« デスノート後編ラッシュとか昨日は沢山あった。 | トップページ | 夏のエチュード »

2006/08/06

ぶっちゃけトークイベント

昨日はアミューズCQN「神の左手悪魔の右手」トークイベントにご来場いただきありがとうございました。

金子修介監督と渋谷飛鳥ちゃんと三人で、普通はしゃべらないようなぶっちゃけトークも多少出来たような気がします。

いつもなんだろ、各方面に気を使って(使いきれてないけど)しゃべってるけど、昨日はトークイベント前に金子さんとビールを飲んじゃってたこともあって、結構、制作上のすったもんだについてとか、あの黒い絵本はデスノートの小道具として使われてるんじゃないかとか、まぁ冗談も含め、普通話さないことも話せた。

で、トークイベントの舞台上から客席を見ていて、後ろの席にあやしい帽子をかぶった女の子がいて気になっていたんだけど・・・粧裕でしたw

大人になるって言うのは、各方面に遠慮し気を使ってあれするってことだろうと思うけど、それがときどき窮屈に思えることもある(サリューさん昨日のことじゃないですよ!)わけで、でも結構、粧裕は本音トークをするので好きだなあ。

で、僕も本音トークをこんなとこでする必要はないけどするとすると、ゲド戦記、あれだめなんじゃないの?なんつって。いや、まじで。つうか日テレだし奥田さんとかデスノートと同じ人が製作していてそんなぶっちゃけトークすんなって話だけど、ゲド戦記、ぼくはジブリ好きだから期待していたけど、あれはないんじゃないかと思ったよ。

ただ非常に考えさせられる内容ではあって、そういう意味で見たほうが良い作品かもしれない。
考えさせられると言うのはいくつかあって、
まず、物語が破綻と言うか、シナリオを書くにあたっての近代的な理屈と言うか、たとえば登場人物の心理が変化するにはなにか具体的でそれなりに重要な事件が必要だと言うようなこと、これは自明のようで実は自明ではない。人間、気分で変わるときもあるし、いちいち理屈が付くほうがうそ臭いと言うこともある。しかし、万人が納得するような変化の理由があるべきというのが近代的な理屈で、しかしコダイの神話とかはそのあたり無視で、いきなり変化したりなんかするわけで、そういう意味で言うと映画「ゲド戦記」は古代神話を読んでいるような感覚にさせられる近代的なストーリーライン無視のところがある。

これを意図的にやっているのだとすればかなり挑戦的なことだと思う。無意識に、つまり本当はハリウッドテイストなそういう感動ものをやろうとしていて外しちゃったというのであれば、ありえない失敗であると思うけど。どうなんだろうと考えさせられた。

日本の「能」とかも、近代的な物語から言うと、なんじゃそりゃっていう、こう盛り上がりを作るのに失敗したような感じで終わっていたりするのだけど、同じような感覚をこの映画「ゲド戦記」から得た。だから、駄目な作品だとは思う反面、これを駄目だと認定するその思考の枠組みがなにやら近代的な物語志向的な枠を前提にしているのかもと言うような、いやいやそう思うのは深読みしすぎ、やっぱり単なる駄作、というような、いや本当はどうなんだろう、というような気にさせられる。

そしてもうひとつ、興味深いことは、「本当の名前」ということについてである。

「ゲド戦記」の世界観は、魔法使いとか竜がいるいわゆる西洋のあれ的あれなんだけども、重要なのは皆が偽名で暮らしていると言うことだ。なぜかと言うと、本当の名前をしられたら、魔法使いに運命を操られてしまうからである。

むむ、デスノートじゃん。

思ったよ。日テレだからっつうことでもないだろうけど。
真の名前を知られるとまずいって言うのは、図らずもデスノート、ゲド戦記の大きな共通点で、そこはなんだか興味深い。真の名前にまつわる神話的な理屈、これについてなんかまとめている人とかいないんだろうか。真名(マナ)ってなんか霊力的ななにかじゃなかったっけ日本でも。

|

« デスノート後編ラッシュとか昨日は沢山あった。 | トップページ | 夏のエチュード »

コメント

日本には元々言葉による「呪(しゅ)」って考え方がありますから(そういえばジブリの前々作品、「千と千尋の神隠し」でも、「名前」のよる呪が描かれてたような..。)、デスノートの考え方?はものすごい日本的だなとおもってたんですが..。
(「名前」は最後に生身との一対一対応を成立させる為のカギですからね。)


「ゲド戦記」こわいもの見たさで映画も見てみようかなぁ...原作にするか?!...。

投稿: 猫ぴ@もか組 | 2006/08/06 19:21

私、結構松枝さんの近くにいたんですよw
前から3列目で、前は空席だったので
綺麗な飛鳥ちゃんをガン見してました(笑)

TVで短いドラマを見たり、お芝居をみたり
松枝さんの脚本作品を見る機会が続きましたが、
見た後に観客自身で考えさせる部分をちゃんといつも残してあるので、刹那的な感動に留まらないところが松枝さんの作品の魅力なのかなと思いました。
「錆びた少女」の美術のせいもあるかもしれないですが、観たあとの印象自体が彫刻のような芸術性を帯びているような気がします。

「ラブレター」も期待してますね。
佑磨くんだしっ(笑)

投稿: れい | 2006/08/06 22:36

>猫ぴさん

 見に行くべきですよ。
 ゲド戦記。
 パパ宮崎もある意味、かなり反西洋だったけど
 ジュニアもかなり反西洋だと思うな。
 でも食いやすさではパパのほうが戦略的。

>れいさん

 ええっ、近くにいたんですね。
 ていうか飛鳥ちゃん綺麗すぎるよね♪
 だんだん綺麗になって人間を超越し始めている。
 ラブレター期待していてください。
 あ、なんかタイトル変わるみたいですよ。
 「蒼恋歌~ほかの誰にも言えない本当のこと~」
 だったかな?そんな感じになるようです。

投稿: まつがえ | 2006/08/07 07:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/11303552

この記事へのトラックバック一覧です: ぶっちゃけトークイベント:

» 『ゲド戦記』 (宮崎吾郎監督)見てきました。。だけど。。 [ばくさんのかばんと旅ノート。]
スタジオ・ジブリの最新作 『ゲド戦記』、鑑賞してきました!   寺嶋民哉, カルロス・ヌニェス ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック ?      ※以下ネタバレ含みますので、見に行く予定のある方はご注意を!     ひと言で言うと、  ... [続きを読む]

受信: 2006/08/06 19:45

» ホラー映画『神の左手悪魔の右手』 [SOPHIST1CATED BOOM BOOM]
観て来ました。多分感想が長くなると思うので、最初に手っ取り早くまとめて置きます。 ホラー映画が苦手なのに見てしまったわけですが、もう最初の方から怖くて勘弁してください状態。捨てられた人形とか、少女ばかりを狙... [続きを読む]

受信: 2006/08/06 22:17

» 打ち上げ。 [ベテラン助監督の新人監督日記]
ども。そんな訳で今巷で話題の「世田谷一家殺人事件 侵入者たちの告白」を読み終えて 日本の安全神話も崩壊し、犯罪に於いてもボーダーレスの時代に突入してしまったんだなぁと 驚愕している私が山口です。あー、こわ。 前回お伝えしたように「DEATH NOTE the Last name...... [続きを読む]

受信: 2006/08/07 00:30

« デスノート後編ラッシュとか昨日は沢山あった。 | トップページ | 夏のエチュード »