« デスノート阿佐ヶ谷 | トップページ | デスノート後編撮影無事終了 »

2006/07/23

ついに初日『神の左手悪魔の右手』

ついに昨日、公開と相成りました。
楳図かずお原作金子修介監督ぼく脚本

映画『神の左手悪魔の右手

もとはと言えば、わが師、那須博之と2人して企画した映画です。
那須監督は亡くなられてしまいましたが
那須さんと立ち上げたこの企画をきちんと実現すること
これを那須さんが亡くなったあと何よりの目標としてきましたので
こうして劇場公開の日を迎えられたこと
観に来てくれた皆さん、
楳図ファンの皆さん、
関係者スタッフ出演者のみなさん、
僕を支えてくれた劇団アロッタファジャイナのみんな、
本当に感謝します。皆みんなに感謝します。
ありがとうございました。

少ない予算ながら皆ががんばったこの作品。
見所が沢山あります。
単純なホラーじゃない。
主演の渋谷飛鳥ちゃんが言ってましたが
この映画は
「愛の物語」
本当に、そういうことなんです。
ぜひ見てください。

これから順次、札幌、福岡、京都、青森でも公開になります。
近隣の方々、ぜひ足をお運び劇場でご覧になってください。
僕も何度も見に行こうと思います。
皆さんのご感想ご意見など色々聞かせてもらえたらうれしいです。
コメントかトラックバックいただけるとうれしいです。

ちなみに僕はラストシーンが好きです。
海辺の。
あれは病床の那須さんが考えたシーンなんですよね。
撮影のときは台風が来て、
あのシーンが撮れるとどうか微妙だったのですが
逆に台風のおかげで、
本当にすばらしいシーンになってたと思うんですがどうでしょうか?

|

« デスノート阿佐ヶ谷 | トップページ | デスノート後編撮影無事終了 »

コメント

両親が去った後、病室でソウとイズミが口にする言葉が印象にのこりました。
「愛の物語」というより、僕にとっては時空をとべたり、両手に神や悪魔の力を宿していた時代(?)を懐かしむ気持ちにさせてくれる作品でした。


# ナース葵(笑)もよかったですな…骨折してたんですよね、撮影のとき。がんばったなぁ…

投稿: 猫ぴ@もか組 | 2006/07/23 03:21

> 両親が去った後、病室でソウとイズミが
> 口にする言葉が印象にのこりました。

おお。
わかりましたか。
あそこはね、けっこう監督とも議論したんですよ。
楳図作品の核心に触れちゃうところですからね。
ソウくんがお姉ちゃんのイズミに「ぼくたちもいつか大人になっちゃうの?」って聞くところですね。お姉ちゃんがベストな返事を返してくれています。アレ以外は考えられないっていうね。

投稿: まつがえ | 2006/07/24 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/11064558

この記事へのトラックバック一覧です: ついに初日『神の左手悪魔の右手』 :

« デスノート阿佐ヶ谷 | トップページ | デスノート後編撮影無事終了 »