« 三日目そして今日。 | トップページ | イツカめ!! »

2007/09/01

野田秀樹さんとの四日目

野田秀樹さんから電話があった。

それに気付かずに僕は岡村麻純「農業少女」の本番前のアップに付き合っていた。

稽古場が無いのでロイヤルホストで本読みをするのだ。

チョー早口で台詞を応酬する。

これがむちゃくちゃ面白い。

笑える。楽しい。

台詞の確認と、朝起きたばかりの活舌を良くする。

そういう効果がある。

で、ふと携帯をみる。

着信履歴に「野田秀樹」とある。

(野田秀樹?・・・・野田秀樹!!)

と携帯をひとり2度見する僕。

で、すぐに折り返した。

電話に出た野田さん。

「夜の回、見に行くのでヨロシク」

・・・・

!!!!!

まじで、野田さんに芝居を見られる日が来ようとは・・・

しかも「農業少女」だ。

初めて僕は他人の本を演出する。

しかも野田秀樹さん本人の本だ。

(まあ、そうだから見に来てくれたのだろうけど)

実際見に来てほしいようで見てほしくないようで・・・

だって、なんだこんなのかって、思われる可能性もあるじゃん。

夜は満島ひかりの回だ。

野田さんが夜に来ると聞いて麻純は残念がっていた。

で昼。

麻純バージョン。

稽古のわりにちょっと滑った感があった。

が、お客様には好評だった。

「偽伝、樋口一葉」の岡村麻純しかしらないある役者からは

よくここまで一人で立つことのできる女優に岡村をしましたね

とお褒めの言葉をいただいた。

で夜。

野田さんが来られた。

そして急遽、撮影を早めに終わらせた金子修介監督も来られた。

なんかすごいことになってきたが

とは言うものの、

僕らは稽古の成果をたんたんと披露するだけだ。

波はあるけど、面白いときは面白いのだから。

お客様に楽しんでもらう。

僕らが芝居を楽しむ。

誰が見ようと関係ねー!

とか言いながら野田さんのことは気になる。

僕は今回照明を担当しているのだが

照明のオペをしながら野田さんの反応をかなりチェックしちゃいましたよ。

終演後、野田さんと話す。

「面白かったよ」

え、まじっすか?

「ぼくの農業少女よりもわかりやすくなってるし」

えええ、まじっすか?

「役者がいいね」

えええええええ、まじっすか?

というわけでそのままミンナを引き連れて

野田さん、金子監督と飲みに行く。

焼き鳥屋なのにワインボトルを2本明け盛り上がった。

役者たちも野田さんの話に目を光らせていた。

野田さんもいろいろ深い話を聞かせてくれた。

野田さん自身の今後の展開やなんかについても

で、2009年にやる作品のワークショップに

僕ら呼んでもらえることになった。

野田さんは僕らの農業少女をみて

「ここまでシンプルにやって良いんだな」

と野田さんとして発見もあったとまで言ってくれた。

たしかにいろいろ苦し紛れに

僕は今回の農業少女を小道具なしのシンプルにしていった。

新聞とピストルはつかってるけど。

照明だってギャラリーの地明かりを上げたり下げたりするだけだし。

・・・

結局たくさんのことを野田さんと話した。

役者も全員終電を逃した。

でも、めっちゃくちゃテンションの上がった夜だった。

疲れて正直死にそうになっていたけど

うん、今日もまたがんばるぞ!!

Nodasanto01

|

« 三日目そして今日。 | トップページ | イツカめ!! »

コメント

公演お疲れ様でした。
はぅあーーーっ!!
羨ましすぎます。この写真も素敵。
どうにもこうにも手の届かぬ大風呂敷。
いつどんな出会いがあるかわからない!
私もいつかは届きたい。

もしかしてマツガエさんもWSに
参加したりして。
で、出ちゃったりして。

投稿: 夏子 | 2007/09/04 17:50

WSは演技的なものというよりも、作劇的なものらしいよ。だから僕も参加すると思うよ~~。

投稿: まつがえ | 2007/09/05 12:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/16302999

この記事へのトラックバック一覧です: 野田秀樹さんとの四日目:

« 三日目そして今日。 | トップページ | イツカめ!! »