« コクーン歌舞伎「三人吉三」 | トップページ | 野田地図「THE BEE 」2回目 »

2007/07/01

野田地図「THE BEE」

締め切りラッシュで
パソコンがクラッシュ
なんてラップのようなことになってます。

そんなわけで、シナリオを漫画喫茶で書いている日々ですが
ちゃんと芝居も見に行っているわけで、
とうとうついに三軒茶屋シアタートラムで
繰り広げられている野田さんの舞台
THE BEE
を見にいきました。

野田さんの舞台はいつもそうなんですが
想像力が最大限に生かされるシンプルな舞台装置が素敵。
(話を聞くと、 みかけほど裏はシンプルじゃないようだったけど)

紙いいよね。
ぼくらも紙つかうよ。
紙を使った舞台というと
野田さんの「パンドラの鐘」を思い出す。
野田さんもあの美術は自分の作品のなかでも気に入っているようだった。
ぼくらも「錆びた少女」では紙をつかったなあ。
というか「ダンス・ダンス・ベイビーダンス」の再演も紙だった。
紙はいいよ。
うん。次の舞台では、僕もまた紙を使おう。

で、「THE BEE」。

話は簡単で、
妻子を人質に取られた男が
妻子を救うため犯人の妻子を人質にとるという話。

その関係がすでに詩的で面白いわけだが
舞台の雰囲気は
昔見たロバート・ウィルソン「ヴォイツェック」とかに似ている。
積み重なる些細なことが
温和な人間を狂気に追い詰めていくさまを
丹念に、時にコミカルに描いている。

積み重なる些細なこと・・・
それはハチの羽音のウザさであり、
「じりりり・・・」と不快な声で真似られる電話の呼び鈴であり、
テレビから流れてくる料理番組の音であり、
台所で刻み続ける主婦の包丁の音であり・・・
日常が人間を静かで愚かしい狂気に追い詰めていく。

そして繰り返されていく無意味な狂気。
それはなんだか物悲しくもある。

結構、殺伐とした話だったけど
原作者の筒井康隆さんは
「けっこうロマンチックにまとめたんですね」
と言っていたとか。

たしかに野田さんはロマンチックなんだ。
僕はずっとそれを思っている。
昔から思っている。
だいたい東大法学部で官僚にもならずに芝居を続けてるなんて
そこがそもそもロマンチックなんだから。

野田さんは、人間の狂気を切ないポエムに変えた。
世界標準の芝居を見たい人はぜひ行くべきだ。

観劇後、同行した金子修介監督と画家の鈴木和道さんと女優の岡村麻純(ますみ)と楽屋に詣でた(鈴木和道さんは夢の遊眠社の初期のチラシを書いている方で、実は金子さん、野田さん、鈴木さんの三人の芸術家は小学校の同級生でもあるのだ)

芝居後のハイテンションの野田さんはたくさん話してくれて、僕が高校生のころ野田さんに腕にサインしてもらったことも、おぼろげながら覚えていたみたいだ。「今度、農業少女をやらせてもらいます」と言ったら、「いいじゃん、どんどんやったらいいじゃん」と言われた。「巨人の清原のこととか台詞あるじゃないですか、今の時代的に治そうと思ったんですけど、あの空気感はやっぱり巨人の清原でしか出せそうもナインですよね」と言ったら、「そうだね、みんなも覚えてるだろうし変えなくていいんじゃないの?」とかも言ってもらった。

立ち話をしていると、野田さんが「そば食いに行こうぜ」と言い出し、みんなでそろって蕎麦屋に。どうやら野田さんの行き付けらしい近所の蕎麦屋に。

THE BEE」の裏話もたくさん聞いた。

あの包丁は本物で、最後、ヒヤッとさせられるのだが、実際野田さんはあれで怪我をしないように細心の注意をはらっているようだ。紙にくるまれるときは真っ先に包丁を机の下にしまうそうだ。「The Bee」は今回の日本公演に先立って英国で作り上げられたものだが、そのとき包丁を振り回す役はイギリスの役者がやっていて、日本だと包丁は本身じゃなくて刃を落としたりして危険じゃないようにしてやったりするのだが、イギリスの役者は本物でやるのが当たり前だというように疑問もなく振り回すので、野田さんも刃落としましょうとは言えなかったのだとか。しかし、イギリスの役者が演技に没頭し逝っちゃった目で包丁を振り回すものだから、野田さんはこいつはちゃんと計算してやっているのかを見極めようと必死になったとか言っていた。

それから紙にいろいろ投影したり、裏からやったりするのはワークショップで出たアイデアを実現する中でやったのらしいが、うまくいってラッキーとか言っていた。アイディアはよくても実際にはうまく行くとはかぎらないからだ。そしてあの表面のいろんなことを実現するために裏では大変な苦労をしているそうだ。紙が切れてドアになるのだって、その作業中にぺランとならないように裏で工夫をしたりしている。また浅野さんの影を後ろから投影するのだが、このときに物がたくさんあったら映ってしまうので、それをかたしたり、うしろは見えないところで結構大変なのだそうだ。

野田さんが次ぎ再演する「キル」についても聞いてきた。次の主演は妻夫木聡くんがやるらしく、これはすごいよね、初舞台。で、もう何回かワークショップらしきものはしているらしく、妻夫木くんのことを唐沢さんの若かりし頃みたいだと野田さんはほめていた。またすごい舞台俳優が現れるのかな。妻夫木くんはいま映画に引っ張りダコだから、今後の舞台出演なんかスケジュール調整むつかしそうだけど。ヒロインの広末涼子も非常に楽しみだ。

三人吉三の話もした。
椎名林檎さんの曲の使い方について野田さんと意見が一致した。

芝居以外にも、金子さん、鈴木さん、野田さんの、小学校の同級生トリオの丁々発止のやりとりが面白くて、でも傍から見たら、映画界、美術界、演劇界の巨匠がこうあつまっていて、しかも小学校の同級生で、なんなんだろうね?不思議な空間だった。そこにいられた麻純と僕はしあわせだなあ(笑)

今日はこういう展開になることを予想していなかったけど、これから8月末、野田さんの「農業少女」をやるにあたって、僕と麻純にとっては非常にテンションのあがる出来事だったのは間違いがない。

あ、言いそびれてますが、
8月末、渋谷のギャラリーで
番外公演をやります。

番外というからには普通やらないことをやるわけで
うちの役者の野木太郎、安川結花、藤澤よしはるの作・演出作品を上演したりする予定ですが、主宰である僕自身は、野田秀樹さんの戯曲「農業少女」を、グラビアアイドル兼女優の岡村麻純主演でやろうと思っています。お時間のある方はぜひ見に来てください。

帰り、トラムにもどり、The Beeのイギリスバージョンのチケットを予約。またしても、金子監督、鈴木和道さん、岡村麻純と同じメンバーで出かける。みんながどんな感想を持つのか楽しみだ。

|

« コクーン歌舞伎「三人吉三」 | トップページ | 野田地図「THE BEE 」2回目 »

コメント

こんにちは。
『キル』『野田秀樹』のキーワードでおじゃましてみました。
すみません、お芝居はあまり詳しくないんで教えていただきたいんですけど、ワークショップってどういうのですか?
即興芝居みたいなものかなあ、と想像しています。
面白そうな舞台ばかりですね。機会があったら、アロッタファジャイナさんの公演も観に行きたいです。

投稿: つまぶろ。 | 2007/07/03 19:15

どうも、つまぶろさん。
コメントありがとうございますm(_ _)m

演劇でやるワークショップは
本公演をつくるための作業的な試行錯誤というか、たぶん演出家や劇団によってやることは違うのだと思いますけど、即興芝居が中心というのは正解だと思います。

野田さんはワークショップを良く開かれていて、
たとえば、こんなのがあります。
http://www.cdij.org/pf/ws/96play2.html
役者や演出家が本気でぶつからないといけないものでしょうね。
練習走行というか。
ちゃんとレースに出るためには
練習走行をきっちりやっておかないといけない的な。
機会があったら、うちの公演も見にいらしてくださいね!

投稿: まつがえ | 2007/07/04 05:37

どうも、つまぶろです。
野田さんのワークショップのリンク、拝見しました!
うわ、すごいですね~。
こんなことやるんですかあ。すごい参考になりました。
ありがとうございます。

はい、機会があればぜひ観劇させてください!

投稿: つまぶろ。 | 2007/07/06 19:23

こんばんは、

「THE BEE」、私も観ました。そして貴記事をものすごく興味深く読ませていただきました。紙や包丁に関する裏話などむさぼるように読んでしまいました。
また、筒井康隆氏が、芝居を評してロマンチックとおっしゃったことなども・・・、まあ。原作を読むとなるほどなと思います。

この芝居、確かに世界水準の芝居だったかもしれませんね。
道理で中村勘三郎さんが大竹しのぶさんを連れて観においでになるわけです。(目撃してしまいましたというより、ぼっとしてる私の前をお二人がなにげに通り過ぎていって、びっくりしてしまいました)

しかしあとで印象が深くしみこむ芝居でもありました。自分のブログにも書いたのですが、私にとっては、終盤、蝶々婦人(?)の音楽の中で繰り返される日々が強烈で、6月30日のソワレで観た感覚がまだ頭から抜けずにちょっと困っています。

ところで、「農業少女」をやられるのですか?是非拝見したいです。野田地図版を見ていて、結構お気に入りの芝居の1つですから・・・。
こちらのブログ時々チェックしますので、ぜひとも余裕を持ってチケット発売情報を掲載くださいませ。

すごく楽しみにしております。

投稿: りいちろ | 2007/07/06 22:29

>つまぶろさん

 今度、番外公演ですが
 8月やりますよ。
 ぜひ見に来てくださいね♪

>りいちろさん

 あ、そうです。
 農業少女やります。
 しかも2バージョンやる予定。
 できるのか!?(笑)
 がんばるしかない。
 正式発表をお待ちくださいm(_ _)m

投稿: まつがえ | 2007/07/07 01:10

初めまして。
今日、楽を観てきました。
野田さん、間違いないですね。
なにがいいって、音感なんですよね。
言葉も、その言葉が出てくるタイミングも、
それを発する役者の動きも、
全部音感で決まってるんですよね。
最高でした。

ところで、このブログの中で、椎名林檎の音楽の使い方への見解が一致したとかかれていますが、
どのような見解だったのでしょうか。

僕は、椎名林檎、野田秀樹双方の大ファンなので大変気になります・・・

投稿: リュウイチ | 2007/07/10 02:46

リュウイチさん
お返事遅くなってしまいました。
すいませんm(_ _)m

>なにがいいって、音感なんですよね。

その通りですよね!
僕もずっと思っていました。
野田さんの芝居は音楽なんですよね。
台詞も動きも。

ほんとうにそうだと思います。
英国バージョンも楽しみです。

椎名林檎さんの音楽の使い方・・・
については、直接聞いた者の特権として
ここではお話しません。
もったいつけるようですが(笑)

とりあえず
野田さんからいろいろ秘儀を盗んでいきたいなと、そう思っています。

投稿: まつがえ | 2007/07/16 02:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/15613416

この記事へのトラックバック一覧です: 野田地図「THE BEE」:

« コクーン歌舞伎「三人吉三」 | トップページ | 野田地図「THE BEE 」2回目 »