« チケット発売開始。 | トップページ | 観たいのか観たくないのかそれが問題だ。 »

2008/11/08

真実がないとどんなセリフも空っぽだ。

いつもと違う台本。
自分でも楽しい。
飲み会とかでこの先どうなるか役者たちが推理している。
どういう展開になるか楽しんでくれる。
それを裏切るシーンを書く。
楽しい。
みんながこの先どうなるか楽しみながらやっている。
書くのにも張り合いがある。

ルドンのときは36人vs俺で非常に孤独だった。
で、孤独を楽しんだ。

今回、三元くんに
「ルドンとは演出が違う。松枝さんが綿密な演出をするのが興味深い」
といわれた。
そりゃそうだ。
今回は役者が19人しかいない。
前回は36人。
今回は前回の半分だ。
単純に1人あたり倍の時間をかけられる。
殺陣もないし、単純に芝居だ。
芝居。
ああ、楽しい。

前回ルドンで僕が見せたかったのは団体行動だ。国とか部族とか。
でも今回は個人的な思いだ。
19人全員が全員違う思いと動機で動いている。
それぞれの悲しみ、喜び、愛、罪。

みんな芝居は手探りで、
かなり正解に近いところに居る人も居れば、
おい、お前どこ行ってんの?
って人も居るけど、一緒に作るのだ。
人間を。
真実がないと、どんなセリフも空っぽだ。

いま思うと、楳図かずお先生はすごかった。
役者として。
出演シーンは5分もないのだけど
その迫力たるや。
もう、うまいとか下手とかじゃない。
本物なのだ。

焦る必要は無い。
本物として存在することを楽しめばいい。
だって、楽しいじゃないか。
役者って素敵な仕事だし、作家も素敵な仕事だ。
生きている時間を楽しむ。
なんて恵まれたことなんだろうと思う。

----------------
アロッタファジャイナ第10回公演
「今日も、ふつう。」
チケット絶賛発売中☆
予約特典もあります。

|

« チケット発売開始。 | トップページ | 観たいのか観たくないのかそれが問題だ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/43049954

この記事へのトラックバック一覧です: 真実がないとどんなセリフも空っぽだ。:

« チケット発売開始。 | トップページ | 観たいのか観たくないのかそれが問題だ。 »