« 夜神月誕生! | トップページ | 快進撃デスノート »

2006/06/23

藤原竜也の眼

デスノート前編から後編へ。
ほぼ同じスタッフが前後編を担当する。

しかし、撮影(と照明)については大きな変更があった。

高瀬比呂史さんから高間賢治さんへ。

変更については、
なにかトラブルがあったわけじゃなく
最初から高瀬さんはスケジュール上、
もともと後編は無理だったが
是非にという話で前編の仕事のみを受けたらしい。

高瀬さんはなんと我が師、那須博之と日活入所同期。
苦楽をともにした仲間である。
面白いエピソードなども聞かせていただいた。
また、「絵」についても大作にふさわしい奥行きと深みのある絵を撮る方で前編ラッシュを見たときに、おおおおおお!と思ったものである。

そして、高間さん
間もなく公開になる脚本の「神の左手悪魔の右手」でも金子さんと組んでいる。
というか、高間さん金子さんの関係は長い。

「ラスト・キャバレー」
「山田村ワルツ」
「1999年の夏休み」
「どっちにするの」
「香港パラダイス」
「就職戦線異状なし」
「クロスファイア」
「神の左手悪魔の右手」
そして
「デスノート後編」

とくに高間さんは、日本ではめづらしいハリウッドじこみの撮影監督システムで撮影をされる。
日本的な方法にこだわる人たちからは、面倒くさがられるタイプのカメラマンである(たぶん(笑))。

ちなみに、金子さんも普通の監督と違い、体育会系的なやり方とかが嫌いで、おそらく監督としては変り種と思う。ちなみにも日本銀行員のときは相当変わり者だった。だから、金子監督高間さんは、日本的なやり方から大きくずれているという意味でなんとなく似ているような気がしている。

その従来的なシステムからずれているということで反発を抱かれたりするものである。高間さんに対する反発も多いのだろうと思う。

しかし、その高間さん金子監督はものすごく評価している。
そして実際、高間さんの構図と明かりは天才的なのである。
かつ長い関係から高間さん金子さんがどう撮りたいかをぱぱっと理解する。
だから真の金子ムービーに高間さんは不可欠な人と言っていいのかもしれない。

とは言うものの、なかなか現場レベルの、つまりモニターレベルじゃ、ほんとうに高間さんの絵がすごいのかどうか理解するのはなかなか至難の業なのだと思う。

そんななか、モニターをじっと見ていた藤原くんがポツリともらしたらしい(金子監督談)

高間さんの絵はすばらしいですね」

やはり、この子、藤原竜也くん。
只者ではない。
金子監督は思ったらしい。
そして、その発言、眼光鋭い藤原君に、夜神月を見たらしい。

すなわち今日の格言

「 英雄は英雄を知る 」

|

« 夜神月誕生! | トップページ | 快進撃デスノート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56674/10641621

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原竜也の眼:

» デスノートの映画の藤原竜也くん [デスノート(DEATH NOTE)大好き!映画 ネタバレ最終回ブログ]
デスノートの映画ですが、あとは個人的には藤原竜也くんかなぁ。 [続きを読む]

受信: 2006/06/23 18:01

« 夜神月誕生! | トップページ | 快進撃デスノート »