« 小説を書く | トップページ | 松岡錠司監督「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 »

2007/04/28

結花と芝居

またしてもblogごぶさたしてます。
いろいろあったのですが
今書くと今更な感じなので
今日は昨日見に行った芝居のことを。

安川結花に誘われて
安川結花の後輩たちが演じる

日本映画学校21期2年俳優科演劇公演
「今夜すべてのBARで」

をみてきました。

先日、ある学校の卒業公演を見てうんざりしたので、
あんまり乗り気ではなかったのですが
結花が僕をさそうというのも珍しいし
その珍しい結花がさそってくれた芝居をこの前ドタキャンしてしまったし

ということで、
今回は結花への義理から
「行かねばならぬ」
という気持ちで行きました。

まあ、学生演劇となめていたわけです。

ところが、です。

これ、なかなかの作品でした。
もちろん中島らもさんの原作が面白い・・・
のかもしれませんが
これを舞台に上手にしている。

期待しなかったのに
役者は結構面白く
いますぐどうこうではないが
磨けば明日の日本映画界をちゃんと担ってくれるような人材がかなりいました。

さすが「日本映画学校」と。

僕が気に入った役者さんは・・・
語り部の・・・田中意志人くん
主演の・・・宮川広平くん
ヒロインの・・・江口愛さん
美少年役の・・・三浦城大くん
変な医者役の・・・堀晃大くん
やくざ役の・・・古味哲之甫くん

ほかの人もよかったけど、
とりあえず印象の強かった6人。

気になったのはテンポだけ。
話が面白く役者も悪くないのに1時間半が少々長く感じた。

けれども見ものです。
お時間のある方はぜひ見に行ってください。
銀座小劇場で。
当日1200円。
お得です。

|

« 小説を書く | トップページ | 松岡錠司監督「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/14874561

この記事へのトラックバック一覧です: 結花と芝居:

« 小説を書く | トップページ | 松岡錠司監督「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 »