« 切ない結婚詐欺師 | トップページ | 1日目 »

2007/10/15

NODAMAPワークショップ

今日から2日間、

なんと

NODAMAP

のワークショップに参加させていただくことになった。

と言っても

12月の妻夫木くんが主演の舞台

「キル」

のワークショップではなくて

2009年に公演が予定されている

野田さんの新作

のためのワークショップである。

そんな大それたワークショップに

なんでぼくらが参加できるようになったかと言うと

(アロッタから僕含め5名も参加するのね)

過去の経緯は過去のblog記事で読んでいただきたいのだが・・・

 ・アロッタ設立4年目にして新しいことをしたくなった。

 ・番外公演をやることにした。

 ・岡村麻純となんかやることは決めていた。

 ・野田さんの「農業少女」をやろうと決めた。

 ・「THE BEE」を岡村麻純と見に行った。

 ・偶然その同じ日に金子修介監督が見に来ていた。

 ・金子さんと野田さんは小学校のときからの親友である。

 ・金子さんにくっついて楽屋に行った。

 ・楽屋の話の中で、「農業少女」をやる話をちらっとした。

 ・「見に行くよ」と野田さん。

 ・「え!?」

 ・そして本当に見に来てくれた。

 ・その回は岡村麻純じゃなくて満島ひかりだったけど。

 ・非常にうまく行った回だった。

 ・野田さんが「おもしろかったし俺のよりシンプルでわかりやすくなってた。道具はここまで使わなくていいんだなと改めて気付いたよ」と結構褒めてくれた。

 ・飲みに行った。

 ・そこで今度やる野田さんの芝居の話になった。

 ・もりあがった。

 ・野田さん「ワークショップやるんで、そんとき呼ぶよ」

 ・「!?」

 ・本当に呼んでもらった。

 ・そして今日、当日。

と、まぁ、ほとんど偶然の積み重ねである。

まぁ、夏にやった番外公演の

ぼく演出の「農業少女」を観ていただいて

それがダメダメだったらこの話が無かったというのは間違いない。

野田さんに面白いと思ってもらえるものをやったので今回呼んでいただいたのだ。

と言っても、このワークショップ内容が戦慄物で

ここに書いていいかわからないので書かないけど

すげぇ、面白そう!と思う反面なんか責任重大。

ズシンと緊張が下腹にくる感じ。

なにより僕が芝居の世界にはまったのは

高校時代に見た野田さんの芝居がきっかけだったからなあ・・・

と、遠い目をしていても始まらない。

できるだけ楽しむ

これ大事ね。

何より参加者11人中、僕関連が5人も居るっていうのは決してアウェーじゃないんだし。

がばしょ!

※シナリオ等締め切りラッシュとなっておりますが、以上のような異常事態のため、しばらく執筆前線離脱します。お許しください~~。そのぶん良いもの書きますので。

|

« 切ない結婚詐欺師 | トップページ | 1日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/16765921

この記事へのトラックバック一覧です: NODAMAPワークショップ:

« 切ない結婚詐欺師 | トップページ | 1日目 »