« なにはともあれ、雪。 | トップページ | リドリー・スコット監督「ブラックホークダウン」 »

2008/01/27

那須暦でいうところの元旦

今日は誕生日です♪

誰のって・・・

それはオイラの師匠、那須博之監督の誕生日!

那須暦では今日が元旦。今日こそ元旦。

つうことで今日は誕生会をしてきます。

那須さんが祀られている那須神社で。

って那須家に遊びに行くってことなんですけどね。

那須真知子さん、金子監督、野木太郎、峯尾晶、僕。

5人で誕生会をしてきます。

イケメン峯尾との付き合いは去年からなんで、

当然那須さんのことはイケメン峯尾は知らないんだけど

僕とやっていくからには

那須さんのことを知らなきゃなんねぇべ

ってことで、連れて行きます、イケメン峯尾。

ついに那須教の洗礼を受けるわけです、イケメン峯尾(笑)。

しかし、那須さんはほんとうに稀有な人でした。

後にも先にも、あんな人はいないね。

男が必ず男惚れする男。

って那須さんのことを検索していたら

素敵な文章を発見。

僕と同じように那須監督を師匠にいただく1人。

押尾学さん。

ブログで「この世界に入り今に至るまでの話」ってのを書いていて

那須さんのことが愛ある言葉で書いてある。

http://ameblo.jp/oshio-manabu/archive20-200704.html

http://ameblo.jp/oshio-manabu/archive14-200704.html

http://ameblo.jp/oshio-manabu/archive9-200704.html

http://ameblo.jp/oshio-manabu/archive6-200704.html

http://ameblo.jp/oshio-manabu/archive4-1-200705.html

http://ameblo.jp/oshio-manabu/archive8-1-200705.html

押尾さんが那須さんのことを書いていてくれて感動。

思えば

那須さんは飲むと、

よく押尾さんと俊藤くんのことを楽しそうに話してた。

俊藤くんはその後僕の芝居「偽伝、樋口一葉」に出てくれた。

押尾さんはその芝居を見に来てくれたんだけど

僕はどたばたしていて会えなかった。

いつか押尾さんと那須さんの話をしたいな。

押尾さんも那須さんと会わなかったら役者を続けてなかったと、さっきリンクを張った文章に書いてあるけど、僕も那須さんが居なかったら劇団も続けてなかったし、シナリオも書き続けてなかった。楳図さんにも会ってなかったし、木村俊樹プロデューサーや成田さん、平田さん、大木監督や金子監督とも会ってなかったし、飛鳥ちゃんとか、小笠原さんとかいぐっちとか、うちのナカヤマとか藤澤、新津とか皆みんなに会ってなかった。すげぇ、俺の今は那須監督で出来ている。

いまでもたまにだけど那須さんの声が聞こえる。

渡来ブーは那須さんの声が聞こえるなんて僕が嘘言っているというけど、ほんとうなんだからしかたあるめぇ。でも、ほんとうにたまになんだよ。

いつまでも那須さんの声が聞こえますように。

だから、今日は真知子さん、金子監督と話して、那須さんをたくさん補給してきます♪

|

« なにはともあれ、雪。 | トップページ | リドリー・スコット監督「ブラックホークダウン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/17858526

この記事へのトラックバック一覧です: 那須暦でいうところの元旦:

« なにはともあれ、雪。 | トップページ | リドリー・スコット監督「ブラックホークダウン」 »