« 結花の誕生日 | トップページ | タニノクロウ演出「野鴨」 »

2007/11/18

ついに放映☆

金子修介監督作品「結婚詐欺師」がついに本日18日22時WOWOWで放映される。

この作品、とくに僕がスタッフとして関わっているわけではないが、うちの劇団関係から多数の出演(※)があるほか、台本についても、撮影に先立ち早々と読ませてもらい、いくつか意見を言わせてもらう機会もあった。

  (※)アロッタからは野木太郎、青木ナナ、井川千尋、
     「偽伝、樋口一葉」からは満島ひかりちゃん、野上智加姉さん、
      今橋由紀姉さん、渡来敏之くん、
     「1999.9年の夏休み」からは三松明人さんが出演しています。

なのでもう自分の作品同様な感じなのである。

ぜひとも見ていただきたい。

「結婚詐欺師」というタイトルから予想される2時間ドラマ的な印象が覆される爽快さを味わうことが出来るだろう。

やっぱり金子修介監督はあたりまえだが映画監督なのである。

この作品、主演の内村光良さん、加藤雅也さん、鶴田真由さんはもちろん、脇を支える人々、役者が魅力的に撮られている。

たくさんの「切ない」想いが詰まっている。

テンポが良くて飽きることなく、そして上品さを保っている。

切な苦しくなりたい精神的マゾは確実に見るべきだ。

そして見たら感想を聞かせてください。僕の意見が身贔屓ではないことを確信したいのでwww

本日2007年11月18日22時放映

金子修介監督作品「結婚詐欺師

をぜひご覧ください。

 

話は変わって、12月の番外公演「クリスマス、愛の演劇祭」のことである。

これ、公式blogや公式HPをみてもらえばわかるが、僕を含めアロッタファジャイナ関係の6人が作演出する芝居6本を毎日ぶっ続けで上演しちゃおうという野蛮な企画である。

 ■公式ブログ

 ■公式HP

僕はその6本の芝居のうち1本、その名も松枝組「スノーグレーズ」を作演出するのだが、めでたくも、昨日、その本があがった!偉い!マチガエさん偉い!と誰も褒めてくれないので自分で自分を褒める・・・というのがいつものことだが、今回は、たまたま脚本上がりに居合わせた役者が居たので、中華料理屋といつも常連の居酒屋で祝ってもらった。

すごいハイテンションで騒ぎたかったが、無性に眠く早々に解散したけれども、祝ってくれた安川、井川、野木ありがとう。

さて、今日からは、エンディングを見通した本格的な演出作業に入るとともに、来週締め切りの映画脚本の改定第2稿を完成させる作業に入らなければいけない。この作品についてはまだ詳細はかけないが、僕単独で書く作品としては予算規模も公開規模も作品世界もかなりビッグな作品となる予定だ。それからもう一つ、プロデューサーとして参加している作品もある。こちらも来週中に作品のプロットおよび企画書を上げなくてはいけない。これは原作映像化権を取得するための原作者に対する真摯な企画書となる。僕たちがビジネスとして以上の魅力(大げさに言えば「時代的な使命」とでも言おうか)を原作に感じている。そのことを伝えられるような企画書にしたい。そしてもう一つ、魅力的な原作を映画化するという企画があり、これについてもプロットを仕上げる。これは再来週あたりに完成させたい。こちらは完全にライター待遇だが、プロデューサーが僕と同じ映画をイメージしているのがありがたい。という具合に、映画と芝居と同時並行な多忙貧乏皮下脂肪な相変わらずの毎日だが、苦しいながらも楽しい。この自分を追い詰めるような生活が、僕の作品にプラスになればいいと願っている。

最後に、わが「スノーグレーズ」の主演安川結花の写真。
今回公演は彼女をみるためだけに来ても損はないハズ(笑)

  

「スノー・グレーズ」主演安川結花02

|

« 結花の誕生日 | トップページ | タニノクロウ演出「野鴨」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/17105112

この記事へのトラックバック一覧です: ついに放映☆:

« 結花の誕生日 | トップページ | タニノクロウ演出「野鴨」 »