« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/19

三島由紀夫「憂國」

最近
めっちゃ朝早くにビデオとかDVD見るのが自分の中で流行ってる。
昨日はソダーバーグ「セックスと嘘とビデオテープ」
その前はコーエン兄弟「ミラーズクロッシング」
で今日は三島由紀夫「憂國」をついにみた。

・・・・・・・・・・!!!!!!!!

すばらしい。

三島自身の原作小説「憂國」とは違うけど
この素晴らしさには震えがくる。
28分の短編無声白黒映画。

何が違うかと言うと
リアリティだろうか。
徹底的に醜くリアルに描いた向こうに見える聖性。

すぐさま
別のビデオテープを取り出す。
五社英雄「人斬り」

これは三島の死の前年に公開になっている。
三島が薩摩の人斬り田中新兵衛役で出演している。
実在の田中新兵衛の最後の壮絶さは伝説であるが
このシーンの三島の演技は一年後の実際の切腹を
想像しうるようなリアリティをもって見るものに迫る。
他のシーンの三島演技の凡庸さに比して
この腹切演技の非凡なるリアリティには驚かされる。

つまりこういうことだ。

考え抜いた思考は画に非凡なるリアリティとして現れる。
結局演技とはそういうことだろうし
創作(偽物作り)とはそういうことなんだろうと思う。

市谷駐屯地の割腹こそは、
演技(創作物)が現実(実物)を超克しうることを証す
力強い予言なのだと思う。
僕ら作家はこの予言に鼓舞され
ドンキホーテのように現実に立ち向かうべきだということだ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006/08/18

夜神母ひとり芝居

映画デスノートに夜神月の母親役で出演の五大路子さん。
横浜の赤レンガ倉庫1号館でひとり芝居をやる。

寸前まで行けるかどうかわからなかったが
ある出来事のせいで、
急に時間があいてしまったこともあって行くことにした。

安川祐香が一人芝居を打ちたいといっていたので
勉強のためと連れて行く。
現場ではちょうど同じ日に観劇しに来ていた
デスノートのスクリプター、奥平治美さんとばったり出会う。

ひとり芝居。
畳み掛ける横浜ローザの人生。
五大路子さんの迫真の演技と
そして何よりも五大路子さんの人柄が出ていて
舞台上の女の人生に心打たれた。
ぶっちゃけ何度も泣けた。

一人芝居と言うと
共演がいないところを
説明台詞なんかで補ったりするものだが
大事な変化を説明などせずに
ぽん
と投げ出すところは映像的。
あのジャンプを説得力を持たせて見せるのは
五大路子さんがあの場に
「横浜ローザ」
として存在したからだと思う。

思うに
人間は事実の生成理由に感動するのではない
事実が事実としてそこにあることに胸打たれるのである。
なんて思った。

芝居後は奥平治美さん、安川祐香と食事。
途中、野木太郎が参戦。
おもわず盛り上がり、終電をなくした祐香を太郎が車で送っていく。
僕と治美さんは東横線で渋谷に。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/10

夏のエチュード

あさましくない稽古をやっている。

ちなみに
「あさましくない」稽古とは
あたりまえだけど
「あさましい」稽古の反対。

「あさましい」稽古とは
本番直前の余裕の無い稽古のこと。
とりあえず、できものを舞台上にあげなきゃいけないから
役者の欠点もとりあえず直している場合じゃないし
皆から豊富なアイディアを出してもらってる場合じゃないし
窮屈な稽古になる。
まあ効率的ではあるんだけど。

今回
12月公演まで時間があると言うことで
かなり試行錯誤的な基礎的な
演技が本当に生まれてくる瞬間を見定めるような
そういうワークショップをやっている。

初回。
僕はかなり楽しかった。
過去2回の
4人の現役映画監督によるワークショップ
などを見ていて気付くことがたくさんあり
そのうちの一つを実験してみたのだ。

とくに熊切和嘉監督、山下敦弘監督、
この大阪芸大出身の二人の監督の方法は
非常に画面上にリアルを作り出すため
エチュード方法を工夫している。
そのエチュードの方法
そこからたくさんのヒントを得た。

いわく
「情報の質と量の差がリアルを産む」
つうことです。

そこは分かった。
そういうワークショップ初日であった。
しかし、問題は次である。

それをどうやって台本というか舞台上に持っていくか?
台本という形態を放棄する方向に行くのか?
いや、たぶんちがう。
揮発性の女」には台本がある。
熊切監督は、その「情報の差」が生むはずのリアルを台本上に落とす、あるいはフィルムに写し取る方法を持っている。
てことは「情報の差」を台本に落とす方法があるはずなのだ。

そしてさらに難しいのは
映画と違って舞台は毎回その
「情報の質と量の差」
を再生産しなければいけないと言うこと。

ちうか
「情報の質と量の差」
が生み出すリアルを
「情報の質と量の差」
が無い中で生み出す方法を見出さなければいけないと言うこと。

難しいが無理ではない。
藤原竜也くんはそれをやってるわけだし。

ここをあと六回のワークショップで考えて行こうと思う。
回数は足りないが、その分、緊迫して考えていきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/08/06

ぶっちゃけトークイベント

昨日はアミューズCQN「神の左手悪魔の右手」トークイベントにご来場いただきありがとうございました。

金子修介監督と渋谷飛鳥ちゃんと三人で、普通はしゃべらないようなぶっちゃけトークも多少出来たような気がします。

いつもなんだろ、各方面に気を使って(使いきれてないけど)しゃべってるけど、昨日はトークイベント前に金子さんとビールを飲んじゃってたこともあって、結構、制作上のすったもんだについてとか、あの黒い絵本はデスノートの小道具として使われてるんじゃないかとか、まぁ冗談も含め、普通話さないことも話せた。

で、トークイベントの舞台上から客席を見ていて、後ろの席にあやしい帽子をかぶった女の子がいて気になっていたんだけど・・・粧裕でしたw

大人になるって言うのは、各方面に遠慮し気を使ってあれするってことだろうと思うけど、それがときどき窮屈に思えることもある(サリューさん昨日のことじゃないですよ!)わけで、でも結構、粧裕は本音トークをするので好きだなあ。

で、僕も本音トークをこんなとこでする必要はないけどするとすると、ゲド戦記、あれだめなんじゃないの?なんつって。いや、まじで。つうか日テレだし奥田さんとかデスノートと同じ人が製作していてそんなぶっちゃけトークすんなって話だけど、ゲド戦記、ぼくはジブリ好きだから期待していたけど、あれはないんじゃないかと思ったよ。

ただ非常に考えさせられる内容ではあって、そういう意味で見たほうが良い作品かもしれない。
考えさせられると言うのはいくつかあって、
まず、物語が破綻と言うか、シナリオを書くにあたっての近代的な理屈と言うか、たとえば登場人物の心理が変化するにはなにか具体的でそれなりに重要な事件が必要だと言うようなこと、これは自明のようで実は自明ではない。人間、気分で変わるときもあるし、いちいち理屈が付くほうがうそ臭いと言うこともある。しかし、万人が納得するような変化の理由があるべきというのが近代的な理屈で、しかしコダイの神話とかはそのあたり無視で、いきなり変化したりなんかするわけで、そういう意味で言うと映画「ゲド戦記」は古代神話を読んでいるような感覚にさせられる近代的なストーリーライン無視のところがある。

これを意図的にやっているのだとすればかなり挑戦的なことだと思う。無意識に、つまり本当はハリウッドテイストなそういう感動ものをやろうとしていて外しちゃったというのであれば、ありえない失敗であると思うけど。どうなんだろうと考えさせられた。

日本の「能」とかも、近代的な物語から言うと、なんじゃそりゃっていう、こう盛り上がりを作るのに失敗したような感じで終わっていたりするのだけど、同じような感覚をこの映画「ゲド戦記」から得た。だから、駄目な作品だとは思う反面、これを駄目だと認定するその思考の枠組みがなにやら近代的な物語志向的な枠を前提にしているのかもと言うような、いやいやそう思うのは深読みしすぎ、やっぱり単なる駄作、というような、いや本当はどうなんだろう、というような気にさせられる。

そしてもうひとつ、興味深いことは、「本当の名前」ということについてである。

「ゲド戦記」の世界観は、魔法使いとか竜がいるいわゆる西洋のあれ的あれなんだけども、重要なのは皆が偽名で暮らしていると言うことだ。なぜかと言うと、本当の名前をしられたら、魔法使いに運命を操られてしまうからである。

むむ、デスノートじゃん。

思ったよ。日テレだからっつうことでもないだろうけど。
真の名前を知られるとまずいって言うのは、図らずもデスノート、ゲド戦記の大きな共通点で、そこはなんだか興味深い。真の名前にまつわる神話的な理屈、これについてなんかまとめている人とかいないんだろうか。真名(マナ)ってなんか霊力的ななにかじゃなかったっけ日本でも。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2006/08/05

デスノート後編ラッシュとか昨日は沢山あった。

朝、10時から日活撮影所の試写室にて
「デスノート後編」の第1回目ラッシュがあった。

CGも音楽も入ってない。
尺も2時間25分ぐらいあるやつ。
またしてもやられた。
普通に面白いよ、これ。
自分も作業に加わったんだけど
よく原作をこんだけの時間にまとめたなあと思う。

まず何よりも
戸田恵梨香ちゃんのミサミサが可愛すぎる。
前編はほんとうにちょっとしか出てないけど
後編はその可愛らしさと演技の深さできっと
多くの観客を魅了するだろう。これ確信。

そしてL。
後編ではしょっぱなから夜神月とのバトルが繰り広げられる。
推理力によるバトル。心理戦。
しかも、松山ケンイチくんのL、いや竜崎はなんか可愛い。
愛すべきキャラになってる。ちょっとLファン倍増じゃないの?
クールな藤原くん演じる夜神月と対照的で
ラストの対決に向けて、これはもう、俺はどっちの味方じゃ
って感じでちょーワクワクハラハラするわけですよ。

高田清美。
片瀬那奈さん。
・・・エロい。清楚なエロさ。
やっぱり金子さんマジックで清楚エロ爆発でした。
しかも女の嫌な部分もきちんと演じていて
後編の物語を展開する重要な役をどうどうと演じきっている。

それからもちろん鹿賀さん、藤原くん。
言うまでも無くうまい。
この2人の演技でどれだけこの映画がグレードアップしているだろうか。
とくに原作ファンの人にとって
後編、あれがあるのかないのか、
はたまたオリジナルなあれなのか
とても気になるところだろうけれども
いや、すごい。すごいと言わざるを得ない。
どうなるかは言えないけど
いやすごいよ。
そしてそれは藤原くん無しでは成立しない。
ほんとうにこれ以上ないって言うキャスティングだと思う。

そのほか、上原さくらさんも美しいし、マギーさんの出目川も原作と見かけ違うけど思いっきり出目川だったし、おひょいさんはおひょいさんだし、なんとも前編に比して全キャラが立ちまくっているのがおもしろい。

特筆すべきなのはマックス軍団。
松田演じる青山草太くん。
やばい松田こんなに笑えていいのかってぐらい面白い。
天然な感じが笑いを誘う。
緊張感ある怒涛の展開の中でなんというか一服の清涼剤。
そして、満島ひかりちゃん演じる粧裕・・夜神月の妹。
前編でもそのナチュラルな演技に定評があったけど
後編でもそれは健在です。
彼女が普通であればあるほど
他で起きている異常さ・・・ノートに人の名前を書けば人が死ぬとか
その対比が、この話をほんとうに輪郭のはっきりしたものにしています。
重要人物です。

リュークやレム、
これについてはまだCGができていないので
なんともまだわからないけど楽しみだな。

ラッシュを見たあとは
日活撮影所の食堂で昼飯。
ぼくはいっつも茄子とひき肉のカレー。
これね、めっちゃうまいんですよ。
那須さんと金子さんが出会ったころと変わらぬ
日活の食堂で茄子カレーがお気に入り。

そのまま食事の席で
打ち合わせがはじまる。
台本の頭から今見たラッシュについての
意見感想、どう手を入れるか意見出し。
全体として面白かったとは言え
直してほしいところも幾つかある。
意見が通るかどうかはわからないけど
幾つか進言。
プロデューサ陣、撮影の高間さん、スクリプターの治美さん。
かなりの時間を熱く議論。

その意見を持って、さっそく金子さんは編集に向かう。

僕はそのまま熊切監督の家に。
9月にインする予定の映画の台本の直し進行状況を確認しに。

熊切さんの家には始めていくが
なかなかすてきな家だった。
ああいう家はふるいけど住みたくなる。
安心するなんかがあるね。

その映画の脚本は熊切さんと宇治田さんが書いているんだけど
僕が編集者のようにそこにいると逆に作業が中断してしまうし
なんか『邪魔』って雰囲気ばりばりあるので
食べたいアイスも食べずに早々に退散。

この熊切さんの次回作の原作は僕が大好きで
それで映画化しようと動いていた話だから
熊切さんたちにもその面白さを共有してもらいたい。
でも、いろいろ話したし、それは伝わっている(ように思う)。
もうあとはある程度信頼してできあがりを待つしかなさそうだ。

そのままいったん家に帰ってシャワーを浴び
再び外出。

デスノート後編の打ち上げである。
前編以上に盛り上がった。
藤原くんと松山くんの掛け合いは本当に面白い。
上原さくらさんはお姫様のような格好で美しすぎ。
戸田恵梨香ちゃんは、景品があたって喜んでいた。
打ち上げとかで景品があたるのはじめてなんですよ~~と。
2次会では藤原君と短い間だけど、本音トークをする機会を得た。
現在蜷川さんの舞台でしごかれているようだ。
身体に沢山の傷があった。
しかし演技や作品に向かう彼の真剣さは本当に心打たれる。
本音トークの内容については絶対誰にも言わないが
そのことについてはこれから真剣に考えてゆかねばならないだろう。
でなければ藤原くんのスピードに追いつくことはできない。

今日は夜
渋谷アミューズCQNで
神の左手悪魔の右手」上映後に
金子監督、渋谷飛鳥ちゃんとともにトークイベントなるものがある。
本音トーク炸裂!?するかもです。
良かったら遊びに来てください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/01

デスノート後編撮影無事終了

デスノート後編撮影無事終了らしいです。

7月30日25時34分

金子監督からメール。
「たった今、クランクアップ」

ほんとうにお疲れ様でした。

でも今後がさらに大変ですねえ、監督は。
今日も編集、明日も編集。

そして早速週末には全編つないだ奴を見ることが出来る。
音楽もCGもないけど、
前編はラッシュを見てこんなに面白いのかと興奮したから後編は更に楽しみ。
月とLの対決はどうなるのか。

むちゃくちゃ楽しみ!!!

僕自身は原作後半のうりうりは良く分からないんだが
最後の最後のラストとても好きなんだけど
その原作の崇高なある種宗教的で荘厳なラストに
負けないくらいのラストになっているといいな。と思う。

何はともあれ楽しみ楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »