« 長塚圭史「アジアの女」 | トップページ | ついについにデスノート!!!! »

2006/10/25

完成披露試写の夜に

昨日は、前編に引き続き脚本段階で僕も参加している
映画デスノート後編
『デスノート the Last name』
ジャパン・スペシャルプレビュー
が東京国際フォーラムで開催された。

つまり一般お披露目、完成披露試写というやつである。

なんと5000人もの一般客があつまったというから驚き。
どんなスクリーンで上映だったんだろう。

前編のときも、舞台「錆びた少女」の脚本執筆でいけなかったが
後編も、12月舞台「偽伝、樋口一葉」の脚本執筆&稽古のために行くことが出来なかった。
あの晴れ晴れしいハリウッドっぽいところにいつかは行きたいなあ。

それはそうと、金子監督からのメールによれば、
完成披露試写は大いに盛り上がったとのこと。
それはそうだろう。
松山ケンイチさん、戸田恵梨香さん、片瀬那奈さん、
マギーさん、上原さくらさん、藤村俊二さん、満島ひかりさん、
青山草太さん、五大路子さん、そして金子修介監督
総勢10名が集結し舞台挨拶を行ったのだから。

あれ?藤原竜也君は??舞台の稽古かな?

藤原君も僕らの舞台と同時期12月に、
野田秀樹さんの作演出作品「ロープ」に出演する。
現在はその稽古中のはずである。
(野田さんもまだ脚本完成して無いらしい・・・)

面白いのは、金子監督と野田さんは小学校からの親友。
そんな身近な2人の演出家の下で大きな仕事をつづけてやることになった藤原君というのもなんか運命なんだろうなあと思う。

僕も、前このブログかなんかで書いたけど
高校生のときからずうっと野田秀樹さんにはあこがれていて
高校三年生のとき、偶然野田さんがうちの親父が経営する不動産屋で家を買ったのだけど、わざわざ契約のサインをする銀行まで親父についていって、野田さんに挨拶、両腕に直接サインを書いてもらって、野田さんに「人間にサインするのは初めてだなぁ」と笑われ、僕は野田さんに、野田さんが東大出て劇団つくって偉くなったのなら、僕は西の京大出て劇団を作って偉くなるというようなわけわからないことをいい、たしかに大学は京大に行ったものの、なんか紆余曲折あり、演劇や映画からは程遠いところで、日本銀行なんてところに就職し、そのときの就職担当の人事課長が高橋さんという野田さんと同期で、東大で夢の遊眠社を野田さんと作った仲間なんだけども、そのひとに採用してもらい、しかし、働いて5年で日銀をやめ、劇団を作って那須さんに出会い、そして金子監督に出会うと言う流れで、つまり僕も野田さんと金子さんの間にいて、藤原君もそうだけど、偉大な演出家の下で映画や演劇と言う楽しげな仕事が出来るのはほんとうに幸せだなあと思う。

で、次の公演12月「偽伝、樋口一葉」では、その金子修介監督を監修に迎える。

監修とは何か。

固定の定義は無いように思うが
演出や制作なんかの頭上1000m、
超越的な位置にいて、作品全体の方向性などを
直感的にチェックし、承認する。
いわば天皇的な立ち位置が監修の立ち位置。
というように僕は理解している。

こんな脚本じゃ名前を貸せない
こんな演出じゃ名前を貸せない
こんな宣伝の仕方じゃ名前を貸せない
そう言っていい立場にあるのが監修だ。
芝居全般にわたり、検閲し、修正を命ずることが出来る。

現に、タイトルの決定や、ストーリーの外郭などについて
金子監督からはするどい指摘、アドバイスをいただいている。

とは言うものの、僕は僕である。
監督補や脚本協力というような立場ではない。
自分の表現したいものの方向性
これが金子さんのイメージと違っていれば
対等に議論をするし、理解してもらうように説明する。
ふだんの芝居作成ではない、この過程が
作品作りに良いように効いてくるだろう、そう思っている。

さらには、出演してもらうのは満島ひかりちゃん。
デスノート、深夜連ドラ、そして昼の連ドラと乗りにのっている二十歳である。
彼女は連ドラ「紅の紋章」の撮影とデスノート後編のキャンペーンで、いまんところ稽古には参加できていない。次の稽古には来るそうだ。これはもう激しく楽しみ。

そうそう昨日はついに第二回目の稽古だった。
一回目は顔合わせ的な読み合わせ的なあれだったので
今回は台本を手にして立ち稽古をいきなりやってみた。
その様子は、アロッタのマスコット安川祐香が管理する
「偽伝、一葉」blog
のほうで報告があると思うが、なかなか楽しかった。

従来から一緒にやっている気心知れた仲間の演技はもちろんのこと
新しく参加した人たちの演技に非常に知的な刺激をうけた。
まだ緊張があるのか演技がお行儀がいいので、そこをぶちやぶって、更に面白く含蓄の深い演技を作り上げていってほしいと思っている。
ちなみに僕らの劇団でやった8月のワークショップ、そのときに得たものが、今回の公演に確実に反映されている。
これから1ヶ月半の芝居生活が非常に楽しみである。

|

« 長塚圭史「アジアの女」 | トップページ | ついについにデスノート!!!! »

コメント

松枝さま、いつも楽しく拝見いたしております。
東京国際フォーラムでの試写会の昨日藤原竜也くんは、名古屋にて蜷川さん演出のオレステスの千秋楽でした、藤原竜也くんの演技は気合の入った本当にすばらしいものでした。息を呑むというか鳥肌がたちました、演技というより確かにそこにギリシャの悲劇の王子オレステスがいたからです。少々脱力したしまいましたが、これでファンは落ち着いてデスノートモードに突入できます(笑)前編は本当によくできた面白い作品でした
後編は予告を見るだけで胸が締め付けられるような感じですよね、あ~楽しみです。ちなみに初日は仕事の休みもとって気合十分で挑みます!

投稿: ゆかり | 2006/10/25 13:08

ゆかりさま、はじめまして。
コメントありがとうございます。

そうか。
オレステスの楽日だったんですね。
てかオレステス、結構長く上演してたんですねえ。
あんなすごい演技1ヶ月以上毎日やってたら、普通の人間だったら気が狂ってますよね。
すごいなあ。
やっぱ藤原君はすごいなあ。

デスノート後編はそのすごい藤原君ならではのシーンがあります。他の人では出来ません。
楽しみにしていてくださいね!

投稿: まつがえ | 2006/10/25 13:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/12421052

この記事へのトラックバック一覧です: 完成披露試写の夜に:

» 芸能人だって人間なんだぞ!! [芸能人だって人間なんだぞ!!]
芸能人だって人間なんだぞ!!色々あって当たり前じゃん!!最新の芸能人事情をお伝えします。 [続きを読む]

受信: 2006/10/25 17:10

» 戸田恵梨香 [戸田恵梨香のこと]
皆さんは戸田恵梨香のことをどれくらい知っていますか?素敵な戸田恵梨香。今やドラマや雑誌の顔です。かわいさが光る戸田恵梨香ですからね〜。みなさん、戸田恵梨香のドラマは見ないといけませんよ〜。美しさの虜になりますよね。本当に見ないと損ですよ。それがそう、戸田恵梨香っす。雑誌で戸田恵梨香の写真を発見しました。豊富にあるので嬉しいですね。戸田恵梨香の実物がみたいんですけどね。今日も読んでくれてありがとうございます。... [続きを読む]

受信: 2006/10/25 19:38

» 片瀬那奈 CM [片瀬那奈の魅力]
かっこいい?片瀬那奈のよさはそれだけじゃないよ〜。歌が上手なところ、そしてスタイリッシュなところ。雑誌で片瀬那奈を見つけると、思わず見入ってしまいますね。片瀬那奈抜きに今の芸能界は語れません。片瀬那奈をCMで見ると、思わず見とれてしまいますね。片瀬那奈の美しさにノックアウトです。見たことがない人は、見ないと損ですよ。もっと片瀬那奈を見てみたいです。雑誌で片瀬那奈の写真をみつけました。�... [続きを読む]

受信: 2006/10/29 15:05

» 【松山ケンイチ】人気は“ワールド級” [多部未華子【多部未華子画像・動画・映画・西遊記】]
「デスノート the Last name」→ [続きを読む]

受信: 2006/10/31 00:34

» 芸能界情報 趣味若者 [芸能界情報 趣味若者]
巨乳がウリの芸能人達情報!! [続きを読む]

受信: 2006/11/07 10:44

» 片瀬那奈 [きーわーど・えくすぷれす]
片瀬那奈について片瀬那奈 画像 [続きを読む]

受信: 2006/11/22 16:31

« 長塚圭史「アジアの女」 | トップページ | ついについにデスノート!!!! »