« 三島由紀夫「憂國」 | トップページ | 高瀬比呂志さんの死 »

2006/09/06

山口晃二監督「ベルナのしっぽ」

昨日、新橋ヤクルトホールであった
山口晃二監督「ベルナのしっぽ」の試写会に行ってきた。

山口監督といえば、デスノートのチーフ助監督、
僕にとっては金子組の兄貴分である。

その山口さんの長編映画監督第一作目がこの
ベルナのしっぽ
である。

山口監督の関係者として招待していただいたのだが
関係者席、僕の横には金子監督ご一家の姿があった。

映画上映の前には舞台挨拶があり
山口監督、主演の白石美帆さん、
盲導犬ベルナを演じたポーシャってわんこと
原作者の郡司ななえさん、
郡司さんのマジ盲導犬、ぺリラってわんこが舞台に上がった。

いやハラハラしましたよ。
映画じゃなくて、山口監督にwww
やっぱ僕らスタッフはしゃべりなれてないからね
あんないっぱいの人が居ると。

それに比して、白石さんの美しいこと。
しゃべりもたたずまいもなんだかすべて美しい。
てか、ぼくすげーファンだから、山口さんに爆裂嫉妬ですよ。

映画は、じつにまっとうな映画で
心打たれるシーンの詰まったいい映画でした。
見るべきところはいくつかあるけれども
中でも特筆すべきなのは
主人公のキャラクターとそれを演じる白石美帆の演技。

妥協しないんですよ。主人公が。
きっついと言ってもいいかもしれないけど
白石美帆さんのイメージとは逆というか
白石さん本来のやわらかいイメージというよりも
主人公はまぎゃくで衝突も厭わずに自己を通していく。

おそらく演じる役者が白石美帆さんだから
愛すべき部分も残しつつ
激しい女でもあるという絶妙な表現になったのだと思う。
彼女が演じるから、
「リアリティ」(=きっつい部分)もあるし
「共感性」(=愛される部分)もあるという映画になることが出来たんじゃないかな。

ぶっちゃけ舞台挨拶の美しい白石美帆だったらリアリティないじゃん。
でもそこは初主演なんだけど女優なんだなあ。
美しいのは美しいのだけど、それよりも女として、人間として
映画の中ではとってもリアリティのある存在だった。

そして、もうひとつすごいなっていうのが、わんこの演技。
いちいち言ってたらきりがないけど演技してるんだよね。
怪我した演技、困った演技、すねた演技、気を使ってる演技。。。
良く演出したなあと思う。
ていうか犬がすごいのか監督がすごいのか。
たぶん両方なんだろうと思う。しゃくだけどw

白石さんとわんこの演技以外にも
田辺誠一さんの演じる夫の包み込むような優しさとか
憎めないご近所さん根岸季衣さんとか。

いろんなことがリアリティをもって描かれていたので
いい話なんだけど、あまったるい話にはなっていない。
シビアな部分とか
きっちりたんたんと描いていて、みるべき映画になっていた。

渋谷シネ・アミューズほかで9月30日から全国公開です。
ぜひ見に行ってみてください。

|

« 三島由紀夫「憂國」 | トップページ | 高瀬比呂志さんの死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/11780529

この記事へのトラックバック一覧です: 山口晃二監督「ベルナのしっぽ」:

» 無事終了。 [ベテラン助監督の新人監督日記]
昨日9月5日、監督作「ベルナのしっぽ」の一般試写会が無事終了致しました。 会場の1時間も前から行列が出来始め、マスコミ関係も予想以上に集まって頂き、 お陰さまでほぼ満席状態、大盛況でした。皆様本当に有難うございました。 金子監督御一家、シナリオライターの....... [続きを読む]

受信: 2006/09/06 07:01

» ベルナのしっぽ [The Essential Collection ]
30日の公開初日に観ました。 去年の東京国際映画際にも出品されていた作品ですね。 その時、時間の都合上観ることができなかった為、 残念な思いがありましたが、長いインターバル を経て今日公開となりました。(正直公開される最近まで忘れてましたが・・(笑)) この映画は目が見えないハンディキャップを負った女性と それを支える盲導犬・家族との物語です。 原作は郡司ななえさん「ベルナのしっぽ」です。 この方も目が不自由な為、盲導犬と共に日々を暮らしており、 そこでの実体験を元に原作は書か... [続きを読む]

受信: 2006/10/02 07:35

« 三島由紀夫「憂國」 | トップページ | 高瀬比呂志さんの死 »