« いってきます! | トップページ | 葵ナイト開催♪ »

2006/12/13

「偽伝、樋口一葉」閉幕

アロッタファジャイナ第7回公演
「偽伝、樋口一葉」
全8回公演、好評のうちに終了することができました。
ご来場いただいた皆様、スタッフ・キャストの皆様、そのほかご協力いただいた皆様、関係各所、各キャストの所属事務所さま、本当にありがとうございました。お花や、差し入れを届けていただいた皆様、ありがとうございました。
初日は、僕の不手際で開場を30分も遅らせてしまい、並んでいただいた方々に、本当に寒い思いをさせてしまいました。まことに申し訳ありません。その不手際の幾分かを芝居でお返しできていればうれしいです。もちろん2度と同じことのなきように注意します。
監修の金子監督には、練習ばかりではなく、宣伝にご協力いただいたほか、本番公演もほぼ全日程観劇いただき、毎晩、次の日の公演をよくするための本直し、演出直しに、終電ぎりぎりまで協力してもらいました。返しきれないほどのご恩を受けました。本当にありがとうございました。

---------------

今回公演は、故・那須博之監督が映画化を構想していた「樋口一葉の人生」を舞台化してみよう、そういう思いから始まったのですが、那須監督の目指していたものと同じになっていたかどうかは分かりません。というか、確実に、僕の書いた「樋口一葉」になってしまっています。が、天国の那須さんはあのダミ声で「ありだ、あり」そう言ってくれている気がします。那須監督が「ありだ、あり」そう言ってくれる作品となっただろうことは、本当にほっとします。ただ、僕の中で樋口一葉をこれで制覇したという気持ちがあるわけではありません。いつの日か、もう一度、樋口一葉と対決したいと考えています。

今回公演は、アンケートやmixiなどの劇評でも概ね好評で、というか過去の作品の中で一番評価を受けている気がします。僕的にも、今回作品、無茶をしたなという感じがとても強いので、その無茶をした作品が評価を受けていることについては、ほんとう心からうれしいです。

無茶をしながらも、今回公演がこんなにも好評をいただいた理由の大きなものとして、「役者陣がたゆまず努力をしていたこと」があげられると思います。演出家松枝としても、あらためて役者というのものの存在意義を知る良いきっかけになりました。満島ひかり、俊藤光利、渡来敏之という黒船の来航が、他の役者陣を触発し、演出家を触発し、監修を触発し、それがまた皆を刺激しあい、最後の最後までぎりぎりと努力を続けたことが、今回作品を確実に良いものへと変えていった。「たかが小劇場」「たかが1ヶ月半」そう考えれば、妥協し手を抜き首をすくめやり過ごすことも出来たはず。だが監修の金子さんも、僕らスタッフも、ひかりチャンら役者陣も、誰一人、「たかが」そう思わずに、「本気」でこの作品と向き合い、戦ってきた。それが、この作品が高評価を受けたことにつながっている。それは本当に喜ばしいことだと思う。

---------------

いずれにせよ、仲間内の努力はともかく、お客様に見ていただかないことには作品は完成しない。また、たくさんのお客様を前にすると、芝居が不思議と輝きだすというのも事実。確実に今回作品は、スタッフ、キャストのみならず、たくさんのお客様が居て、最高のものに仕上がったのです。お客様のおかげです。ほんとうに多数のご来場ありがとうございました。次回は、4月はじめ、吉祥寺シアターです。今回面白いと思ってくださったお客様は是非お友達を誘ってきてみてください。今回面白いと思えなかったお客様も、あきらめずにもう一回のチャレンジと考えて来てみてください。皆様の声援、叱咤激励があり、はじめて僕らの芝居が完成します。かならずや期待に沿える公演をうちます。今後とも、アロッタファジャイナをどうぞよろしくお願いします。

----------------
p.s.
皆様の今後の公演などにかんするご意見を
mixiのアロッタファジャイナのコミュニティでお聞きしたいと思います。
mixiで会いましょう!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=915803

|

« いってきます! | トップページ | 葵ナイト開催♪ »

コメント

お疲れさまでした。舞台、楽しませていただきました。
日々、よりいいモノを目指して、変わり続けるという姿勢、素敵でした。役者陣の全力っぷりもしっかり見ました(キャストのみなさんに惚れ直しましたよ...^^)。

一葉さん、緑雨のことをもっと知りたくもなったりしたなぁ...。

あ、そうだ。劇中、「先生...」と一葉が語る台詞がと、松枝さんが那須監督に話かけている言葉のように聞こえて来たりも...。すぐにとはいいませんが、
松枝さんや、みんなが惚れ込んだ那須監督に映画でも、舞台でも、小説でもいいです....会わせてください。

投稿: 猫ぴ@もか組 | 2006/12/13 11:14

猫ぴさん
全公演観劇ありがとうございました。

緑雨のことをしりたくなりましたか。

実は、その後の緑雨伝があるのですよ。
本当はそれも込みでやるつもりだったのですが、あまりに長くなるのと焦点がぼけてしまうので調べたものの泣く泣く削除したのです。

今となってはその後の緑雨伝をやらなくてよかったですが、これれはこれで面白いものなんです。
いつか上演できるといいなあ。

投稿: まつがえ | 2006/12/14 04:22

大阪に帰って来て、一番最初にしたことが、
緑雨の警句集を探すことでした(ようやく、今日、入「緑雨警語」を入手!)。

いつか、緑雨伝も見てみたいですー♪

投稿: 猫ぴ@もか組 | 2006/12/15 11:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/13052167

この記事へのトラックバック一覧です: 「偽伝、樋口一葉」閉幕:

» ミクシーでブログを書こう [ミクシーでブログ!]
今話題のミクシーでブログを作ってみませんか? 会員同士だけで話せるブログなら安心ですよね。 [続きを読む]

受信: 2006/12/13 08:24

» mixi、「mixiモバイル」10万登録を開始3日で突破! [今日の気になるニュース@総合]
携帯によるmixi登録ユーザー数が、開始3日で10万人を超えた。 13日、mixiの携帯版「mixiモバイル」の登録ユーザー開始3日で10万人を超えたと発表しました。 12月1日からmixiモバイルへ携帯電話からのメッセージ送受信を無料とし、mixiプレミアムの機能も拡張して、4日から携帯電話のみでmixiモバイルへユーザー登録が行えるようになりました。 EZ GREEなど他の携帯SNS(ソーシャル�... [続きを読む]

受信: 2006/12/14 20:34

« いってきます! | トップページ | 葵ナイト開催♪ »