« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/29

ナイロン100℃「犬は鎖につなぐべからず」

庭劇団ペニノの野平さんには、
もっと2000円とかのチケット代でやってるクラスの
小劇場演劇をたくさん見たほうがいいとアドバイスをもらっている。

が、時間も無いなか見に行くと
ついつい定番の芝居を見に行くことになってしまう。
蜷川さん、野田さん、松尾さん、ケラさん、白井さんとか。

で、ケラさん。
見に行きましたよ。

青山円形劇場。
舞台と客席が「近っ」
まえもこの劇場に来たことがあるけど
こんなに舞台と客席が近いと感じなかった。

まずもって、
こんな客席と舞台が近い中で
ケラさんの芝居が見られるというのが
かなり客のテンションを上げますよね。
映画に無く舞台にあるものというと
この客席が「中に入っている感」というのが
まず上げられると思うんですよね。
ちなみに、映画館でも
「中に入っている感」が欲しい僕としては
まえめの席で見ますけどね。

で、芝居なんですが
まず脚本が岸田國士なんですよ。
サブタイトルにあるように
岸田國士の書いた一幕劇を七本あつめて
それをケラさん流に再構成、少々の潤色。
井手茂太さんのダンス、豆千代さんの和装。
そういう感じで作られた芝居です。

岸田國士なんていうとほとんどの人が読んだことないわけで
岸田國士戯曲賞のほうの名前でしか知らないというのが
おおかたの観客なんじゃないかと。
かく言うぼくもそんなかんじでした。

ただタイトルの
「犬は鎖につなぐべからず」
というところから
うーん
とうなっていました。
タイトルは岸田さんの戯曲タイトルなんですが
このタイトルからしてすでにケラさんぽい。

まずケラさんには
「すべての犬は天国にいく」
という芝居がありますが
「犬」が入っているということだけではなく
なんとなくタイトルセンスがケラさんぽいわけで。

実際、芝居を見ると
どこが岸田國士で
どこがケラさんなんだか
わからないぐらい溶け込んでいる。
ケラさんが全部書いたと言っても不思議じゃない。
実際、どの程度、潤色が入っているのか知りたいものです。
原作と、上演台本を両方収録している戯曲とか出版しないのかな?
ぜったい買うけどね。

で、この芝居ですが
ケラさんのブログとかいろんなところで
「他愛もないはなし」とか
「何も事件が起こらない」とか
まったりしていて見る側の見る力が試される芝居になる
的な発言が多かったんですが
いや始まって、ところがどっこい
すぐに心臓がドキドキしましたよ。
「すげぇ」
とうなりたくなりました。

そのすごさが、
ケラさんの潤色、演出によるものなのか
岸田國士さんの意図したものなのか・・・
おそらく両方なんだと思うわけで。
たしかに表面的には「他愛もない」のかもしれないけれど
他愛も無いひとことにこめられた微妙な感情の応酬は確実に「劇的」な何かです。
で、それを感じ取るには、微妙な表情やニュアンスが汲み取れるような役者と観客の物理的な距離の近さが必要で、つまり、青山円形劇場じゃなきゃだめだということなわけです。
で、舞台自体を盆廻しするわけですが、これも、固定にすると、ある一方側の微妙な表情しか汲み取れないわけで、それではこの戯曲の面白さが半減する。こっちがこういう台詞を言ったときの相手の表情、その表情に対してこっちがどう反応するかその表情・・・それを見せるには、映画はカットバックの手法が使えますが、舞台はそうはできない。だから盆が回る。回る必要性がある。必要性のある芝居ということです。この芝居、大劇場で、舞台を遠くにして後方から眺める体育館のような普通のプロセニアム・シアターでは面白みを伝えるのが本当に無理なんだと思うわけです。

で、そのときに情報としての台詞、間、ニュアンス、表情、そういうものを的確に輪郭のはっきりしたものとして、ちゃんと発信していた役者たち。

つまり、なんというか、絶品の素材と調理法と、その食べさせ方と、レストランや給仕の雰囲気、そのすべてが芸術的に絡み合ってできあがる広い意味での最高の料理。それを食べさせる。そういうことをやってるわけですよ、芝居として、ケラリーノ・サンドロヴィッチという人は。その姿勢、パクらせてもらいます。

とりあえず、ナイロン100℃「犬は鎖につなぐべからず」は公演残りあと少し。
見に行っとけ。いくべき。感じ取れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/27

ゆうこりんと一緒

うちの劇団は、公演期間以外の稽古は最近しない。
僕が映画とかで忙しいというのもあるし、
だから役者のみんなとは
何かあるとき、飲んだりカラオケいったりするという仲間というかんじだ。
あと映画の出演の話とかたまにあるので
それは役者のみんなには回してあげるようにしている。

こないだちょっと書いたけど
いま上映中の
タナダユキ監督「赤い文化住宅の初子」
安川結花らが出ていることは書いたけど、
次の作品もすでに撮影が終了した。

うちはそんなに知られた劇団じゃないのに
芝居も映画もコンスタントにやっているのがえらいwww
と自ら思っているのだけど
計画的にやってるんじゃなくて
たまたま話がいただける・・・というのがラッキー♪

ほんと僕は運だけはいいんです。

押井守監督監修、神谷誠監督作品の撮影に
助監督さんから話をいただいて
新津勇樹
野木太郎
安川結花
青木ナナ
井川千尋
斉藤新平
滝野裕美
国吉梨那
坂井里会
大島朋恵
が撮影に参加してきました。

80年代のアイドルの話で
一人が何役もやる演劇的なキャスティングで
新津や野木たちがバンドを組んだり
安川らがオニャンコクラブやったり
滝野裕美が松田聖子みたいなのをやったり
森昌子みたいなのがいたりピンクレディーがいたり
なんかもうみんなハマリ役で
現場に行って僕もこの目で見たかったです。
主役は小倉優子、ゆうこりん!会いたかった。
安川が「ゆうこりん可愛かったです」とメールしてくるのがくやしい(笑)

ちなみに神谷監督は金子監督とも浅からぬ縁で
「ガメラ」シリーズは特撮助監督を
「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」では特撮監督をされている
と金子さんに教えてもらった。

ちなみに監修の押井守監督は
パトレイバーや甲殻機動隊などアニメで有名だけど
金子監督とあともう一人のひとと三人だけで学芸大学の映画研究会をやっていたという話もあって、これまた金子監督と関係の深い世界的な監督。というか金子さんと押井さんという二人の巨匠が同時期に所属していた映研っていうのもスゴイよね。
ちなみに、押井さんという人は、ぼくにとっては「うる星やつらビューティフルドリーマー」という名作をつくった人で、ビューティフルドリーマーを見た子供のときには映画館ですげーなーと感動した。併映の吉川晃司主演「すかんぴんウォーク」も良かったなあ。吉川晃司はほんとうに海を泳いできたんだと思っていた。

話し戻して、みんなが出演した映画の話。
シナリオも読ませてもらったけど
ほんと楽しそうだった。
ぜひとも11月公開の時には初日とかに見に行きたいな。
DVD出たら買うな。
みんなの撮影風景なんか収録されたメイキングがあるといいなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/05/24

ラジオ収録

前回の舞台
1999.9年の夏休み
にイケナイ看護婦役で出演してくれた
滝野裕美
という駆け出しの女優がいる。

追加人員オーディションで採用した2人のうちの1人。

彼女は、ブルーレディオドットコムというところで

滝野裕美のシアターカフェ

という番組のメインキャスターと

安倍偲の活動リサーチ社

という番組のアシスタントをやっている。

で、
安倍偲の活動リサーチ社
のほうになんと僕がゲストでよばれた。

この番組は
映画監督とかプロデューサとかを呼んで
いろいろ映画のことについておしゃべりする番組。
過去には木村俊樹プロデューサも出演しているし
熊切監督や山下監督、石川均監督なんかも出演している。

で、「ぼくなんかでいいの?」という気持ちででかける。

なぜか付き人として野木太郎がついてくることになる。
そして偶然メールをもらった井川千尋と青木ナナも合流することになる。
ま、出演は僕だけなんだけど。

19時に浅草橋で待ち合わせ。
そのままラジオ局に向かう。

太郎とはいったん別れる。
太郎は千尋とナナと合流し僕のラジオが終わるまでカラオケに行っていたようだ。

で、収録前に簡単な打ち合わせ。
と焦る。

なぜかというと事前に聞いていないようなことを沢山聞かれる風だったから。

「あなたにとって思い出の映画三本あげて、
それぞれについて面白エピソード語ってください」(語れねー)とか

「あなたにとって映画とは何ですか?」(考えたことねー)とか

そういう質問のオンパレード。

焦った僕は、メインパーソナリティーの安倍さんに

「他の出演の監督さんたちはなんて答えているんですか?」

と聞くと、サディスティック安倍さんは笑い。

「それは教えられません(笑)」

「え、でも話の内容がかぶったりしたら嫌なので」

というと

「大丈夫ですよ。
 さすが皆さんクリエーターですね。
 一人として同じことを言いませんし、
 みんなうならせられるようないいこといいますよ」

そんなこと言えねー。
うならせられねー。
むしろおれがうなるよ。

もう激しいプレッシャーです。

で、

「じゃ、なに言うか考えるので時間ください」

というと

「いや、こういうのは考えないでしゃべったほうが
 いいのが出るって、みなさんおっしゃってますので
 はじめましょう(笑)」

という流れで始まってしまう。

うおー

パニックになってしまいました。

・・・・・・

・・・・・・

気がつくと22時。

予定では収録は21時で終わるはずだったのに・・・。

どんな内容になっているか・・・
たぶん放送は6月の半ばです。
良かったら聞いてください。
って聞かれたくないような気もするけど。

放送の日にちがわかったらお知らせします。

収録後は、太郎たちがいる居酒屋に合流したのだけど
ほんとうに抜け殻になるほどに疲れている自分に気付く。
なんか集中してしゃべったなあ。
あんなに集中力を発揮することはまずないよ。
ちゃんと聞けるような内容になっているといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/21

白井晃演出「血の婚礼」

初日に見に行って、感想をブログにかかなきゃ
と思っているうちに東京公演終わっていました orz

森山未來という人の演技がちょっとすごいことは
「メタル・マクベス」
で判っていました。

役者というのはダイバーで、
自分の意識・無意識という海に潜って
ふつうなら他人に見せないようなものを拾って
海上まで引き上げることをする能力が必要だと思うのですが

この「深いところにもぐる」ってのには決死の覚悟・・・
いや比喩ではなく
本当に死ぬぐらいの
「腹のくくり方」
が必要なんだろうと思うのです。

役者のできるできないは、
この「腹のくくり方」がすべてだと思うぐらい。

で、森山未來という俳優。

彼はきっと死の恐れを乗り越えてる・・・というぐらいに
演技が逝っちゃってます。すごかです。

「メタル・マクベス」の道化的なあれと
「血の婚礼」のストレートなあれと・・・
躊躇などしていると怪我をする。
なりふりかまわずジャンプする。
そこに人は胸打たれ、引き込まれる。

でも、森山くんができるのはなんとなく予想できていた。
ソニンについては、よくわからなかった。
ふーん、ソニンなんだ。ぐらいのかんじ。

が、見て驚いた。
ソニンなくしては成立していない舞台になっている。
話がどうこうと言うのではなく
あの情熱的な風に舞うスペインの熱砂のような芝居を説得力を持たせて成立させるにこんなにふさわしい人はいない。てな感じで、ソニンの「カレーライスの女」とかズッコケル経歴はぶっとぶぐらいにソニンの演技に巻き込まれてしまった。
ていうか、よく見れば、「カレーライスの女」とかあの引いてしまうぐらいの真剣さはよく見ると、いまのソニンの女優としてのすごさをすでに含んでいる。
やっぱりこれもソニンの「腹のくくり方」がすごいからだと思う。

白井晃という演出家はたぶんストレートで誠実。
その誠実さに、竹を割ったような腹のくくり方をした森山君とソニンが絡む。
それなくしては、日本の現代の東京に、スペインを持ってくることはできない。
照れて笑いを入れてしまう演出家も多いだろうけど白井さんはそれをしない。

二時間無いぐらいの短さだけど
そういうことも含めて潔さでできている舞台だった。
まだ見ていない人は、地方まで出かけても良いので見に行ってみてください。
ダンス、ギターの生演奏、明かり、美術、すべてが清々しい舞台でした。
あと浅見れいな美しいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/05/17

タナダユキ監督「赤い文化住宅の初子」

蜷川実花監督映画「さくらん」の脚本も書いている若手美人女流監督タナダユキ監督の最新作「赤い文化住宅の初子」みました。

胸がキュンとする素敵な映画でした。

タナダユキ監督はうちの劇団が木村さんのステアウェイと共同でやった「4人の現役映画監督による俳優のための実践的ワークショップ」にも講師としてきていただいたんですが、非常にクールな人で、撮影現場にもお邪魔したんですが、そこでも結構てきぱきすすめていて、変に偉ぶったところもないし、異常にこだわっている風な感じもないし、結構普通な感じなのですが、できあがりをみると、「月とチェリー」もそうですが、あのサクサク、スピーディに撮影した絵がこんなにも効果的につなげられていると言うことに驚きます。

まだ、見ていない人はぜひ見てください。

タナダユキ監督は、理性的にてきぱきと物語を構築してゆき、しかしその中にも、やはり女性でなくてはかけないだろう透明でキュっとしたポイントをついた映画を撮られています。

ま、タナダ監督が書いている台本読んだ時点からおもしろかったけどね。

ちなみに僕自身はこの映画にかかわってませんが
うちの劇団から何人か出演しています。

新津勇樹・・・・・ラーメン屋の不機嫌な青年

m.m.マダム・・・初子に服をすすめるブティックの店員

安川結花・・・・・港で初子が目撃する妊婦

ナカヤマミチコ・・清魂会でパンを食らう女

大石綾子・・・・・清魂会でひたすら寝てる女

それから「錆びた少女」に出演してくれた
津留崎夏子、弁、上田喜美、大島朋恵 の姿も清魂会で発見することができました。
ポツドールの安藤玉恵さんもいたなあ。

ほんと面白いので
だまされたと思ってみてみてください。
ぜひ。

渋谷シネアミューズで絶賛上映中!!

赤い文化住宅の初子@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/16

サム・ライミ監督「スパイダーマン3」

「ダサくてベタだけど、美しく純粋で感動的な名画」

でした。

ただし、ある補助線に気がつかないと

「映像はすごいけど物語がいまいち・・・」

という感想になってしまうでしょう。

しかし、その感想は断固として間違いです(笑)

これはアメリカ映画史に残る名画だと言っていいと思います。

以下、ネタバレとなるので、ネタバレ平気な人だけ読んでください。

続きを読む "サム・ライミ監督「スパイダーマン3」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

正しくも松枝日記を再開します。

沢山書きたいことはあったのだが
時間がどんどん過ぎてしまって今に至る。

現在、自分は舞台「1999.9年の夏休み」の公演が終わったあと
仕込みの時間に入っている。

映画、舞台、小説、深夜の連ドラ

これからやらなきゃいけないアウトプットのため
沢山良質な映画、舞台、小説、漫画、評論・・・などを摂取していなかきゃいけない。
あと人生経験ね。これをつまないと。
ということで飲み歩いたり大騒ぎしたりもしてました。
先日誕生日をむかえ、とうとう28歳になってしまったのですが(笑)
斉藤新平、野木太郎、安川結花らに大々的に祝ってもらったりして。

すべて書いていると大変なことになるので、
それは徐々に書くとして(書かないかもしれないけど)・・・

とりあえず、映画とか芝居の感想を。

まずは最近見た「スパイダーマン3」について。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »