« 4月はもうすぐそこに! | トップページ | 望月六郎監督のお芝居 »

2006/12/26

デスノートとか神の左手とか・・・

少しだけ今年をかえりみます。

結構、ディープでした。
まず昨年作り終えたTBS生命スペシャル内で、
僕の初テレビ作品
短編ドラマ2本「河童」と「まる。」が放映となりました。
同時にデスノートの話が来て
結局デスノート前編後編にびっちりとたずさわりました。

僕の人生いきなりのビッグプロジェクトでした。
脚本ではなく、監督補、脚本協力という立場でしたが
なんだか恐ろしく熱中したというか
関わるものとして必死に
この映画をよりよくしようと力を尽くしました。
いろいろな経験ができ、また努力の甲斐も感じられ
結果として、デスノートは大ヒットもしているし
なんというかほんとうにやり遂げたとの思いの強い仕事になりました。
楽しかったですし。

プロデューサー、監督、脚本・・・と皆が一丸となって本を作り
そして現場では、スタッフキャストがこれまた一丸となって作品を作る。
こんだけ大きな予算をかけている映画なのに
「神の左手悪魔の右手」なみに結束の固いスタッフ現場でした。

またこのデスノートの合間に
僕の初シナリオ映画楳図先生原作「神の左手悪魔の右手」が上映になりました。
僕の父であり師である那須博之監督と企画し作り上げた台本を元に
昨年夏撮影された映画です。
那須監督の通夜で知り合い、
現在、もっとも深く影響を受けている金子修介監督、
那須監督に続く第2の師である金子監督との
記念すべき第1回目の仕事にもなっています。
この仕事が無ければ世に出た映画「デスノート」も違うものになっていたでしょう。

「神の左手悪魔の右手」
についてはメイキング作成の手伝いもして
広澤葵嬢にナレーションをお願いしたりもしました。

ロフトプラスワンでの楳図先生のイベントに
金子監督、成田プロデューサーとともに出演したりもしました。

それから一本、
僕が見つけてきた原作の映画化プロジェクトを動かしました。
これはきっと来年撮影となるでしょう。
プロデューサ見習いとして
はじめて他のライターさんの本直しにつきあったりしました。
右往左往、いろいろありましたが、
結果として、原作のいいところを本当に大事にした
良い本が出来上がったと思っています。
来年の撮影がほんとうに楽しみです。

また1本、王様・木村俊樹プロデューサのもとで、
死ぬような思いをして書いた作品、
映画「ラブレター蒼恋歌」も映画として完成し、
無事上映の運びとなりました。
来年にはDVDになります。

|

« 4月はもうすぐそこに! | トップページ | 望月六郎監督のお芝居 »

コメント

まつがえ様
私にとって今年はデスノートに始まり、デスノートに終わった年でした。
実写映画化決定!のニュースから、不安や期待で、こんなに胸をワクワクさせながら映画館に足を運んだのは実に十数年ぶりくらいです。
こちらのブログをちょくちょく覗かせて頂きながら、ライブでデスノートを楽しませて頂きました。
映画版デスノートに出会えて本当に良かった!と心から思える作品でした。
ありがとうございました。
来年もますますのご活躍期待しております。

投稿: なるみ | 2006/12/29 14:13

なるみさま
デスノートを愛していただき
ほんっっとうにありがとうございました。
産むのが大変なだっただけに
デスノートはほんと僕自身愛したい映画です。
ずっとずっと末永く皆から愛される映画でありますように。
そう祈らずにおられません。
来年もよろしくお願いします。

投稿: まつがえ | 2006/12/30 05:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/13205047

この記事へのトラックバック一覧です: デスノートとか神の左手とか・・・:

» 芸能情報 [芸能情報]
芸能界のイロイロ [続きを読む]

受信: 2006/12/27 12:38

« 4月はもうすぐそこに! | トップページ | 望月六郎監督のお芝居 »