« 野田秀樹さんとの四日目 | トップページ | 感謝。 »

2007/09/02

イツカめ!!

さて五日目が終了。

明日というか今日はついに最終日です。

五日目は、外部団体の公演がありました。

男性6名で構成されるアカペラグループBase6さんのミニコンサート『ready to rumble』

これ、天使の歌声とはこのことですね。

こんなマジかで美しい歌を聴いて胸打たれなんか泣きそうになりましたよ。

うちの芝居をいつもみにきてくれる鈴木肇(はじめちゃん)さんが、僕らの募集を見て応募して来てくれたのですが、はじめちゃんがこんなに歌がうまいとは思いませんでした。目を瞑って聞けば山崎まさよしそのもの!!曲の合間のおしゃべりも面白かったし、ほんと素敵な45分でした。

つづいては、演劇集団ディーセント・ウォーターさんのストレート・プレイ「自由の星たち 新涼」

これは今回イベントの中で、一番まともな芝居だったんじゃないでしょうかね(笑)。こういう芝居らしい芝居をやってみたいなと僕も常々思いながらやってこなかったジャンル。今回ディーセント・ウォーター白畑さんがネットでのぼくらの募集を見て応募してきてくれたんだけど、リアルで物静かなのに、アロッタの路線にはまったくない芝居だから逆に刺激的でした。なによりもそのリアルを構成する役者たちがうまい。これがなくては成立しないでしょうね。あと大人だね。やっぱアロッタは基本子供なんだよね。でもディーセントウォーターさんはほんと大人だった。客層もまったく違って笑えた。大人なんだもんお客さんが。

などと、外部2団体の公演プラス、ぼくらアロッタ5組6つの芝居、あわせて五日目は8つものまったく異なる芝居をうってしまったよ。

そして夜間野木組の破壊的混雑。

制作チーム、そしてナカヤマミチコの働きで、たいした混乱もなく、魔の五日目がクリアできた。楽しく外部団体ともコラボできて、ちょっと今回のイベントやってよかったな、と思える一日だった。

そして明日・・・というか今日千秋楽。

僕らはアロッタから生まれた5組の公演を純粋にやる。

短いが最後のフィナーレにふさわしい芝居をうちたい。

そしてこれが終われば「君といた夏」も終わり、秋が訪れる。ぼくらの田んぼに黄金色の稲の海は見ることができるのだろうか。なによりも僕はさぼっていた映画の作業に復帰しなければいけない。

|

« 野田秀樹さんとの四日目 | トップページ | 感謝。 »

コメント

どうもこの度はお世話になりました。いつも拝見している役者さんと同じ舞台にたつということに加えて、芝居を見に来ているお客さんに受け入れてもらえるのかな、など不安と緊張のかたまりでした。
でもなんとか役目を果たせたようでよかったです、というか、こんなにお褒め頂いてしまって、どうもすみません。
今回このような素敵な場をご提供いただき、本当にありがとうございました。

投稿: はじめちゃんこと鈴木肇 | 2007/09/03 15:40

はじめちゃんさん
今回は本当にありがとうございます。
素敵な歌声に本当に聞きほれました。
カラオケでもいろいろありがとうございます。
また何か一緒にたくらみましょう!

投稿: まつがえ | 2007/09/04 05:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/16315028

この記事へのトラックバック一覧です: イツカめ!!:

« 野田秀樹さんとの四日目 | トップページ | 感謝。 »