« 金子修介監督作品「結婚詐欺師」 | トップページ | 金子組の松枝ですがなにか? »

2007/09/24

携帯ドラマの波

携帯ドラマのさきがけと言えば、安室奈美恵らアーティストを抱えるヴィジョン・ファクトリーの携帯サイト「ヴィジョン・キャスト」である。

金子修介監督、ぼく松枝佳紀脚本の上原多香子主演「足りない生活」、国仲涼子主演「イチカバチカ」を皮切りに携帯ドラマの配信が始まり、現在も次々に、週4回ペースで更新している。

先ごろも、僕企画原案、野木太郎が初稿を手がけた丹野雅仁監督作品「夏は終わらない!」全四話が堂々完結した。すがすがしい青春ストーリーとなっている。丹野監督は、先ごろまで、三池崇史監督「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」のチーフ助監督も務めていた。これから大ブレイクする予感の若手監督である。

そして現在配信中なのが、これまた僕企画、野木太郎原案の坂口拓監督作品「くろもの」。これは携帯ドラマ初の本格的ホラーとなる。いやホラーとなるだけでなく、坂口監督お得意のアクションもふんだんにある異色のアクションホラーとなる。坂口監督は、役者として北村監督「ヴァーサス」で主演デビューをしたアクション映画の申し子で、先ごろ「魁!!男塾」で監督デビューも果たした、これまた今後大期待の若手監督である。

本作品「くろもの」については、現在まで2話配信されているが、まだ全四話配信が終わっていない。

第3話が9月25日、第4話が9月28日に配信される。予想外の展開に驚いてください。

それから今後配信予定なのが、僕企画、野木太郎原案、脚本が松枝と安川結花、福岡芳穂監督作品「君のいない永遠」。本作品には、とっても重要な役で、前回、わが劇団番外公演「農業少女」で主演を果たした岡村麻純がキャスティングされている。福岡監督には、うちの劇団とステアウェイが共催している「4人の現役映画監督による俳優のための実践的ワークショップ」に講師として来ていただいたが、その演出力たるや目を見張る。ありきたりな演技をする役者が、彼の言葉で、めきめきと周囲の空気を支配する強烈で本質的な演技に到達する。その演出力で撮った西田尚美主演「愛してよ」は名作としてしられている。

その福岡監督がとった本作品「君のいない永遠」の配信は、第1話が10月2日、第2話が10月5日、第3話が10月9日、第4話が10月12日の予定である。

そして、僕企画、野木太郎原案、熊切和嘉監督作品「最後の願い」。熊切監督といえば、「鬼畜大宴会」でデビューした異能の監督。「アンテナ」「空の穴」「揮発性の女」「青春☆金属バット」「フリージア」と暴力と性を見据えて逃げずに描き続ける若手監督の旗手だ。本作品「最後の願い」は、熊切さんのこれまでの作品とは打って変わって、ある種の青春ものとなっているが、やはり熊切節は健在。第1話が10月16日、第2話が10月19日、第3話が10月23日、第4話が10月26日の配信予定。

今後、まだ続々と興味深い作品が配信される予定です。1話5分でどれだけやっているのか。想像もつかないと思いますが、けっこうハイクオリティなことやってるわけですよ。ぜひぜひ注目していてください。auでも見られるようになって、そのうちソフトバンクでも見られるようになる予定です。携帯ドラマの波に乗り遅れないように!

|

« 金子修介監督作品「結婚詐欺師」 | トップページ | 金子組の松枝ですがなにか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/16556598

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯ドラマの波:

« 金子修介監督作品「結婚詐欺師」 | トップページ | 金子組の松枝ですがなにか? »