヌ・ダルク」

2009年4月7日~4月14日

池袋シアターグリーン・BASEシアター

詳細情報はこちら→劇団HP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/24

タイプ別性格判断

 
稽古がんばってます。
 
14人で必ず良いものをお届けします!!
 
で、タイプ別性格判断。
 
ダルカラの主宰、谷さんのブログは超博学で読んで面白いブログの見本のようなブログなのだが、そこで紹介されていたタイプ別性格判断と言うのをやってみた。

http://www.playnote.net/archives/001217.html

ていうか谷さん、「ジャンヌダルク」のようなんだね・・・。

僕の結果は次。

あああああ、あたってる・・・。
適職の一つに写真家と出た。
なんかうれしい!!

------------------------------


ENTP型:次から次へと挑戦する


創意に富んでいて、本職であろうと余技であろうと、いろいろな活動に手を出す。
際限なく可能性をみいだすN型に、客観的に決断をくだすT型と外向的なE型があいまって、何をやっても新しい着想や夢のような計画を持ち出す。

EP型はたいていそうだが、ENTP型も、すでにあるアイデアを実行に移してやり遂げるよりも、新しいアイデアを追い求めるほうが楽しいと思う。
しかも、この世はチェス盤のようなもので、みんながうまくいくように駒をーそれも自分がー動かすべきだと思っている。

とどのつまりは自分だけでなくほかの人も巻き込み、新しいことに次から次へと挑戦する結果となり、悪くすると、きりなく夢を追って中途半端に終わってしまいかねない

家庭にしろ職場にしろ趣味にしろ、それがどんなにうまくいっていても、もっとよくできるはずだと思う。

また、一か八かやってみるタイプなので、うまくいけば大もうけをするが、失敗するとすってんてんになる
だから、ENTP型の人生は(本人だけでなく、周りの人たちにとっても)、予測できないアップダウンや急カーブが続く、スリルに満ちたジェットコースターのような人生になる。

一般にT型の女性は社会で流れに逆らって生きる傾向があるが、ENTP型だとことのほか厄介である。

客観的な面が、当意即妙の頭の良さや競争心、議論好きなどの形であらわれると、たいていの男性から敬遠されてしまう。
とくに古めかしいシステムや人物を相手にすると、ついその限界を試してみるたちである。

競ったり試したりする性質は人を萎縮させたりうんざりさせたりするが、面白いことに、ENTP型の男性の場合は、その同じ性質がプラスのイメージに見られる。

もっとも、違うタイプの人をうんざりさせるという点ではかわりない。


親子関係

ENTP型は、親というのは子どもに発達し成長する機会を与えてやるものだと考えている。

だから、家のなかには最新の本やアイデア商品や流行の物があふれていて、子どもにきちんとしたりスケジュールを守らせたりするよりも、こうしたものに挑戦させる。

「自分を伸ばす」のをモットーとして、子どもがそうする手助けをするのが親の務めだと思っている。

子どもがついていけないほどの思いつきや可能性を毎日のように示し、子どもが自分の力を知って伸ばすのに手をかすことが愛情の表われだと思っているので、抱きしめたりキスをしたりといった愛情表現を犠牲にしてまで、その方針を貫こうとする。

挑戦や新しい着想を大事にするので、落ち着きのない暮らしぶりになってしまう。

ENTP型の子どもの場合は、それがつむじ風のような目まぐるしい行動になって表われる。

毎日が何かを工夫したり、友達をつくったり、夢のような計画を立てるチヤンスとなる。

たとえば「ごみを出してちょうだい」と親から頼まれただけで、人手を使わずに台所から裏庭へごみを出す方法を考えて何時間も過ごしたりする。
しかも、それは友達を呼んできたり、あれこれ実験してみなければならないような工夫なのである。

それは勉強のしかたにも表われる。教えてもらうより、自分でやってみて学ぶほうだ。
それもグループでアイデアを交換したり、意見をたたかわせたり、挑戦するのを好む。

決まりきったことや決められたものには退屈するたちなので、宿題は忘れるか、さっさとやってもいいかげんになりやすい。
つまらないものや挑戦のしがいのないものだと、「勉強」と称して自分で変えてしまうこともある。

こうした行動はタイプの違う生徒や先生にフラストレーションを起こさせ、けっしてよい結果にはつながらない。

ENTP型の生徒はそうした先生に敬意を払わなくなり、成績もかんばしくなくなる恐れがある。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/03/23

「偽伝、ジャンヌ・ダルク」台本完成☆

4月7日から池袋シアターグリーンBASEシアターで開演

「偽伝、ジャンヌ・ダルク」

Kouho01

小屋入り2週間前にしてやっと台本完成。

いや完成と言うか初稿なんだが。

しかし、どんぐらい削っていいかわからないので

本読みで通し。

1時間52分。

ながい。

やはり30分は削らねば。

(音楽と動きを入れるとさらに伸びる)

今回は上演時間90分ちょいが目標。

が、傑作である。

確信。

問題は役者をあと2週間で成長させられるか。

あとはそこにかかっている。

これからの2週間はそこに注力。

今回芸能的に目立つキャスティングじゃないけど

見に来たほうがいいと思います。

よろしく。

中学生高校生は1000円でお見せします。

あといい本完成したからようやく本気でご案内メールができる(^^;

ちなみにこの写真俺撮影おれ画像処理。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/21

ショーン・ペン監督「Into the Wild」

高校2年生の時の話になる。
大人になることは汚れることで、
ぼくは汚れることから
なんとかして逃がれたいと考えていた。

考えられる方法は、世を捨てることだった。

僕は雨合羽、ロープ、懐中電灯、ナイフ、釣り糸など
考えられる装備をリュックにつめると
○○山を目指して○○線に乗った。
なぜ○○山かと言うとそこから西に広がる
山の中は国土地理院の詳細地図をみても
道のない世界が何万キロ平方メートルも広がる
僕にとっては「前人未到」の地にほかならなかったからだ。

文明と一切かかわらずに生きていけるような自分になる。
それを想像することが僕を興奮させた。
その向こうには本当の生を捕まえた僕がいるはずだった。

山道を登る足取りは軽く
早々に3時ぐらいには、
もってきた詳細地図では道なき山林となっている
山の中に踏み入っていた。
行けるような気がする。
なんか行けるぜ俺。
走り出した先には川があった。
空を見上げる。
まだ暮れる気配はなかったが
暮れてからではおそい。
僕は食料を手に入れなければいけない。
川を覗けばたくさんの魚。
もってきた釣り糸が役立つ時だ。
興奮して準備するが餌がない。
なんか昆虫を探すがいない。
うむ次はナイフをもってそれっぽい木の枝を探す。
銛をつくって、魚を採る戦法。
枝をとがらせる。がぷかぷか浮くので無理。
やはり矢じりは重くないと。
それらしい石を探す。
割ってとがった部分を手に入れる。
うん。それらしい。
釣り糸で枝に縛りつけ銛の完成。
だがそんなことをしているうちに
日が暮れてきた。
・・・・
今日は飯は断念しよう。
と思ってるうちにパラパラと雨が降ってきた。
さっそく雨がっぱ活躍。
しかし寝床をどうかしないとだいぶ暗くなってきた。
山の宵は急激に暮れる。
魚をとるため悪戦苦闘した岩場をうろうろしていると
それらしい岩。
雨宿りができる。
その岩のすきまで一晩明かすことにしよう。
懐中電灯をつけたまま僕は
山登りの疲れもあってすぐに眠ってしまった。

夜中
声がする。
目を覚ます。
犬を連れた巡回警備のおじさんが
懐中電灯のあかりで僕を照らす。

「こんなとこで何してるの?台風きてるから、ここ水没するよ」

マジっすか。
おじさんにお礼を言うと僕は真っ暗な山の中を再び歩き始める。
しばらく歩くと○○神社に出る。
そこには宿坊があり宴会の明かりがもれていた。
ぐうっと腹の鳴る僕。
宿坊の裏に回るとそこは厨房、誰もいない。
悪いこととは思いつつも
ちょっとだけならと中に入る。
冷蔵庫から飲み物を頂戴。
(あとで飲んだら、焼酎を割るソーダで味がなくてまずかった)
・・・
そのまま中に入る。
いかにも泊っている人のようにふるまい
空いている部屋を見つける。
中に入る。
よし。
志的にはかなり妥協だけど
外は雨だし台風だし、
今日はここに寝させてもらうことにしよう。
とはいうものの、
なんかドロドロのまま布団を使うのも悪いな・・・
思うと部屋に荷物を置いて廊下に出る。
「温泉こちら」の表示。
・・・
温泉につかる僕。
気持ちよすぎる。
タダ風呂っていいなあ。
風呂から出たところで
宿坊の従業員と会うがいかにも泊り客のようにふるまい会釈。
むこうも笑って会釈。
ぜんぜんありじゃん。
そして部屋に戻ると布団のしまってある押入れの中で寝た。

朝起きると台風は通過しており
さわやかな空気。
見つかってはやばいから
さっさと出かける。
外に出る。
うん、十分冒険した。
家に帰ろう。
○○神社にお参りすると
ただ寝ただ風呂ただ食いごめんと謝り山を下りた。

・・・・

何が言いたいかと言うと
誰にでもそういうことはあるということ。

でも、
ショーン・ペン監督「Into the Wild」
こいつはすごい。
ぼくらの、そういう
ありがちな世捨て願望を徹底した人間を描く。
共感とそのむこうにある光。
書かれている事実のすごさだけでなく
それを冷徹に分解し再構成し映画にする
その作業がすごい。
決して何も起こっていないのに
最後まで息をつかせずに引っ張る。
撮影は
エミール・ハーシュ演じる主人公の人生の時間を順撮りで撮り
編集で構成をこのようにしたらしい。
編集の力がすごいということか。
それからメイキングの
エミール・ハーシュは幼く可愛いのに
映画の中のエミールはすごい。
これぞ役者だね。
必見です。

イントゥ・ザ・ワイルド@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/20

重大発表☆

マツガエです。

本番まで2週間ちょっととなりましたが

ここにきて

重大発表があります。

次回公演

「偽伝、ジャンヌ・ダルク」

は、主演の安川結花をのぞき

ダブル・キャストの予定でしたが

急きょ

時間堂から客演の菅野貴夫くん

うちの劇団の始祖鳥、ナカヤマミチコ

この二人も追加でシングルキャストとすることとなりました。

理由については

芝居を見ていただければおわかりいただけるかと思います。

基本ダブルキャストなのは変更ありません。

チーム・ホワイト

チーム・ブルー

違った世界を見ることができると思います。

今回、話が少々難しくなっておりますので

2度ご観劇いただければバッチリなんじゃないかと思います。

確実に両方面白くなってきています。

楽しみにしていてください。

今回、稽古はいつも以上に修行の様相を呈しています。

みな苦しみながら楽しむ。

苦しいことが楽しい。

みんな掘り進んでいます。

作演出の僕、出演者のみんな

確実になにかを得つつあります。

ぜひ、皆様も

4月7日から14日

池袋シアターグリーンにて

何かを得て帰ってください。

http://www.alotf.com/

あと2週間。

もっと沢山のものをつかめるように

たゆまず努力します。

WBCジャパンに加えて

ぼくらの応援もよろしく!

(稽古場の様子は以下の公式ブログで)

http://alotf-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-9347.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/09

出演者はどう考えているか。

メルマガより抜粋。
http://archive.mag2.com/0000264365/index.html

┏━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2 ┃  出来事2------【出演者はどう考えているか。】
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回公演「偽伝、ジャンヌ・ダルク」には大小さまざま13人の出演者がいます。
彼ら彼女らがどのような気持ちで今回公演に臨んでいるのでしょうか?
三つの質問をしてみました。

(質問1)今回の公演に参加する自分なりの目標などあれば教えてください。
(質問2)ぶっちゃけ今回の稽古どうですか?
(質問3)新しい台本に取り組む時一番気をつけていることはなんですか?

さてどのような答えがかえってくるでしょうか!?
次回のメルマガで、その答えを披露しようと思います。
みんながどんな思いで芝居を作っているのか
その一端でも感じてもらえればうれしいです。
乞うご期待!!

また皆さんからキャスト・演出にたいする質問も大募集です☆
聞いてみたいこと、あれこれ、募集中☆
メルマガ誌上にて、キャスト・演出が回答いたします(^^)
質問のご応募はこちらから・・・

http://www.micchi.jp/cgi/kisomail/input.html

(ペンネーム希望のかたは、忘れずにその旨をお知らせくださいね)

みんなも「偽伝、ジャンヌ・ダルク」にぜひ参加してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/07

スピード出世

「偽伝、ジャンヌ・ダルク」

クチコミサイト、コリッチ舞台芸術で

早くも注目公演の1位になってしまった。

http://stage.corich.jp/access_stage_ranking.php?sort=2&d_type=w

はやい。

はやすぎる。

公演まであと1か月。

予定では10日前ぐらいまで5位ぐらいをうろうろし

10日目を切ったあたりから順位上昇と言うイメージだったのに

もう1位。

うれしい。

が早すぎる。

これから順位落ちていくんだろうか・・・

皆様の清き一票をお待ちしております。

「観たい!」に一票を。
http://stage.corich.jp/stage_hope_detail.php?stage_id=12388

書き込みいただき

舞台を見に来てくださった方には

特別メイキングDVD「偽伝の偽伝」を差し上げます。

書き込みいただいたのち

「**という名前で書き込みしたぜ、このやろ」

というメールをalotfアットマークenmel.comまでください。

よろしく!

ちなみに見に来なくてもいいんでw、書き込みだけでもよろしく!

うそうそ見にきてハニー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正しい結婚

緒川たまきさんとケラさんが結婚。

http://blog.livedoor.jp/keralino/archives/65226994.html

やられた。

緒川たまきは絶対いい。

正解だと思う。

ケラさんおめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/03

「東京最高のお店342選」

お元気ですか。

松枝です。

仕事しました。

サイゾー3月号増刊「東京最高のお店342選」

Tokyo342

このおしゃれグルメ系の雑誌の巻頭記事

POLICY of this Magazine「食を愉しむ喜努愛楽」

これ僕書いています。

ギャー、そんなもの書けるのか!?

と疑問にお思いの諸氏

悪いけど、そんなの書けるわけないぜ!との思いは本人も同じです(汗

だので、

僕が書けるものと言えば・・・

シナリオ?台本?

というわけで

喜、努、愛、楽

4つのシナリオを書いてみました。

写真を見てもらえばわかりますが

川島なお美さんとV6の長野博くんを(紙面上)キャスティングしたテーブルドラマとしての脚本を4つ載せています。

こういうグルメ本の巻頭記事としては画期的なんじゃないでしょうか?

編集部に拒否られるかと思ってましたよ。

OKでよかった。ほんとおしゃれ文章なんて僕書けないしね。

ちなみにキドアイラクと言えば喜怒哀楽なんですがここでは食に関する喜努愛楽。ちょっと字が違う。怒りじゃなくて努力、哀しみじゃなくて愛。で、喜努愛楽。

よかったら手にとって読んでみてください。

3月2日発売なのですがすでに売り切れ続出らしいです。

都心のセブインイレブンとかで手に入るんじゃないですかね?

あと大型書店にはあるのかな?

ちなみに川島なお美さんには昨年12月にやった舞台「今日も、ふつう。」を見ていただきました。すんげぇ美人なのね。びっくりした。テレビよりも実物がすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »