« 放送してたりするけど | トップページ | 「偽伝、樋口一葉」DVD販売開始♪ »

2007/06/12

金子監督サプライズ誕生日会

6月8日と言えば
われらがお世話になっている
金子修介監督の誕生日。
しかし、今回は
現在今日も撮影しているショートフィルムの準備があり
8日はスケジュール的に金子監督があかないので
9日に金子監督のサプライズ誕生会なるものを開いた。

そもそも、発端は5月12日
すなわち僕の誕生日である。

斉藤新平を幹事とした
「サプライズなんだかどうだかよくわからないが
 松枝人生最大のにぎやかな誕生会」
が開かれた。

これに、僕はえらく感動させられた。
みんなのくれた誕生日プレゼントも考えられていて
ほんとうに今でも使っていたり。うれしかった。

しかし
斉藤新平が幹事で僕の誕生会をする
というのは僕には伝わっていない・・はずだったのだが
さまざまなところから情報が漏洩してきて
すっかり当日には状況がわかっていた。

誕生日をそうやってひらいてくれるのは
ほんとうにうれしい。

まじうれしい。

確かにうれしい。

うれしいけど・・・・

サプライズパーティーとしては、その情報漏えいはまずかろう。

逆に僕が気をつかっちゃって
新平が誕生日会を準備していることには
気付かないふりをしたり(笑)
そういうことがあった。

誕生日会自体には感動し、
これを開いてくれた新平や太郎たちのために
いろいろしてやりたいなあ的な感動の会になったのだった。

そのときに思ったのだ。

金子監督の誕生日会には
完璧なサプライズパーティーというのを演出してやろう
と自分の誕生会のときに僕は思ったのであった。

それが今回の金子監督サプライズ誕生日会の複線である。

で、どうすれば金子監督を驚かせられるか・・・考えた。

まず、僕が自分の誕生日会開催を知ってしまった
その経緯を考えるとまず
新平「今度の土曜日、飲みに行きましょうよ」
松枝「ああ、いいよ、なんで?」
新平「いや、なんとなくですよ」
そのときは土曜日が自分の誕生日とは忘れていたが
手帳に書くときに、
「あ、オレの誕生日・・・」
となり
「てことは、新平・・・たくらんでるな(笑)」
となってしまった。

つまり、無駄に隠すと
「たくらんでること」がバレてしまうということ。
これ教訓です。

なので、監督には
最初から
「誕生日会をしたいのですが」
と伝えていた。

つまり驚かせるためには
監督の耳に入るさまざまな情報が
自然でなくてはいけないと言うことだ。

僕が金子さんの誕生日会を開かないわけが無いので
開くと伝えないと怪しまれる。

これはシナリオの作法にも通ずる。

観客を驚かせるときに
そんなことが起こらない
起こりそうも無い情報を大量投入しておいて
ガンと驚かす。

だからシナリオライター、脚本家、演出家として
金子監督を驚かさないわけにはいかないのだ。
という勢いでプランニングした。

誕生日に気付かないふりをして飲みに良くと言うのは
不可能だし、そういうのは逆にサプライズパーティーを予想させてしまう。

もういっそのことオープンに情報を金子さんに伝え
金子さんの想像する僕が行動するであろうように行動する。
つまり松枝ならまあ、こういうことをするだろう、と金子さんが想像するだろうことを実行する・・・・ようにみせてそれを上回ることをする。これがポイントだ。

あと大事なのは口止めね。
とくに誕生会に誘ったけどこれない人からもれる可能性が大。
誕生会が本当の誕生日の次の日だけに
誕生日メールを
「ハッピーバースデイ監督!
  明日の会には出れません!」
とかメールを打たれたらやばい。
なのでみんなにサプライズパーティーをやることを公言し
徹底した口止めを行った。

そして金子さんにはぼくから巧妙に嘘の情報を流す。

誕生日会をさせてください。

なるべく沢山人を集めます!と宣言。

なかなかスケジュール調整がむつかしく
来るのは劇団を中心に5、6人です。

渡来君も仕事が終わり次第これるかも知れません。
(と増えそうだけどもそんなに増えないよ情報を流す)

そして当日

というのが僕が事前に金子さんへ伝えた情報。

金子さんは、普通に
「じゃあ、来ても10人ぐらいかな」
という予想を立てるだろう。

しかし、実際は40人以上!

当日来ることのできないデスノートのプロデューサーである日本テレビの佐藤プロデューサからスパークリングワインの差し入れなどもあり
京都で撮影中で参加できない満島ひかりちゃんからのプレゼントもあり
女優・山本奈津子さんの乾杯の発声もあり
「ITバブルと寝た女たち」の初日舞台挨拶を終えた佐藤太監督の乱入もあり・・・
金子さんが世話になっているたくさんの役者たち・・・
ほんとうににぎやかな会を催すことができた。
僕と渡来君とで思いつく限りのメンバーに声をかけた。

結果、金子さんには非常に驚いてもらえた。
それが僕の満足。
シナリオ通り!ってかんじで(笑)

誕生日会の模様は渡来くんのブログで。

しかし、みんなの協力、みんなの金子さんへの愛があって成立した誕生会だった。
というか驚かすはずの幹事が驚く集まりで、ほんとうに楽しかった。
来年はどうやって驚かそうかな(笑)

|

« 放送してたりするけど | トップページ | 「偽伝、樋口一葉」DVD販売開始♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/15405345

この記事へのトラックバック一覧です: 金子監督サプライズ誕生日会:

« 放送してたりするけど | トップページ | 「偽伝、樋口一葉」DVD販売開始♪ »