« 「ルドンの黙示」舞台の使い方 | トップページ | 「ルドンの黙示」先行販売開始! »

2008/06/07

補足・舞台の使い方

昨日の記事の補足である。

センターステージの絵を載せたが

通常のステージとの比較で載せないと

イメージがつかみづらいのかなと思った。

で、

通常のステージ使用がこれ。

End_stage_2 

一番奥に舞台があるという、まあ普通のあれである。

エンドステージと言う。

で、

今回8月にぼくらが新国立劇場を使うのがこれ。

Center_stage

センターステージ。

昨日のブログでも詳しく説明したが

真ん中に川のように舞台があり、向こう岸とこっち岸が客席である。

 

この2つを比べるだけでも

今回の公演のステージ使用を面白く思ってもらえるのじゃないか。

客席と舞台が近いことがミソである。

新国立劇場の制作の方に聞いたところ

このような使い方はこれからの舞台使用では

ぼくらがはじめてとのことである。

さて、どんな舞台になるのか。

僕自身楽しみである。

|

« 「ルドンの黙示」舞台の使い方 | トップページ | 「ルドンの黙示」先行販売開始! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/41450095

この記事へのトラックバック一覧です: 補足・舞台の使い方:

« 「ルドンの黙示」舞台の使い方 | トップページ | 「ルドンの黙示」先行販売開始! »