« 満島ひかりについて語る | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

2006/12/30

ふたりきりのクリスマスイブ

クリスマスはイブの24日が勝負なのか25日が勝負なのかと言えば、もう当然イブ派な松枝です。

そのわたくし松枝、突然の金子監督のお誘いで、

24日の夜は

【楳図かずお/渋谷飛鳥】
「神の左手 悪魔の右手」DVD発売記念
☆クリスマスイベント☆


に行くことになりました。

しかも、スタッフ関係者にも内緒で。
ほんとうの飛び入りで行くことに。
 (→その様子はここでレポートされてます)

まず金子監督と少し前にあつまり
楳図先生と渋谷飛鳥ちゃんに渡すクリスマスプレゼントを買う。
当然クリスマスだし、楳図さんだし、赤白のシマシマを買う。
楳図さんには赤白シマシマを着た雪だるまの空気人形。
渋谷飛鳥ちゃんには赤白の毛糸のカーディガンとマフラーを。

買った後、秋葉原のイベント会場に移動。

当然、東芝エンタテイメントの今村さんらがいるわけだが、びっくりされる。
プレゼントを渡す段取りを司会のトナカイさんと話して決める。
あとは後ろのほうの客席にすわり、お客さんにまぎれる。

トナカイの衣装を着た金子デメリンさんと東芝エンタテイメントの人が司会、
なぜか激しくテンションの低い司会に爆笑。

つづいてハイテンションの楳図さんと飛鳥ちゃんが司会要らずのじゃんけん大会をし、スーペルバッコの赤ワイン(アマローネ)をはじめとする楳図さんが厳選したクリスマスプレゼントの争奪戦になる。
僕らは見つからないように静かにそれを後方から見守る。
でイベントが一段落終わると言うときに、打ち合わせどおり、司会のトナカイさんが僕らを特別ゲストとして壇上に呼び上げてくれる。

壇上で久しぶりに会う楳図さんに緊張。
無事プレゼントをわたし
金子さんと僕と楳図さん飛鳥ちゃんの4人でグワシ!
マスコミの人たちにパシャパシャ写真を撮られる。
Xmas




イベント終了後、秋葉原だし
金子監督をつれて冥土カフェに行く。
想像どおり微妙な空間。

金子監督が激しくするどい質問で、冥途の女の子を赤裸にしていく。

オタクな気分を堪能した後、
新宿に移動し、偽伝、樋口一葉の最中に見つけた焼き肉屋「美豚」に行く。
クリスマス限定、豚の食べ放題で豚になる。
人生ではじめての
「おっさん2人っきりのクリスマスイブ」
はなかなか楽しかった。

おっさんどおしでクリスマスプレゼントの交換・・・それはさすがにやりませんでしたが。

ちなみに「美豚」の豚はほんとうまいです。
が、担当してくれる店員によって味がほんと違うので、そこんところ要注意です。
やっぱり店長の焼き方が一番うまいようです。

|

« 満島ひかりについて語る | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

コメント

こんなイベントあったのか!しまった。
東京にいたのに!

しかし、イベント終了後の監督と松枝さんをちょっと離れてみてみたかった気もします(笑)


#今年はいろいろ楽しかったです。来年も楽しいこといっぱい起こること期待してます。
よいお年を!

投稿: 猫ぴ@もか組 | 2006/12/31 11:19

猫ぴさん
あけましておめでとうございます。
去年はほんとうにたくさん見ていただきイベントにもきていただきありがとうございます。良い意味でのペースメーカーになっていただきました。

今年もよりよい作品作りを目指します。
ひきつづきごひいきのほどよろしくお願いいたします。

投稿: まつがえ | 2007/01/02 01:51

今更のコメントで済みません。
11月末に懇意にしていた監督に逝かれてしまい
失意のあまりこのブログのチェックを怠って
いました。

昨年はマツガエさん脚本作品にスタッフとして
参加、『錆びた少女』にはお誘いいただいたのに
伺う事も出来ず、『樋口…』を拝見することも
出来ませんでした。みんな貧乏のせいで仕事を
詰め込みすぎた為です。お恥ずかしい、イヤ
義理を欠いて申し訳ないと反省しております。

因みに、私はグワシが出来ます。左手ならほぼ
完璧に…実はコレが言いたかったのです。

投稿: yoisho | 2007/01/06 19:43

yoishoさま。

11月ですか・・・
お悔やみ申し上げます。
同じような立場になった者として
心中推察して余りあります。


その苦境の中にも
グワシを忘れぬ心構え。
すばらしいです。
いつのひか一緒にお仕事しましょう。
というかカツテしたことあるのですね?
どなたなんでしょうか・・・
むむむむ

投稿: まつがえ | 2007/01/14 02:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/13268037

この記事へのトラックバック一覧です: ふたりきりのクリスマスイブ:

« 満島ひかりについて語る | トップページ | あけましておめでとうございます。 »