« 金子鈴幸演出「絡まる面」 | トップページ | 「ルドンの黙示」DVDチェック »

2008/10/07

「闇の子供たち」「おくりびと」

某日

昼、阪本順治監督「闇の子供たち」評判がいいので見に行く。

新宿ミラノ座。

席は満席。

映画については・・・

内容が内容だけに批判しづらいが

率直な感想としては

志が高いのは高いと思うが、

要らないシーンだらけで苛々したし、ストーリー的にも苛々した。

志が高けりゃいいってもんじゃない。

同じテーマでシナリオを書き直したいと思った。

舞台にしたいな。

志が高いだけに映画的にあれだと志だけで終わると言うか

目的を達し得ないのではないのかと思う。

僕は映画や演劇で世界や政治を変えうると思っているので

阪本順治監督の姿勢はとても好きなのだが・・・。

とつらつら考えながら駅に向かう。

本当はそのまま帰るつもりだったのだけど、

「闇の子供たち」だけで体が納得がいかずに、

滝田洋二郎監督「おくりびと」

を一番遅い回で見る。

号泣。

非の打ち所がない。

「闇の子供たち」

「おくりびと」

この2本の違いはなんだろう

と考えているうちに終電を逃す。

朝まで新宿にいる。

家に帰って爆睡。

|

« 金子鈴幸演出「絡まる面」 | トップページ | 「ルドンの黙示」DVDチェック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/42719032

この記事へのトラックバック一覧です: 「闇の子供たち」「おくりびと」:

» おくりびと 2008-55 [観たよ〜ん〜]
「おくりびと」を観てきました〜♪ 楽団のチョロ奏者、小林大悟(本木雅弘)は、突然楽団が解散したことから、チェロを棄て故郷の山形に帰る決心をした。新聞で見つけた求人募集の広告を読み面接に向かった。社長の佐々木(山崎努)に即採用された大悟、仕事内容を聞くと遺体を納棺する仕事だった・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、納棺師におくってもらえるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2008/10/09 20:17

« 金子鈴幸演出「絡まる面」 | トップページ | 「ルドンの黙示」DVDチェック »