« ついに放映☆ | トップページ | ウッチャンと金子監督 »

2007/11/18

タニノクロウ演出「野鴨」

庭劇団ペニノが制作会社メジャーリーグと組んで制作を行ったタニノクロウ演出「野鴨」を、北千住にあるシアター1010まで見に行った。

ペニノといえば制作の野平さん。

うちの劇団を旗揚げから見てくれており、僕にとっては、演劇界における数少ない友人の一人だ。

しかし友人が関わる芝居だからと言って、芝居が良く見えたり悪く見えたりするものじゃない。悪いものは悪いし、いいものはいい。

野平さんが制作をしている関係で、ペニノの芝居はあらかた見てきた。いままで見た中で一番と思えるのは、「ダークマスター」の再演である。

とは言うものの、一貫してペニノの素晴らしさは、その劇団の頭にもある「庭」という思想で、その庭師としてのタニノクロウの腕のすごさをいつも見せ付けられている。

今回の公演でも、タニノさんの庭師としての腕が冴え渡っている。

庭師としてのタニノさんは、美術の田中敏恵さんの力を借りて、徹底的に細部にこだわり、いい加減さの無い細部の積み上げ・・・祈りにも似た積み上げによって、あるはずのない本物・・・魂の森・・・をそこに出現させる。

そして役者。

ともすると、庭の荘厳さに役者は飲まれてしまう。

だからペニノがマメ山田さんを常連役者にしたのには必然性がある。庭に対抗しうる存在・・・役者が必要だったからなのだ。

そして今回、ペニノはメジャーリーグのメジャーを利用することにより、石田えり、手塚とおる、保村大和ら個性を手に入れた。いや、子役の女の子からなんからがすべてベストキャスティングだ。

また同じように庭に対抗するテキストも必要だ。イプセン。通俗的であったり、明確な物語、キャラの書き分け、それが必要なのだ。それを思うと、古典戯曲というのは「庭」を生かす上で最適なテキストであると言うことが言える。

というように、今回の舞台は、庭が庭として成立するための豊かな周辺がある。客席数から言うと、なかなか収支的には厳しいのではないかと思うが、しかし、庭劇団がどこに向かうべきかを、今回の公演は明らかにしたのではないかと思う。今回公演を見て、今後、庭師タニノの腕によって、海外や日本の古典戯曲が鮮やかに蘇る姿を見てみたいと思うのは僕だけはないだろう。

|

« ついに放映☆ | トップページ | ウッチャンと金子監督 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/17097457

この記事へのトラックバック一覧です: タニノクロウ演出「野鴨」:

» 『野鴨』ゲネプロ [因幡屋ぶろぐ]
 庭劇団ペニノのタニノクロウが、初めて外部で演出する舞台『野鴨』のゲネプロを拝見 [続きを読む]

受信: 2007/11/18 23:59

» メジャーリーグ 庭劇団ペニノ『野鴨』 [因幡屋ぶろぐ]
*ヘンリック・イプセン作 タニノクロウ演出・上演台本 公式サイトはこちら シアタ [続きを読む]

受信: 2007/11/23 00:34

« ついに放映☆ | トップページ | ウッチャンと金子監督 »