« メールください。 | トップページ | 愛すべき愚行2008 »

2007/12/31

来年もよろしくお願いします。

さてさて、ついに2007年も最終日。

アロッタファジャイナ主宰松枝です。

今年も色々ありました。

簡単に一年を振り返りたいと思います。

★舞台「1999.9年の夏休み」★

本番は4月6日から10日まで5日間、全8公演が、吉祥寺シアターでおこなわれました。旗揚げ公演から見ていただいている庭劇団ペニノの制作の野平さんに、松枝さんの芝居は、大きい舞台で栄えますね、と言っていただきました。でかい会場を、アロッタらしく目一杯使った作品はなかなかの自信作になりました。お世話になっている金子監督の若き日の名作「1999年の夏休み」をアレンジした2007年バージョン。オスカープロモーションの若き女優、須藤温子、橋本愛実、阪田瑞穂、本田有花、元オンシアター自由劇場の三松明人、JACROWの蒻崎今日子、その後、アロッタの常連になる滝野裕美が参加しました。  

★映画「赤い文化住宅の初子」★

タナダユキ監督の脚本・監督の素敵な作品に参加することが出来ました。まず主役のオーディションでは、演技の相手役として、アロッタの新津勇樹が活躍。タナダユキ監督にも気に入っていただき、作品にも最初のほうの食堂のイチャモンをつける労働者として出演させていただくことになりました。また、ナカヤマミチコや大石綾子は、奇妙な宗教団体のシーンに。安川結花は初子が港で出会う妊婦役に。僕らが参加しているかどうか関係なく素晴らしい作品なのでぜひ観てみてください。

★映画「真・女立喰師列伝」★

押井守監督が監修した、このオムニバス映画には、ゆうこりん主演の神谷監督作品「歌謡の天使 クレープのマミ」に、安川結花、青木ナナ、新津勇樹、野木太郎が出演。他にもうちに関係してくれた何人かに出演してもらいました。みんなが昭和のアイドルに扮しているのがポイントです。

★安川結花がニナガワスタジオのオーディションに合格★

舞台「ひばり」を安川と見に行って、そのチラシ束のなかに、ニナガワスタジオのオーディションのことがありました。蜷川さんの下で勉強できることは安川のためになる、そう思った僕は大賛成でした。そして彼女は天才だからオーディションに合格する、というのは確信していました。実際合格。蜷川さんの演出を間近で見ることができたのは彼女にとってとても有意義なことだったんじゃないかと思います。それから、サチィこと伊藤紗代というライバルと出会えたのは結花にとってとても大事なことだったと思います。

★携帯ドラマ「足りない生活」/「イチカバチカ」★

2006年12月に満島ひかり主演で「偽伝、樋口一葉」という芝居をやりました。それ以来、お付き合いがあるのが、芸能事務所ぱれっと、そしてぱれっとの系列元であるヴィジョン・ファクトリー。その社長の平さんが金子修介監督の熱烈なファンであることから、金子さんのところに仕事が来ました。ワンセグ携帯で見ることのできる5分ドラマを作るという話です。新宿の喫茶店でいろいろアイディアだしをして考えたなあ。上原多香子さん主演の「足りない生活」と国仲涼子さん主演の「イチカバチカ」。「足りない生活」にはナカヤマミチコが女占い師役で、「イチカバチカ」では、新津勇樹がマックスのリナさんの旦那役で大活躍。

★「君といた夏 ~アロッタ夏祭り2007~」★

吉祥寺シアターでやった「1999.9年の夏休み」は結構背伸びをした公演でした。お金も使ったし、なんかね、次また芝居をやるなら、なにか刺激的な、というか初心に返った、そんな芝居をやりたいと思っていて、一年前からやりたかった番外公演をやることにしました。番外公演のコンセプトは、うちに所属する役者たちに作・演出をさせた芝居を何本もやるオムニバス。僕は、もっと自分の作に頼らずに「演出」を純粋にやってみたかったので、野田秀樹さんの戯曲「農業少女」を取り扱うことにしました。藤澤組、新津組、野木組、安川組、それから松枝組がありました。沢山の新しい仲間、才能ある仲間と知り合うことが出来ました。新津組の作演出を担当する西島巧輔、12月の番外公演で僕の作品に出演してくれた峯尾晶などたくさん知り合うことが出来た。

★舞台「恋。」★

「君といた夏」のなかの安川組でやった芝居がこれ。「農業少女」では純粋演出をやろうと思っていたのですが、こちらでは、朗読劇をやろうと思いました。それから、安川結花の独り芝居とすることで、独りの役者と根本的に向き合って芝居を造ってみるということをしようと思いました。しかし、結果として、「農業少女」が忙しくなったので、あんまり安川と向き合うことができなかったのが反省点です。このころから演出ということを、とくに役者を役者にする演出というのをすごく考えるようになりました。

★舞台「農業少女」★

「君といた夏」のなかの松枝組。「偽伝、樋口一葉」に出演してくれた岡村麻純が春ぐらいに、女優としてもっと成長したいと連絡してきて、それでぼんやり考えていた題材がこれ。ただ、今の麻純では主演をはるには力不足。満島ひかりちゃんの胸を借りることに。また、結花からサチィを紹介してもらって一緒に芝居を作ることに。ひさしぶりに松崎裕くんとも一緒に芝居をやった。オーディションで採用した山本律磨も仲間に。初の純粋演出はなかなか頑張ったことになって、ひょんなことで、作者である野田秀樹さんにも観に来てもらうという素敵なことになる。褒めてもらって、それが機になって、野田さんのワークショップに誘ってもらうことに。

★ラジオドラマ「1999.9年の夏休み」★

春にやった舞台「1999.9年の夏休み」がニッポン放送でラジオドラマになりました。月曜日から木曜日まで2週間、計8回の作品に。声だけで、内容を分からせるということの難しさを知りました。ナカヤマミチコ、安川結花、井川千尋が大活躍しました。

★携帯ドラマ「夏は終わらない!」など4本★

金子さんとやった「足りない生活」「イチカバチカ」の流れであと四作品をつくることに。ただいろいろと時間がなかったので、野木太郎と安川結花の力を借りて企画を作った。福岡芳穂監督「君のいない永遠」、丹野雅仁監督「夏は終わらない!」、坂口拓監督「くろもの」、熊切和嘉監督「最後の戦い」がその4作品。

★WOWOWドラマ「結婚詐欺師」★

映画「デスノート」後、ひさびさの金子監督作品にうちらの仲間がたくさん呼んでもらえました。満島ひかりちゃんが出演しているのはもちろん、渡来くん、三松さん、野木太郎、井川千尋、野上智加、今橋由紀、青木ナナ。作品としても、上品で深いのに、息をつかせぬエンターテイメントに仕上がっていました。

★ドラマ「 ULTRASEVEN X 」★

円谷プロダクションの八木毅監督の直接指名で、ナカヤマミチコ、安川結花が出演に。ナカヤマ、安川の個性を最大限生かしてくれた演出に感謝です!ちなみに八木監督は、来年からフリーランスになるみたいです。来年秋には映画「ウルトラ超8兄弟」の公開があります。楽しみです。

★NODAMAP新作ワークショップへの参加★

夏の番外公演「農業少女」をきっかけに、近付きになった原作者である野田秀樹さん。現在上演となっているキルの次の新生NODAMAPとしての公演は再来年2009年の春に野田さん書下ろしの新作となる予定だそうです。その新作を作り出すためのネタ集めワークショップに参加させて頂くことになりました。作家として、僕らの仲間から、ナカヤマミチコ、藤澤よしはる、野木太郎、西島巧輔、そしてぼく松枝佳紀、そのほかに、堀尾幸男さんのお弟子さんたち5名と、宮沢りえさん、新生NODAMAPのプロデューサー鈴木さん、そして野田秀樹さん。かなり深い内容で楽しすぎました。すごく刺激になった。あれがどういう形で野田さんの作品になるのか非常に興味深い。

★「クリスマス、愛の演劇祭」★

夏の番外公演がめちゃくちゃ面白かったので早速、続編をやることにしました。今回は、前回に引き続き参加の、藤澤組、新津組、野木組、松枝組のほかに、新しく、青木ナナの率いる青木姉組と、青木ナナの実弟青木康弘の率いる青木弟組が参加。またして面白い演劇マラソンをやりました。それからまた新しい面子も加わりました。

★舞台「スノーグレーズ」★

松枝組は、松枝の久々の新作書き下ろし。「農業少女」の演出で手に入れたもの、「恋。」でやりたかった、役者と徹底的に向き合う稽古、それをさらに推し進めてみました。作風にしても、従来やったことのないシリアスな雰囲気のものをやってみました。満島ひかりちゃんの事務所ぱれっとから原田健二くんに参加してもらいました。課題は沢山残りましたが、これから進むべき方向がなんとなく見えた公演になりました。

そして、現在に至る。

来年は新国立劇場に進出しちゃいますし、今年あまりできなかった映画にもたくさん関わっていくつもりです。さらに自分たちが今の自分たちに飽きないように、どきどきできるチャレンジを、ひとところに留まることなくしていきたいと思います。

そんなわけで、みなさま、今年もありがとうございました。

来年も、アロッタファジャイナをよろしくお願いします。

まだまだ走ります。走り続けます。

それでは、良いお歳を!!

|

« メールください。 | トップページ | 愛すべき愚行2008 »

コメント

昨日、ザッピングしていて、レコ大の画面の上の「新国立劇場から生中継」という文字につい目を奪われ「ああ、来年アロッタは、この舞台にたつのだなぁ」と見入っていました。
来年が、今年以上にエキサイティングな年でありますように、お祈りしております。
(^人^)
がんがん走ってください!後ろから槍もって「おらおらー」って追いかけます(笑)

投稿: 猫ぴ@もか組 | 2007/12/31 16:15

猫さんの槍!
追い掛け回されます・・・
やっぱ自転車に乗って
おっかけてくるんでしょうか?
逃げ切れるか心配ですwww
今年もよろしくお願いします!!

投稿: まつがえ | 2008/01/01 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/17529375

この記事へのトラックバック一覧です: 来年もよろしくお願いします。:

« メールください。 | トップページ | 愛すべき愚行2008 »