« みんな頑張ってるぜ!ブイブイ! | トップページ | セクシーバトル★ »

2007/11/04

番外公演キックオフ!!

さて、ついに12月番外公演「クリスマス、愛の演劇祭」の稽古が始まった。

キックオフの11月1日は、番外公演に参加する6組がすべて集合した。

今回、参加する仲間は36名(含むスタッフ)、かなりの大所帯である。

先ずはじめに主宰である僕が「12月番外公演に向けての稽古をはじめます」と宣言。

つづいて各組が1組だいたい20分をメドにメンバー紹介と出し物に関したプレゼンをやった。

一組目は、松枝組「スノーグレーズ」(ストレートプレイ)のプレゼン。

メンバー紹介。作・演出の僕マツガエ、出演の安川結花、原田健二、峯尾晶、井川千尋、ナカヤマミチコ。総勢6名。

プレゼンは、出演者5名による本読みを簡単にやり、物語の雰囲気を知ってもらう。前回は僕は野田秀樹さんの戯曲「農業少女」の演出をやったが、今回は作演出。雰囲気も変わりかなりアダルトなシリアス劇になりそう。

二組目は、新津組「一回裏無死満塁の愛」(コメディー)。

メンバー紹介。作・演出・出演の西島巧輔。出演の新津勇樹、森田ゆき

プレゼンは、森田ゆきを採用したオーディションの状況を再現ショートコントにして披露。かなりの爆笑コントで、その後の組のプレゼンハードルがかなりあがった。

10分休憩を入れて三組目藤澤組「一日の必要量の1/3のコント(ふゆ)」(すべるコント)。

メンバー紹介。作・演出・出演の藤澤よしはる。出演の大石綾子、山本律磨、ロックバンドの空風ビュービュー(からかぜびゅーびゅー)。

プレゼンは、藤澤よしはるの寒い寒いすべるスピーチ、失笑の嵐。寒すぎて途中で主宰マツガエのドクターストップがかかる(笑)。コントと本格的なパンクバンドとのコラボレーションが非常に楽しみだ。

四組目は、野木組「青い雪、カナヅチで叩いたら割れてしまった夜空」(ストレートプレイ)

メンバー紹介。作・演出の野木太郎。出演の滝野裕美、福島千紘、松浦明日香、中島康善、倉持翔

プレゼンは、作・演出の野木太郎が台本の作者本読みをやり、芝居の雰囲気を伝える。今回野木は役者としての出演はせずに、作演出として専念して作品を作る。前回よりもメルヘンチックな雰囲気がより強く出そうだ。クリスマスっぽい雰囲気が一番出ているかもしれない。

10分休憩を入れて五組目は、初参加の青木姉組「リスボン」(歌と踊りのエンターテイメント)。(なぜ姉組かというと、今回青木の実弟の主宰する弟組の参加もあるからで、青木組が二つなので紛らわしい。そのため姉組、弟組と称す。)

メンバー紹介。作・演出・出演の青木ナナ。出演の吉田佳代、綾瀬マルク、柏木サナ

プレゼンは、創作ダンスを披露。初めての練習をしたばかりでタドタドしかったが楽しさが伝わった。従来僕らにないラインナップが加わったとみんなが確信。

最後、六組目は、これも初参加の青木弟組「地下室の労働者」(実験劇)

メンバー紹介。作・演出の青木康浩(青木ナナの弟)。出演の磯村智彦、井出一樹、大久保岳、島村彩也香、杉本哲朗、八幡夏美

プレゼンは、青木康浩くんがやろうとしている日本語除外劇というものを短いシーンとして披露。かなり興味深いもので、今後どのような仕上がりになるか期待が盛り上がる。

全組のプレゼンが終わったあとには、物販から安川が軽く報告。

その後荻窪駅前に移動し、時間の空いている者たちが集まり、軽く稽古始の討ち入り飲み会。

新しいメンバーも結構増えて、なんだか新しいことが始まる予感である。

僕自身、12月、他の組の発表を見るのがかなり楽しみになった!できれば6組全部の芝居を見て欲しい。ぜひぜひ。

この12月公演の情報については

アロッタファジャイナ公式HP番外公演ブログ、メンバーブログをチェックしておいてください。

|

« みんな頑張ってるぜ!ブイブイ! | トップページ | セクシーバトル★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/16968150

この記事へのトラックバック一覧です: 番外公演キックオフ!!:

« みんな頑張ってるぜ!ブイブイ! | トップページ | セクシーバトル★ »