« 藤原竜也くんの留学の話とか | トップページ | アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督「バベル」 »

2007/06/02

書き忘れた

前の記事で、「藪原検校」パンフに乗ってる
蜷川幸雄×藤原竜也
対談のことを書いた。

このとき、このことを書こうと思っていながら
書き忘れたことがある。
藤原くんががんばってイギリスで勉強している様が目に浮かぶエピソードなんだけど

------------------------------------------

蜷川 具体的には今はなにをしてるわけ?

藤原 今は語学学校生で、カフェで1、2時間のプライベートレッスンを受けています。

蜷川 喫茶店でやってるんだ?

藤原 はい、テーブルを囲んで。先生が休みなくずっとしゃべって、僕はリピート、リピートするという方法なんです。離れたところから日本人観光客が「あいつ英語しゃべれるのか」って言ってる声が聞こえるんですよ。それでこっちは緊張して、顔は真っ赤になるし、汗もこぼれて。そのうち写メール撮られたりして。先生は「なんでそんなに緊張してるんだ」って言うんですけど僕のほうが「気にしないで」って言ったりして(苦笑)

------------------------------------------

なんかちょっと涙ぐましいでしょ。
みんな放っておいてやれよー。
写メなんか撮るなよ。
で、その先生が女とかだと「藤原竜也が女を連れて」みたいに言う観光客もいるんじゃないのかな。
かわいそうだし。
藤原竜也がいまイギリスで学ぶことは日本の将来のために重要なことなわけですよ。
そのがんばってる姿を遠くから暖かく見守りましょうって話。

|

« 藤原竜也くんの留学の話とか | トップページ | アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督「バベル」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/15288857

この記事へのトラックバック一覧です: 書き忘れた:

« 藤原竜也くんの留学の話とか | トップページ | アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督「バベル」 »