« 事務所に所属する。 | トップページ | 満島ひかり☆プライド! »

2009/01/07

「パイパー」2日目のカレー

昨日もまたまた「パイパー」行ってまいりました。

野田秀樹師匠の脚本構想ワークショップに参加したわが劇団アロッタファジャイナのナカヤマミチコ、藤澤よしはる、乃木太郎、西島こうすけを連れて行きました。

やはり想像通り、初日よりも熟成されて面白くなっていた!

これはどんどん後半に行くほど面白くなっていると思うよ。

一回最初の頃に見た人は、もう一度後半で見に行ったほうがいいと思う。

二日目のカレーというかさ。

そういう感じになっているハズ。

というか2ヶ月も芝居やってみんな体持つのかな?

野田さんなんて大はしゃぎだもの(笑)

見ていて楽しい。

野田さんの大はしゃぎを見に行ったと言っても過言じゃない。

いや見る価値あるからね。

野田さんの大はしゃぎは(笑)

終わって楽屋見舞いに行ったんだけど

野田さん「また、はりきって大声出しすぎちゃった」

橋爪さん「やめろと言っても出すんだろ(笑)」

なんて会話もしていました。

広末涼子さんも来ていて

なんと泣いていました。

僕は泣く…という感じではなかったのですが

たしかにラスト感動的。

泣けないのは僕が理知的に芝居を見すぎだからか(反省)。

楽屋には萩尾望都さん八嶋智人さんも来ていました。

客席にはいのうえひでのりさん、扇田昭彦さんなんかもおられました。

ということで有名人デーだったので

僕らが野田さんと話をする時間も無かろうと帰ろうとしたところ

野田さんがみんなに・・・というか橋爪さんに

「こいつらとやったワークショップがこの芝居の始まりなんだ」

と言って僕らを紹介してくれました。

うれしいね。

本当に、あのときの思い、言葉が、こういう芝居になったんだと感慨深いです。

ていうかノダマップの制作の女性に

「ブログみてます」

と言われた。
ひー。悪いことかけないじゃん(笑)

ていうか、悪いことなんて無いですから。うんうん。あはは。

と、言えば言うほど嘘くさくなる僕のブログ(笑)。

いや、ほんとです。

うそではなく、良かった。

「パイパー」進化しています。

チケット安くないけど

2回見たらより深く見れるはず。

それって夢の遊眠社の芝居がそうだったんだよね。

情報が過多だから1回じゃ汲み取りきれない。

いやもちろん2回見てもそう。

でも、見るたびに新しい発見がある。

それも夢の遊眠社のときと同じ。

やっぱり、帰ってきた野田秀樹、なのです。

ゼロに戻った。

そして「パイパー」はゼロに戻る話。

ぜひ見てみてください☆

帰ろうとしたところ

楽屋に高都さんがいました。

高都さんは野田さんの演出補をずうっとやってきてこられた方で、なによりも野田作品の選曲をほとんどやっている。僕の作演出作品「錆びた少女」に出てくれた津留崎ナッチャンが高都さんのお弟子さんで、そのときに見に来てくれたことがきっかけで、いまでもお付き合いさせていただいています。

ぼくは高都さんの選曲が好きで、それで育ったものだから、僕がふつうに選曲しても「野田作品の真似だ!」とかアンケートに駄目をかかれることがあるぐらい。真似しているわけじゃないんだけど、似ちゃうんだよね。

だけど、今回、「パイパー」の音楽の使い方はいつもと大違い(だと僕は思っている)。

で、そのことを高都さんにぶつけたら「そのとおりかもしれない」と言っていた。

何が違うか。
それを言うとネタバレになるからシチメンチョウ臭いんだが、でも言わないと話にならないので言うと、僕のヘビーローテーションの楽曲、有名なクラッシックがわんさか使われている。「えー、そんなに沢山使っちゃうのぉ」という感じ。いつもは一曲押しで来るからね。今回はテーマ曲というようなものが無い。どんどこ色々な印象的な音楽が押し寄せてくる。

高都さんに、「それは野田さんの指示ですか?」と聞いたら、「いや、野田と僕の考えが偶然一致したんだ」と言っておられた。 滅びないものとして「クラッシック」があるんだと。そして「クラッシック」と分かるためには、よく演奏される演目じゃないと駄目なんだと、それであの選曲になったようです。

そしてその音楽たちは、アンサンブルの使い方とあいまって、とても美しく、見る者の胸を締め付けるシーンになるのです。

野田さんの言葉、動き、はしゃぎ、そしてアンサンブルと音楽・・・
「パイパー」の見所は沢山あります。

ああ、もっと書きたいことあるけど、おなかがすいたので、また続きは今度。

|

« 事務所に所属する。 | トップページ | 満島ひかり☆プライド! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/43664792

この記事へのトラックバック一覧です: 「パイパー」2日目のカレー:

« 事務所に所属する。 | トップページ | 満島ひかり☆プライド! »