« 新年会2008!! | トップページ | 蜷川幸雄演出「リア王」 »

2008/01/17

メル・ギブソン監督「アポカリプト」

アポカリプトってタイトル、アポカリプスと関係あるのかな?

コッポラ監督の「地獄の黙示録」の原題がApocalypse Nowじゃん。

しかも、森の中の原住民の話ってことで

今回のこのメル・ギブソンのアポカリプトとも関係ないわけじゃない。

なにか関係ありそうに思うのだけど

その真実誰か知りませんか?

 

それはさておき

メル・ギブソンは俳優としては「マッドマックス」から

監督としては「顔のない天使」から僕の好きな俳優・監督の1人。

「パッション」を見たときには

こりゃすげえ、と心さえ震えたさ。

 

ハリウッドなんて関係ねぇ、とやってるのも潔い。

でも、アポカリプトの製作を聞いたとき

・無名俳優の起用

・英語を使わずマヤ語を使用

とか

さすがに、チャレンジしすぎなんじゃないかと思ったけど

実際に興行成績もそんなに振るわなかったらしい。

 

だけど、映画としては申し分の無い出来です。

途中、これはパロディーか?と思うシーンもあったけど

・・・例えば木の上から血が垂れるところ・・・こういうのスパイもの・・・たとえばミッションインポッシブルとかでよくあるよね(笑)

父子の友情あり、夫婦愛あり、家族愛あり、憎たらしい悪役あり、敵には敵の事情もあり、徹底した美術は目を見張るものがあり、マッドマックスの第一作を髣髴とさせる心臓をえぐられるようなエピソードもあり・・・エンターテイメントのつぼを押さえまくった作品になっていました。

特に最後の走って逃げるところはもう一緒に走って逃げる醍醐味というか、やっぱおいかけっこは楽しい!

やっぱりメル・ギブソンからは目が離せません。

今は何を作ってるのかな?

 

アポカリプト@映画生活

|

« 新年会2008!! | トップページ | 蜷川幸雄演出「リア王」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/17725833

この記事へのトラックバック一覧です: メル・ギブソン監督「アポカリプト」:

« 新年会2008!! | トップページ | 蜷川幸雄演出「リア王」 »