« 樋口一葉に集中 | トップページ | いってきます! »

2006/12/04

それだけが舞台の成否をわける

音響ヨシモトシンヤさんに初めて「通し」を見てもらった。
芝居後、打ち合わせ終わりに

「これ、面白い芝居ですよ」

と真顔で言ってもらった。
役者の完成がまだまだで内心いらいらしていた僕は
音響さんの言葉で少しほっとした。
毎週毎週たくさんの舞台を見ているスタッフさんに
「面白い」といわれることは僕的にはなによりもうれしい。

しかし、役者の演技にむらがあるのは事実。
演技と言うか思うに「本気度」なのだが
「ま、いいか」なんて思いがあるとすぐにヘボイ芝居をする。
今日は良かった役者も気を抜くと明日にはトンでもない芝居をする。
もう稽古の回数は無い。
無いが僕はこのことはプラスに働くと思う。
後は無い。
もう本気を出すしかないのだ。
余裕がある、余裕が無い
経験がある、経験が無い
才能がある、才能が無い
若さがある、若さが無い
・・・
そんなことにはもう関係なく
本気であるかどうか
それだけが舞台の成否を分ける。
僕らはいまそんなところにいる。
「本気を出す」
その後もはや僕らは
すがすがしい思いで観客の、
そして天国の那須さんの審判を仰ぐのみである。

--------------------------------
本日発売のスポニチ芸能欄に
「偽伝、樋口一葉」の記事が出ています。
僕らサイズの小劇団で
こんなところにでっかく記事が載るのは
ちょっと画期的なんじゃないかと思います。
関係各者、スポニチさんありがとうございました。

あと本日夜東京FM「イブニングファイル」では
監修の金子修介監督がゲスト出演。
映画「デスノート」の話、
今回舞台「偽伝、樋口一葉」の話をされる予定です。
ぜひお聞きください!!

|

« 樋口一葉に集中 | トップページ | いってきます! »

コメント

たとえば100人の人が観劇したとして、2時間のお芝居なら、一公演で、のべ200時間...一人の人の人生の一週間の以上の時間...。
チケットを買う為の「かね」も、そんな人生のうちのある一定の部分をやりとりして得たものだったりします。
そんな時間やお金を頂く重さをわかっている..本当の役者さんなら「本気」にならざるを得ないでしょう。出演者の皆さんはそんな人達だと思います...ましてや、題材が「かね」に苦労した樋口一葉さんだしなぁ...。

...きっと素晴らしいものになると信じています。
あー、はやく見たい!(^^)

投稿: 猫ぴ@もか組 | 2006/12/04 22:07

いつもコメントありがとうございます。
今日もがんばってきます!
ついに明日は初日ですね。

投稿: まつがえ | 2006/12/05 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/12929770

この記事へのトラックバック一覧です: それだけが舞台の成否をわける:

« 樋口一葉に集中 | トップページ | いってきます! »