« ゴキブリコンビナート「ガルガンチュア物語」 | トップページ | 誕生日の夜 »

2007/01/27

本気モードの宣伝写真

うちの劇団のチラシが話題になることが結構多い。

かっこいいとか言っていただくと本当に本当にうれしい。
毎回1枚の写真を撮るためにものすごく時間と労力を費やしている。
それに選ばれなかったけど素敵な写真が本当に沢山ある。
いつかそういう写真を集めて写真集みたいなのを出したいな。

先日、ぼくらのチラシを気に入ってくれたある劇団の制作の人が、チラシのデザイナーを紹介してください的なことで連絡をくれた。

これも本当にうれしいことなんだけど、実はチラシデザインはどこにも外注していない。
すべて僕のアイディアで、そのアイディアに、プロのアーティスティックな写真家さんのアイディアと腕が加わると、いつものあの宣伝写真になるのである。 だからうちの宣伝写真は、ほんとうに僕の作品制作姿勢を表す本気モードの写真なのである。

で、4月の舞台の宣伝写真をそろそろ撮らねばならない時期がやってきたというか、ちょっと遅いんだけど、出演者のスケジュールを合わせるのが大変で撮影が遅れている。まだ発表は出来ないが、○○○○○○○○○○○でグランプリを受賞した子たちなど○○○○から美少女を4人も出演させていただくことになる。それに、うちの○○を足した5人での撮影、はじめての大所帯での撮影となる予定。

人数が多く、それぞれが忙しいため、スケジュール調整が難しい。
そのため本当は群馬あたりに遠征を考えていたのだが、ちょっと無理な感じになった。
あたりまえのことだが、写真は構図とか映っている人間も大事だが、どこで撮るかがかなり重要なポイントになり、スケジュールのこともあって、ちょっと頭を悩ませていた。

幸い、都内にあるちょっと変わったスタジオを発見。胸をなでおろしている。

しかし、そこで安心は出来ない。
チラシイメージを作り上げるためにも、僕が現場に行かねばならない。

というわけで昨日行ってきた。

現場は本当に素敵で、見た瞬間、僕の中にはあるアイディアが生まれてしまった。

しかし、スタジオの人に聞いてみると、そんな風に使っている人はいない様子。天邪鬼な僕は他の人がそんなふうには使っていないと聞くと、ますますそういう風に使ってみたくなる。イメージが膨らみスタジオの人たちとディスカッション。倉庫から小物を引っ張り出してきて組み立て、ああでもないこうでもない。スタジオの人も、すごく協力的、いろいろサポートするアイディアを出してくれる。なんだろう、とても素敵な人たちで、こんなに協力的なのはうれしい。夕飯も食べずに2時間ぐらい考えていた。かなりまたしてもいい写真が撮れる予感。帰りには雨が降っており、スタジオの人に傘をもらう。ほんとうに素敵な人たちで、そういうのに弱い僕なのである。絶対いい写真を撮ろう。そう誓う僕なのであった。

あと大事なのは衣装。
これは直前に○○と行く予定。
○○は○○○○の美少女達とサイズが近い。
彼女に着させるとイメージにいい。

ていうかこないだ男1人で衣装を考えに女の子洋服売り場に行ったのだけど、女の子服売り場で1人ぼくがあーでもないこーでもないと考えていると気合の入った変態君に見えるので、ちょっといやになって、○○をつれていくことにしたのである。
もうすでにいい服のめぼしをつけてある。
これもまたかなりの出費が予想される。
だって女の子5人分だから、それだけでけっこうなるよ。
で、今回は初めてプロのメークさんをつける。
ここでも費用発生OTZ

しかし、そんだけ宣伝美術に金と時間と労力とアイディアをかけているから、きっと良い作品ができるさ・・・・・・・・・・・・・・と自分に言い聞かせる。

スタジオの写真も撮ってきたので、ここに載せようかと思ったけど、ちょっとネタバレになるのでやめます。楽しみにしていてください。

過去の宣伝写真を見たい人はこちらからどうぞ→これまでの作品

|

« ゴキブリコンビナート「ガルガンチュア物語」 | トップページ | 誕生日の夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/13673324

この記事へのトラックバック一覧です: 本気モードの宣伝写真:

« ゴキブリコンビナート「ガルガンチュア物語」 | トップページ | 誕生日の夜 »